富士山 富士宮口滑降 山スキー

【期日】 ’07年5月20日(日)
【天候】晴
【メンバー】Sさん、私の二人
【コース】富士宮口新五合目駐車場540→900八合目→1100九合五勺目→1200頂上 往復→1530新五合目駐車場 総行動時間 9時間50分

私の富士山スキー滑降初体験記です。自分が富士山(3776m)を滑るなんて山スキーを始めるまで考えたことも無かったが、群馬のSさんのお誘いで実現しました。高度順応の為、前日明るいうちに新五合目の駐車場(2400m)に入り車中泊。すでの多くのスキーヤー、ボーダー、登山者がいる。夜、静岡側の夜景がきれいだった。

下は、前日麓のスカイライン西臼塚駐車場から撮った写真。「P」が富士宮口新五合目駐車場で、頂上から宝永山へ至る右の稜線の少し内側が今回滑ったコースである。Sさん曰く前回来た時より雪が多いそうな。来年の比較のために撮ったが、その目的のためなら同じスカイラインの水ヶ塚駐車場の方が角度的に良いようだ。富士山といえば富士吉田口しか知らない私は、帰りに水ヶ塚を通って気が付いたが、その時は雲に邪魔され写真は撮れなかった。


fujisan02_2015042315083674e.jpg
右の赤破線を滑降、上空は風が強そう

5:40頃 準備して出発。スキー靴はスキーに装着しそのままザックに括り付ける。足元はスニーカー。シールとクトーは持参。ピッケルは置いて出た。結果的には、シール、クトーは不要。ストックがあるのでピッケルも不要、兼用靴の人と登高スピードは変らないのでスニーカーも不要というのが私の結論。一方ヘルメットは安全の為有ったほうが良いと感じた。今日は登山者も含め100名を下らない人達が入山したのではないだろうか。

六合目(2590m)くらいまでは露出した夏道を行く。正確ではないが七合目(3030m)で兼用靴に変更。八合目(3250m)でアイゼンを装着、そんな感じ。硬くパックされた雪面にアイゼンが小気味よく効く。どちらかというと我々は先頭集団で、下を見ると後続部隊が次から次と登ってくる。宝永山の下には雲海が広がりつつあった。八合目から先は傾斜が増し苦しかった。50歩上がって呼吸を整える、その繰り返し。Sさんから少しづつ置いていかれる。

fujisan03_2015042315083601c.jpg
八合目付近、先行する集団とSさん(右)

fujisan07_201504231508483c9.jpg


10:30頃 九合目(3410m)付近通過。広大な斜面が続く。クラストした表面が先行者に破壊され、パラパラと時にはザーと言って流れ落ちてくる。石が混ざっていては大変と神経を使うが、それは杞憂に終わった。ふと左の稜線を見ると、他の一団が列をなしてその背景に雲海が広がっているので、思わずパチリ。それが下の写真。この美しさと雄大さは、この時期登ったものしか味わえない特権では。


fujisan04_20150423150837786.jpg
九合目付近

11:00 九合五勺(3550m)付近通過。いったん傾斜が緩んだので思いっきり休憩。頂上が見えているが、ここから傾斜は一層増し、まだまだかかりそうだ。私は馬力不足を露呈し50歩も歩けない、約40歩毎に呼吸を整える始末。しかも雪が緩みグズグズで歩きづらい。



fujisan05_20150423150837c98.jpg
もうすぐ九合五勺、頂上小屋が見えている。

12:00 ついに強風下(北風)の頂上(浅間大社奥宮、3710m)に到着。風がしのげる位置にザックを下ろし、二人で健闘を分かち合い記念写真。最高位置は、剣ヶ峰だ。Sさんには剣ヶ峰からお釜を滑るという課題があったので、一人で剣ヶ峰へ向かった。気温が低く強風が吹いているので、初めての私は待機することにした。

お釜を見渡すと、富士吉田、須走口側の火口は断崖絶壁になっており、スキーで滑り下りれそうなのはこの剣ヶ峰しかない。それもかなりの急斜面で、この気温と風では表面がかなり硬いことが予想された。しかも、お釜の底まで滑ってしまうと登り返しが大変そうだ。実際、底まで滑った人はいないようだ。見ていると、ヘルメットを被った一団が挑戦していた。Sさんも挑戦したようだが、強風の為建物の影へ退避して目を離している間に滑ってしまったようだ。確認できなかったので心配になり、お釜の中を覗き込みに行くと、Sさんがいるので一安心した。無事お釜から上がってきたSさんを迎え即下山準備に取り掛かる。

(後日談: デジカメのモードがムービーになっていることに気づかず、頂上以降写真が無い。その代わり、映像は中途半端だが風の音がやたら迫力のあるショート ムービーが残された。再発防止策として、モード切替ダイヤルにテープを張って誤操作できないようにした。)


fujisan06_20150423150835860.jpg
剣ヶ峰からお釜を滑るスキーヤー(ムービー画像から)

13:30頃 (時間は記録し忘れで不正確)下山開始。頂上直下のルンゼ状30mは、岩が多いのでスキーをザックにくくり付けたままアイゼンで下降し、その下でスキーへ履き替える。ほとんどの人はこうしていた。風がしのげるので、やっと安らげた。見下ろすと、広大な雪面が広がり末端は空中へ飛び込む感じ。滑っている人、まだ登ってくる人、下山する人、途中で休んでいる人、大勢がこの空間と時間を共有している、という事実がすごい。ぞくぞくする。勇躍斜面へ飛び込んだ。

皆、自由自在に自分のシュプールを描いている。きれいなザラメ斜面とはいかない。既に多くの人が滑っているので、かき回されてグズグズで重雪。所々シュカブラを避けても、スキー操作は強引にならざるを得ない。だから疲れる。しかも、この板(サロモンVerse7)で滑るのは今回が初めて。今までの板は長く重心が後方で深雪向きだったが、これは短くて重心が中心寄りなので軽快な回転が期待できるが、慣れていないのでバタバタすると前へ突っ込みそうになる。それを強引に抑えるので、ザックを背負った状態では本当に脚が疲れる。この板はコンペ仕様の高価な板と較べようもないが、硬すぎず柔らかすぎず山スキーにはとても向いており違和感がなかった。

しかし約3700mから約2600m(六合目)まで標高差で1100mを下るのは、本当に滑り応えがある。お腹一杯といった感じ。ご馳走様でした。途中、所々止まり写真を撮ったつもりだが、前述した通り写真になっていなかった。残念。

15:30頃 新五合目駐車場に帰着。最後、雪渓を右へ、右へとつなげていくと最も下までスキーで下れ、しかも駐車場の上へ出るコースがあるらしい。八合目の小屋の下で右の雪渓へ予定通り移動。そこから雲の中に突入した為位置を確認できず、そのまま新六合目の小屋上部に滑り降りスキーを終了した。そこからツボ足で右方向でトラバースし新五合目の駐車場に戻ったが、そこは、スキー客と観光客の混在する奇妙な空間であった。ここでSさんと別れ、最初の計画どおり白馬岳へ転戦するかどうか思案したが、結局いつものことだが、軟弱な私は連戦する体力と気力が残っていないと判断し、帰宅する道を選んだ。今回も大変満足しました、来年も必ず来るでしょう。(完)

追記:帰宅してから山スキーMLを読んだが、富士吉田口、須走口共北面の為上部がアイスバーンで、行った方は苦労されたようです。Sさんが南面の富士宮口を選んだということは大変賢明で、そのおかげで私は頂上からスキーを十分堪能することができました。感謝。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター