乙妻山 2318m

素晴らしい斜面です。しかし行動10時間、稜線に達せず。リベンジを誓いましたが、1年くらいの冷却期間が必要のようです。
【山域】戸隠 乙妻山 2318m
【日時】2008年3月09日(日)
【コース】大橋5:40~7:50佐渡山コル~11:06北東斜面出合~12:40約1900m登高中止~15:00佐渡山コル~15:43大橋
【メンバー】新潟のHさん、Nさんと私の三人
【装備】私 K2 181cm、ディアミールFD、ガルモントG-fit 3人共山スキー装備
【天気】晴れ
【備考】自宅-大橋 片道249km

往きの佐渡山コルから高妻山
高妻山

氷沢を渡って北東斜面へ出るつもりが、下りすぎてこんなところにはまってしまいました。これで、大きく遠回りを余儀なくされ、体力を無駄に費やす。
氷沢を渡れない

でました、乙妻山北東斜面。すばらしいですが、バテバテで稜線までいけず。標高約1900mで時間切れ。そこからでも十分重パウを楽しめたはずですが、私だけバテバテでスキーにならず。少なからず、足を引っ張ってしまい申し訳ない。ペースが私には速すぎた。
乙妻山北東斜面

先行して1700m辺りを進む二人。
先行する二人

妙高山をバックに進む
妙高山をバックに

乙妻山北東斜面の1700m付近からの眺め。左に関田山脈(鍋倉山)、中央奥に越後三山(八海山、越後駒、中ノ岳)、右が黒姫山。写真には写っておりませんが、もちろん左側に大きく妙高山です。
乙妻山から鍋倉山、越後三山、黒姫山

疲れて棒立ち、後傾でスキー操作ままならず。コケまくる。
下手な私の滑り

無事佐渡山のコルへ戻り、記念写真。HさんとNさん、コマネチならぬエバネチです。
HさんとNさん、コマネチならぬエバネチです。

GPS記録です。氷沢右岸をできるだけ高度を落とさず行き、適当なところで北東斜面出合に出るつもりが出られなかったミスが響きました。アイデアは良かったんだが。しかし、同じミスをしたテレマーク隊は稜線まで登ったそうで、若いということはすごいことだ。団塊世代には、2回のルートミスは痛かった。さて、もう1ヶ所はどこでしょう?
1900mチョットで時間切れ。そこから重パウを滑降。帰りは普通どおり氷沢左岸を佐渡山コルへ登り返しました。結論『普通に左岸を行くべし』。しかし、右岸も捨てきれない。問題はどこで氷沢を渡るかだが、次回の宿題になってしまいました。
乙妻山GPS記録

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター