四阿山 山スキー

【期日】’07年2月20日(火)
【天候】晴
【形態】単独
【コース】四阿高原ホテル前無料駐車場700→頂上1100→駐車場1230 総行動時間5時間30分
【装備】K2 axis 181cm、ディアミール・フリーライド、ガルモントGライトG-fit
【資料、地図】昭文社「山と高原地図」、国土地理院2万5千分の一地形図
【立寄り湯】 渋沢温泉を予定していたが、訳有って通過

今日は山スキー デビュー。場所は、初心者にはちょうどよい高度と傾斜かな、と前年偵察済みの信州 四阿山(あずまやさん)です。前日、真田温泉健康ランド ふれあいさなだ館の駐車場で車中泊。朝、目覚めると天気は予想と異なり雲が多い。その内、気圧の上昇と共に雲も霧散するかなと期待しつつ四阿高原ホテルへ向かう。

菅平はヘリスキーで有名だ。ツアースキーなら菅平スキー場から避難小屋経由で根子岳か、白樺別荘地辺りから中四阿山経由の四阿山がポピューラーだと思うが、あえて四阿高原から頂上を目指す。デビューの地としては、他人の眼や前後を気にすることなく自由気ままに行動できるコースを選びたかったわけで、結果として大正解だった。当日は、スノーシューの単独行男性一人と私だけ、しかも頂上までお互いに姿を見ることもない気楽さでした。





azumayasan01.gif

鳥居峠へ向かう国道144号を右折して四阿高原への道を辿りますが、ここまで国道には雪がありません。四阿高原へ入ると凍結している個所があるが、轍の部分は雪がなく、四阿高原ホテル手前の右側にある無料駐車場までノーマルタイヤで行けました。

スキーにシールを付けて担ぎ、ホテル前の道を行く。ホテルを過ぎるとすぐ別荘地の小道になるが、道路には雪があるのでスキーに変更。ここから、標高1,500m辺りまで直進すると牧場のフェンスにぶつかる。閉まっているゲートの脇をすり抜け、落葉樹と白樺の林を標高にして50mほど稼ぐと、牧草地のオープンバーンに出る。空の青さに白い雪、気持ちが良い。四阿山の頂上は雲の中だ。広い牧草地を標高1750m辺りまで登ると、再び落葉樹とシラカバの林になった。牧場の柵沿いに徐々に高度を上げ、右寄りのコースを取る。柵の支柱が50cmほど出てるところが大半だが、スキーアイゼンが雪上に落ちてるかのごとく頭しか出ていないところが有って、下りでは十分気をつける必要がある。ちなみに、ワイヤーは外してあった。


azumayasan02_20150423074242298.jpg
牧草地、頂上には雲がかかっている

フェンスに沿って斜面を西から東へ横切ると(標高で1,700から2,000m辺りまで)、沢越しに鳥居峠からの尾根が望める位置に出た。斜面を横切っているので、上からおそらく先日の日曜日のものと思われるシュプールが、たくさん横切っていく。

ここからの北アルプスの眺めは素晴らしい。乗鞍岳から穂高、槍、鹿島槍ケ岳、白馬岳、頚城、妙高の山並が屏風のように迫ってくる。北アルプスが快晴なのに、なんで信州の低山に雲がかかっているのだ、と悪態をつく。ここら辺りの林は疎らだから、滑れそうだ。2,100m辺り(不確か)で岩稜が目の前に迫る。そこをジグザグに乗り切ると、2,200m辺りから四阿山頂上迄の台地が眼前に広がる。一瞬のチャンスを捕らえて頂上の写真をものにする。単独行の男性が今しも頂上に立とうとしている。木製の長い階段が続く辺りだ。辺りを見渡すと、すこし先のほうに中四阿分岐の標識があるので見に行く。


azumayasan05_20150423074241b22.jpg
2,200m辺りから頂上の風景、シラビソのモンスターなりかけ

オオシラビソの間を通って頂上へ向かう途中、男性とすれ違う。又頂上は雲に隠れ、風が強くなる。雪は硬く締まっているので沈むことがない。シラビソの根元にザックをデポし、空身でスキーを履いたまま頂上を踏む。真っ白い世界に、祠が寒そうにしている。夏なら大勢の人たちでざわつく頂上が、今日は静まり返っている。ヘリコプターの音がうるさい根子岳が今は眼下にある。

長居は無用と、シールを着けたままザックをデポした地点まで下る。さぁ~、シールを外して標高差800mほどの大滑降だ。実際は、標高2,000から1,800m(おおよそ)は落葉樹とシラカバの疎林になるので十分ツリーランが楽しめた。雪の状態は、頂上近くでも氷化しておらず、いわゆる圧雪に重い粉雪で、苦も無くターンは描ける。ただ、もっとオープンバーンが欲しいな。

標高凡そ1,800m辺りで牧場の柵にぶつかると、又せまい作業道になる。周りは薮なので、仕方なくこの狭い作業道に柵の支柱を避けながら細かくターンを刻む。そのあと、だだっ広い牧草地の滑りは楽しかった。陽当りが良いので、表面はザラメ風だが気持ちよくシュプールを刻み、高度を下げていく。これが永遠に続けば良いのにと、思いながら。最後、別荘地の木立の中に吸い込まれて私の今日の山スキーは終わった。



azumayasan03_20150423074243802.jpg

azumayasan04_201504230742448db.jpg
左:2,000m辺りのバーン、右:1,600m辺りのバーン

一人だと滑っている自分の写真を撮れないのが悲しい。(完)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター