唐松岳 dルンゼ滑走

2017年4月16日(日)

白馬の天気予報を見ていると、そろそろdルンゼが(私にとっての)滑り頃と判断し出かけてみた。

16日日曜朝は少し雲が残っていたが、予報通りみるみる雲が消えていく。これは行くしかないと判断し、そそくさと準備して八方ゴンドラ駅に向かう。7時20分もうすでに場所取りとチケット買いの列ができているが、幸い先頭に近いところでチケットを購入した。先日は強風で、今日も風が強いらしく、通し券の販売は無し。その都度リフトの乗り場で買えとのこと。

8:50 八方池山荘を出発。日曜なのでかなり登山者が多い。BCスキーヤーもそれなりにいる。唐松岳頂上山荘のあるピークまでスキーで登り上げ、ここから靴アイゼンに履き替えた。風が強い。天気も下り坂の兆候が顕著。急がなければ。

12:00 唐松岳(2,696m)到着。風が強くて大変だった。ドロップポイントには、外国人のボーダーのみ(この時点では)。

12:26 英国人の青年と一緒にドロップ。彼が先行し、私が追いかける。期待通り、新雪はなく、クラストもなし。やや粘り気のあるザラメ、といった感じで気持ちよくターンができる。もちろん、無名沢との合流地点が近づくにつれ、重い湿雪で足が疲労してくる。それでも彼を必死で追う。

長い長~い滑走だったが至福の時は、いつかは終わる。遂に無名沢との合流地点に到着。そのまま南滝に向かう。

12:45 南滝を通過。直後の沢はすごいデブリ。無名沢を降りてきたというボーダーを捉える。以後、三人旅。渡渉もしたので靴の中はビショビショだが苦にならない。二俣まで約半分はスキーでこなした。途中振り返ると、唐松岳はすでに雲の中。明日は悪天の予報。

14:44 二俣着。三人で一期一会に感謝し、別れの挨拶を交わす。英国人の青年は、徒歩で近くの自宅へ。我々残り二人はタクシーを呼んで駐車場へ向かった。

こうして、恥ずかしながら私の初めてのdルンゼは、ささやかな国際交流と共に終わった。とても愉しかったよ。

その他の写真、GPS軌跡、記録等は、こちらです。

↓今日の白馬三山
唐松岳1

↓右の方に唐松岳(矢印がドロップの辺り)
唐松岳2

↓一緒にドロップした英国人の青年
唐松岳3

谷川岳 芝倉沢 山スキー

2017.04.05(水) 芝倉沢

朝から晴天、これが結果的に1日中続いて最高の1日となった。4日も来たのだが、朝のうち雲が取れそうもなく(谷川岳だけ朝から厚い雲に覆われていた。)、その上3日にスキー場発表で40cmの降雪があったそうで間を1日置くことにした。

今日は定刻通り朝8時の営業開始。始発に乗る。例年になく雪が多い。先頭でしばらく引っ張る。スキーより登山の方が多い。周りのスキーの連中に聞くと全員万太郎山との答えでガッカリする。

10:30谷川岳トマの耳、同着の人に写真を撮ってもらう。ここからスキーを担ぎアイゼンに変える。オキの耳
からは当面一人旅。

11:30 一ノ倉岳と谷川岳の鞍部に到着。ここで一服し、登山の男性と先頭を変わる。
12:07 一ノ倉岳到着。登山の男性はここから引き返す。鞍部でスキーの準備をするが、登山の男性が一人来て引き返していったきり、スキーは誰も来そうにない。

芝倉沢の上部は湿雪の10から20センチ。スキーでカットしてみたが問題なそうだ。
12:37 様子を見ながら慎重にドロップ。
12:50 安全地帯の芝倉沢出合を抜ける。途中、デブリは何ヶ所かあるがスキーを遮るものはなく、概ね広くてスムースにクルージングできた。ただ、湿雪で足への負担は相当大きい。
芝倉沢出合から土合までこの時期にしては雪が多く、通常板を外して渡渉を余儀なくされるマチガ沢出合もスキーで渡れた。
今日までの降雪が全部溶けて凍り、そして溶ければ最高のザラメシーズンの到来となりそうで、まだまだ楽しめそうだ。
14:13 土合

詳しくは、こちらをご覧ください。

↓芝倉沢
芝倉沢

平標山 山スキー 途中まで

2017.04.04(火) 分け合って平標山へ転進。登山用駐車場には私も含めて2台だけ。淋しい。

平標山へ来るのは今シーズン3回目。頂上を踏んだのは最初の時だけ。今日も頂上へ行く気はない。

10時半頃駐車場を出発。今日は今シーズン初めてヤカイ沢へ入る。標高1,400mくらいから右側のいつもの尾根へ取りつく。

先行していた方が、ヤカイ沢正面を滑り降り来るのを横目に見送る。

稜線に上がったところ(約1,700m)で午後1時半を回った。まだ主稜線(小屋がある稜線)には届いていないが、今日はここまで。

登ってきた林間ルートをクルージングする。十分楽しいが、湿雪のため足が疲れる。

午後3時ごろ駐車場へ戻る。


↓今日の平標山。予報通り周りは晴れだが山の雲は中々取れない。午後13時を過ぎたあたりで、ようやくすっきり晴れてきた。


↓それにしてもこの時期にしては積雪が多い。雪解けが遅いと感じるのは私だけか。
tairappyouyama02.jpg

巻機山 山スキー

3月20日(月)春分の日

昨日の平標山に引き続きの足慣らし山スキー。天気予報は、午前中曇り、午後晴れ間も出そう。ニセ巻機山(9合目)までの予定。

3連休なので大勢の方が来られてました。 7合目からシール+クトーで9合目へ。時々ホワイトアウトする状況でGPSを頼りにルートを修正。幸い周りに10数人おられるので心強い。

↓今日の巻機山は、こんな状況。



↓井戸の壁は、過ぎました。6合目付近。
makihata02_201703210840209e3.jpg

朝7時に歩き始め、9合目(ニセ巻機山)に10:20頃到着。広島の方とお話をする。せっかく来たので登頂したそう。
もう少し天候の回復が早ければ、私も先に進むのだが・・・・。他の方々は行く気満々だ。

3連休で帰りの道路が混みそう。残念だが、予定通り下山することに。
出だし足元が全く見えず、船酔い状態に。自分に対して斜面が流れるような感覚に襲われ、『すわ、雪崩か?』かと一瞬焦る。
空を見ると、青空が出ているように青く見えたりもした。しばらく、感覚が正常になるまでその位置で停止する。

視界が改善されたので下降を再開。登ってくる方を数人やり過ごしてその後は順調に下降し、7合目を過ぎると視界は劇的によくなった。ここから、思う存分スキーを愉しむ。ただ、途中で引き返したグループに斜面はだいぶ荒らされておりました。

↓標高1,400辺り、この辺りのスキーは最高でした。
makihata03_201703210840218c0.jpg

今日も無事下山しました。

↓下山後の巻機山。周りはだいぶ晴上ってきましたが巻機山の山頂は未だ雲の中。
makihata04_201703210840236f0.jpg

↓国道沿いの駐車の列
makihata05_20170321084024a5e.jpg

↓帰路車を止めて巻機山方面を写してみました。雲がだいぶ薄くなっている。広島の方、登頂されたかな?
makihata06_20170321084035bd2.jpg

また、来るからね巻機山

平標山 山スキー

この前膝をひねってしまってしばらくスキーを控えていたが、どんな具合か実戦でチェックしてみることにした。
そこで天気予報は悪いが近場の平標山へGo!

3月19日(日)
火打峠の国道脇の退避スペースには、駐車規制のトラロープが張られていて、『ここは駐車場にあらず。それなりの対応をとる。』との看板。びっくりしたが、その代わり登山用の駐車場が除雪されていたのでそちらへ移動。

天気予報通り下の方は小雨、上の方は乾雪で風が強く、視界は乏しい。
今日も平元新道沿いの尾根を登る。標高1,740m辺りの稜線に出た。他の方々は当然頂上を目指しているが、私は計画通りここからスキーを愉しむ。本当は、山ノ家より南側にあるメローな尾根を滑りたかったのだがこの天気ではやむを得ない。
7:30 駐車場
10:30 稜線
11:10 駐車場帰着

肝心の足の具合だが、山スキーには全く支障がなかった。やれやれ安心した。


↓平元新道登山口の看板。積雪の記録にと撮影。

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター