武尊山で山スキー

2016年3月4日(金) 武尊山

天気も良いので比較的近場の群馬県武尊山へ山スキーに出かける。狙うは、オグナほたかスキー場Topからのお手軽ルート。

雪が少ないと言われているが最近まとまって降ったのか、早いうちの荒砥沢はスキーを履いて10cm沈むほどのやや重い雪、所により軽いモナカもあった。十二沢は日当たりが良いので、滑るころには湿雪になっていた。

でも、まだまだ遊べそうな武尊山でした。

↓10時にスキー場Topからハイクアップ。尾瀬の燧ヶ岳が見える。


↓前武尊の日本武尊像前に出る。後ろには剣ヶ峰の特大滑り台が控えている。
hotaka002.jpg

↓剣ヶ峰との間にあるコルまで降りて、シールを外す。そして荒砥沢を1本、標高1,800mまで滑りおりる。
hotaka003.jpg

↓家の串山東尾根の標高1,700mから1,900mの区間を見る。もう少し雪が安定したら西俣沢を滑り降り、登り返して東尾根の1,700mのコルを乗り越して荒砥沢に戻ってくるルートが楽しそうだ。
hotaka004.jpg


↓前武尊と剣ヶ峰間のコルに登り返してから、もう1本荒砥沢を滑る。やはり、1,800mで滑走を止め今度は2,010mまで登り返す。そこから前武尊東尾根を南北にトラバースして十二沢の上に出た。そこからスキー場まで滑り降りて(写真正面)今日の楽しいい山スキーは終了。
hotaka011.jpg

14:00 スキー場帰着。 あぁ~。たのしかった。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター