山スキー、白馬岳 大雪渓滑降

【期日】’07年5月27日(日)
【天候】晴、山は強風
【メンバー】単独
【コース】猿倉駐車場530→大雪渓→1020 標高約2500mで敗退 1140駐車場着 総行動時間 6時間10分
【装備】サロモンVerse7 160cm、ディアミールFR、ガルモントGライドG-fit、

今シーズンの滑り納めにと昨日の針の木マヤクボ沢に続き白馬大雪渓を選んだ。猿倉の駐車場でEVA父さん、友人の社長さん3人で小宴会。空は澄み渡り金星が瞬く。白馬岳の稜線が紺碧の空を背景にくっきり。明日は良い天気だと、勝手に確信する。夜8時各自の車に戻って就寝。

5:30 駐車場を一人で出発。彼の二人は、もう鑓ヶ岳へ向けて出発したらしい。4度目の挑戦が実ると良いが。新緑の林道をスキーをザックにくくりつけ兼用靴で歩く。ピッケルは持たず、シールとアイゼンを持参。クトーもザックの底に忍ばせた。白馬岳頂上は、期待に反し暗雲に覆われている。

6:45 1550m 白馬尻付近通過。金山沢出合を過ぎた辺り(1400m)から雪渓に降りてツボ足登高をしてきた。1500m辺りで右岸の台地に上がったのを機にシール登高に切り替えた。山スキーヤ-の一団が一緒に進むので、気楽だ。雪面は小石と泥と木の枝に覆われているが、昨日の針の木雪渓よりはマシだ。


sirouma01.jpg
金山沢出合の少し上で雪渓に降りる。



sirouma02.jpg
白馬尻付近

7:45 1900m 2号雪渓出合。猿倉を5時半前後に出発した一団が進む。中ほどに出発した自分だが、この辺に来ると多くの人に抜かれて、ほとんど最後尾になってしまった。先端は、石室付近の急斜面にかかっている。シールで登高を試みる人もいるが、様子を見ていた後続はツボ足にに集約された。先行する連中が余り休憩を取らないので、私も休憩をとりそこなったが脚が重く、心臓は一杯一杯だった。結局、最後尾になって頑張る理由が無くなったのが良かった。

8:00 2000m 露出した岩で思いっきり休むと、何故か妙に体力が回復し、脚も軽くなった。それとともにスピードが上がったので、先行集団を追う。彼らはほとんどツボ足で急斜面へ取り付いている。

sirouma03.jpg
白馬大雪渓の核心部を行く

8:50 2200m 急斜面の取り付き地点に到達。シールからツボ足に切り替える。私が最後尾みたいなもので気楽だ。斜面は緩んでいるのでアイゼンは付けなくても登れるが、体が浮きそうになるくらいの突風が時々襲うので慎重に登る。途中で、最初の一団が滑り降りてくる。


sirouma04.jpg
大雪渓上の急斜面を第一陣が滑り降りてくる。

10:20 2500m 急斜面を乗り切ったが、風がますます強くなり、突風が襲ってくる。ザラメがヒョウの様に襲ってくるので目を開けられない。視界も無いので、ほとんどのスキーヤーがこの辺りであきらめて引き返していく。私も大きな岩の陰へ退避しシールを剥がし、スキーを装着する。風が強いのでこの一連の作業も大変だ。手袋をすっかり濡らしてしまった。オーバーグローブを持参しているが、使い方が下手だった。これでは厳冬期なら凍傷になっちゃうよ。

10:30 長居は無用。急斜面へ飛び込むと、気持ちよいくらいエッジが効く。斜面に正対し、スピードをコントロールして落ちていく。直ぐ、視界が晴れ大雪渓を第2陣が登ってくるのが見えた。左側を岩稜に沿って滑り降り、切れた辺りで左へ回り込む。主稜の下の広い斜面を滑り大雪渓に合流する。後は、きれいな斜面を拾いながら金山沢出合近くまで滑り降りて今日のスキーを終了した。いや、今シーズンのスキーを終了した。林道に登ると傍にいた男性に『そんな良い板をもったいない』と、言われたことが印象的だった。傷ついてもいいような板を用意すべきかな。

11:40 40分程歩いて猿倉の駐車場に戻る。鑓ヶ岳へ向かった二人はまだ戻っていない。ゆっくり、身支度してコーヒーなど飲んで時間をつぶしてみるが、それも限度がある。残念だが、一足先に帰宅することにした。今日の立ち寄り湯は、八方村の第一郷の湯(さとのゆ)、500円。少し狭いが、貸切だった。(完)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター