八甲田 4月23日(土)

4月23日(土) 今日は運が良かった。基本的に下界は晴れなのだが高曇りで、昨日同様お山には雲がかかっている。そのうえ風が強いので、始発のゴンドラが山頂駅に着く頃は風が強くなり、始発以降はいったん運行停止となった。

当初箒場岱(ほうきばたい)に行くつもりだったが、駐車場で昨日のAさんに八甲田温泉ルートに誘われたので、これ幸いと同行をお願いした。

始発を待っている間に春スキーシャトルバスの乗車券(1,000円)を購入した。しかし、前述したように山頂に上がってからルート変更もありえるので、バス券は山頂駅か、下山したところの茶屋(営業しているかどうか確認が必要だが)などで購入するのが得策のようだ。ただし、八甲田温泉方面は下山してから購入できるところがなさそうなので、山頂で購入しておいた方が良いだろう。

私らは幸運にも始発(今日は8:45繰り上げ運転開始)に乗れた。

↓まず、田茂萢岳に向かう。


田茂萢岳から田茂萢湿原を横切って宮様ルートの分岐点から鳴沢へいったん下り、それから軽く登って赤倉岳の北稜線沿いに滑り降りるのがノーマル・ルートなのだが、Aさんにはいろいろバリエーション・ルートを教えていただいた。

まずは、昨日同様ニセ田茂萢に登り南東斜面を滑り、そこから田茂萢岳と赤倉岳の間にある宮様ルート分岐まで登り返す。

分岐から赤倉岳の方向に少し登ると鳴沢台地に向かって良い斜面が有るというのだが、他のメンバーの体調を考えてそれは中止となった。分岐から北に下ると、鳴沢台地の北側に開けた良い斜面が有るので、行ってきたらよいと一人だけ送り出される。

↓その斜面がこれ。距離は短いがこういうのがないと、ツァールートは退屈だ。私は右上から、他のメンバーは左上から滑り降りた。
hakkoda020.jpg

↓その後右方向に回り込むように進み赤倉岳北側の稜線(夏道がある)を横切ると、急斜面に出た。これもバリエーション・ルートだそうだ。ノーマルルートはあくまでも稜線の上にあるのだ。
hakkoda023.jpg

↓赤倉岳の北斜面。出だしは結構急斜面で楽しい。
hakkoda025.jpg

↓楽しんだら稜線上の正式ルートに戻る。
hakkoda026.jpg

↓道路に出たところがちょうど春スキーバスの停留所になっており、小1時間談笑しながらバスを待つ。
hakkoda027.jpg

気軽に楽しめる良いルートでした。Aさんに感謝。

目次とGPS軌跡のページに移動
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター