鳥海山 湯の台ルート (山スキー)

2016年5月9日(月) 先月の八甲田の宿題になっていた鳥海山湯の台ルートにスキー担いで行って来た。

結果は、最高の天気に恵まれて極上のザラメ春スキーとなった。

湯の台からシールで稜線間際まで登れる唯一のルートを探りあてたような気がする。
GPS軌跡で確認すると、到達した稜線は伏拝岳2,120m辺りである。

車は荒木橋のカーブ一つ手前の標高845mに停めた。朝7時半で、5,6台の車があった。もう少し先へ進めると思ったがカーブにある雪にブロックされて、チャレンジしたがスタックしそうになりあきらめた。

シール登高開始できたのは、荒木橋を過ぎて3カーブ目の標高970m(滝とカーテンのような雪渓が見える地点)辺りであった。ここから車道をショートカットして夏は駐車場となる地点へ進んだ。初めての私だけならコース選定に迷うところだが、幸い同時に登り始めた岩手の方に教えてもらうことができ多謝(トーチェ)である。


↓鳥海山 登下降した斜面を帰途に撮影。(クリックして拡大)
chokai001.jpg


7:28 標高845mに車を止めて、スキーを担ぎ歩き始める。私の後に到着したけど、先に歩き出した岩手の方に追いつき、いろいろお話を伺う。昨日も偵察に来られたそうで頼もしい。

おかげでシール登高するベスト・ポイントを教えてもらう。

8:25 標高970m 荒木橋を過ぎて3カーブ目の標高970mから車道を離れ、シール登高開始。

↓このカーブからシール登高開始(滝が見える。右手の方向に登って行った。)
DSCF4181.jpg

9:30 標高1,200m。今は雪の下だが登山口の駐車場に到着した。

↓先行する岩手の方
DSCF4183.jpg

↓鳥海山を拡大。どのルートも途切れているように見える。ベストルートは見つかるかな?やや不安。
DSCF4184.jpg

↓駐車場にあるトイレ小屋
DSCF4185.jpg

10:30頃 標高1,500m 岩手の方はスキーを担いでソロバン尾根の左又は右側の雪をつないで稜線に立つ計画のようだ。私は、最初同行するつもりだったが、できるだけ高い位置までシール登高してスキーを愉しみたいので、残念だがここで別れた。

10:50 標高1,500m ほぼ稜線まで雪がつながっているルートを発見。先行者が3人いるのを見て意を強くした。

↓伏拝岳に至るルート(青線)
DSCF4187.jpg

12:42 ついに標高2,128mの稜線に出る。

途中の急傾斜に最初自信が無かったが、雪が緩んでいるのと念のため装着したスキー・クランポンのおかげで雪渓の最上部に到達できた。先行していた若者2人は途中からスキーで滑り降りてきたが、シニアスキーヤーが稜線まで行ってきたと教えてくれたので、励みになった。最後の数mはスキーをデポし、ハイマツを乗り越えて稜線に立った。

数年ぶりに新山を拝んだ。下を見ると千蛇谷を行きかう登山者が見えた。

↓新山
DSCF4192.jpg


↓御浜、鍋森方面
DSCF4193.jpg

登っている途中は暑かったが、稜線の風は冷たかった。早々に滑降準備して滑り降りる。登ってきた単独の男性スキーヤと言葉を交わす。少し標高を下げただけで、急に暑くなった。 上から下降ルートを再確認する(下の写真)。

↓湯の台口に至る滑降ルート(青線)
DSCF4194.jpg

14:20 一気に滑り降りて、車に戻った。

今年一番のハードワークだった(汗)が、その分とても楽しかった。鳥海山は、本当に良い山だ。


↓GPS軌跡
鳥海山



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター