FC2ブログ

プロフィール、最近の記事、コメント、カテゴリー、リンク等は、ページ最下部にございます。

間ノ岳、農鳥岳縦走

10月9日(月)、10日(火)と天気が良さそうなので、南アルプスの間ノ岳(3,190m)、農鳥岳(3,026m)を回って来た。前回9月14日に果たせなかった白根三山縦走のリベンジである。

前日は帰りを考えて奈良田温泉の登山者用駐車場(丸山林道入口)に車を停め、9日5時32分のバスで広河原へ向かう。
6時40分広河原山荘前を出発。向かうは大樺沢を詰めて八本歯のコルである。連休最終日なので結構な人である。
8時16分 二俣通過、
10時14分 八本歯のコル
11時17分 吊尾根分岐着(トラバース路は通行禁止なので)。北岳はスキップする。
11時52分 北岳山荘着

北岳山荘は連休の最終日のため半分ほどの入りだろうか?もちろん1つの布団で寝られた。小屋の人に聞くと8日の夜は相当混んだそうだが、何とか一人一つの布団で納まったそうだ。いづれにしても1日ずらして正解だった。

10日(火)
初めてのコースで時間が読み切れず、下山が日没になることも想定した。心強かったのは、農鳥岳を経由して奈良田に降りるという人が結構居たことであった。

4時40分 北岳山荘を早めに出発する。日の出は、5時半過ぎの予定。
6時01分 間ノ岳着
7時05分 農鳥小屋、朝食をとる。
8時39分 農鳥岳(3、026mの方)
9時12分 大門沢下降点
12時00分 大門沢小屋 昼食
13時30分 奈良田第一発電所取水口の吊橋着、この直後広い林道に出る。
14時15分 広河内橋(ゲート)
14時30分 奈良田の駐車場に帰着

想定以上に早く下山できて上首尾だった。日没を考えると大門沢下降点には遅くとも12時前到着が必須条件だったが、大幅に余裕で到着できた。このルート、この歳になって初めてというのも気恥ずかしいが、自分の体力に自信が持てて嬉しかった。初めてでなければ、話のタネに農鳥小屋に泊まってみたかった。小屋前の広場の片隅で、朝食を摂ったが親父さんは出てこなかったので話をする機会は残念ながらというべきか、幸いというべきか無かった。

同じ時間帯に行動していた人が4人ほどいたが、中でもいつも前後していた若者がいて何気ない会話が楽しかった。ありがとう。

とても印象深かった出来事は、大門沢下降点の手前で母親に連れられた8歳前後の女の子とすれ違ったこと。登山を嫌がっている風ではなく、とても可愛らしくて山にいることが嬉しそうな風情であった。もしかしたら農鳥小屋の関係者かな、と勝手に想像してみた。

そんなこんなで、とても充実して記憶に残る、幸福な山行だった。

(了)

もう少し詳しい内容をこちらへアップしてみました。よろしかったらご覧ください。

↓八本歯のコルから北岳山荘と間ノ岳
間ノ岳

↓農鳥岳、下に農鳥小屋が見える。
農鳥岳
スポンサーサイト

COMMENT

-->
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター