八甲田 4月24日(日)


4月24日(日)

本日は最高のスキー日和。昨日までご一緒させていただいた千葉大OBの方々は、今日午前中が最終日で午後には青森に戻られるそうだ。ロープウェー山頂駅でお別れをした。ありがとうございました。Aさんがいないのが残念です。

今日は春スキーバスが運行される日なので、箒場岱へGO!

まずは始発で山頂駅へ、そこでバスの乗車券を購入した。ちなみに、下山してからバス停留所となる高原茶屋でも購入できる。

↓最高の天気。左から赤倉岳(1548m)、井戸岳(1550m)、大岳(1585m) 山頂駅脇より撮影。手前のピークはニセ田茂萢。


今回は途中まで標識と竹竿通り進んで見るつもりだ。

↓まずは田茂萢湿原を進む。
hakkoda034.jpg

宮様ルートと八甲田温泉ルートの分岐を標識通り宮様ルートへ進む。赤倉岳と井戸岳の西斜面をトラバースして「宮様25」と「宮様27」の間のルンゼ状地形でストップする。ここでスキーシールに換装し一路赤倉岳と井戸岳の鞍部を目指す。わかりやすいルートだ。

↓「宮様25」と「宮様27」の間のルンゼ状地形とは、この辺りかな?地形的には寒水沢の右俣といえるだろうか。
hakkoda037.jpg

↓だいぶ登ってきました。標高1,400m辺り。右上は井戸岳の方向。
hakkoda038.jpg

↓振り返ると南八甲田の山(櫛ヶ峰1517m、横岳)が見える。
hakkoda040.jpg

↓こちらは田茂萢岳が、ずいぶん低く見える。先ほどの分岐から直接ここに上がって来ても良いように見えるが、そんなことはないと勝手に思っている。
hakkoda041.jpg

↓ついに鞍部(1520m)に着きました。顔をのぞかせているのは、高田大岳(1552m)。
hakkoda042.jpg

天気も良いので少し写真を撮ったり、行動食を取ったりして時間を使う。高田大岳は、ずいぶん雪が少ないように見える。高田大岳への縦走は、あまり魅力が感じられないものとなった。

↓滑走開始。
hakkoda045.jpg

↓高田大岳、その先の雛岳の北斜面の裾を巻くように東へ進むと箒場岱に着くようだ。
hakkoda048.jpg

出だしからしばらく開けた適度な斜度の斜面が続くので、最高に楽しい。しかも下り一方で登りがほとんどない。結論を急ぐ必要はないが、八甲田で一番私好みのコースだと断言できる。

hakkoda050.jpg

↓見上げてみる。
hakkoda051.jpg


hakkoda052.jpg


hakkoda054.jpg


hakkoda057.jpg

11:25 田代高原、箒場岱に到着
最後まで何とか雪をつないでスキーを脱がずにゴールインできた。バスの予定は12時35分なので、高原茶屋でおでんを食べたり、目の前の草原で寝転んで見たりして時間をつぶした。

↓中央が井戸岳、右が赤倉岳。滑ったルートが目に浮かぶようだ。
hakkoda060.jpg

以上、私のルート探索が素晴らしいかの如き書きようで恐縮ですが、ご心配無用。標識と竹竿が緻密に配置されているので、道迷いの心配は全くありません。

目次とGPS軌跡のページに移動
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター