八方、第3(八方池)ケルンから初滑り

場 所 長野県 白馬村
日 時 2008年12月24日(水)
コース アルペン・クワッド終点(八方池山荘)10:00→11:00第3(八方池)ケルン→11:20アルペン・クワッド
メンバー 単独
天 気 晴
装備 Verse7 160 cm, フリッチ・ディアミール FR, ガルモントG-Lite G-Fit
使用カメラ:リコーGR DEGITAL II
地図 国土地理院 2万5千分の1地形図

月、火と天気が悪く模様眺め。
それでも八方尾根は雪が少なく、ゴンドラで往復です。
ゴンドラ、アルペンリフトと乗り継ぎ、黒菱ゲレンデの上部に出ると、
アルペン・クワッドは稼動していない。
足慣らしに黒菱ゲレンデを何回か流します。

再度、アルペン・クワッドの乗り場に行くと、クワッド脇の
リーゼン・グラートは滑走不可なのでスキー客は乗せないという。
しかし、帰りにリフトで下山するなら乗車しても良いと言う。
早速、スキーを手に持って乗車します。


happo01_20150422184546d34.jpg
鹿島槍ヶ岳、五竜岳を背景にアルペン・クワッド・リフト



終点(八方池山荘)でシールを装着します。
コート姿で上がってきた観光客の女性が珍しそうに見ています。

今日は4、50人はハイクアップしていきます。


happo02_2015042218454617a.jpg
八方池山荘から八方山方向

八方山に登ると、待っていました。大展望!!
前方左の稜線に八方ケルンが見える。
もう少しで第2(息)ケルン



happo03_20150422184547bc7.jpg
右から天狗の大下り、不帰嶮Ⅰ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰、唐松岳、丸山辺り


目を転じると、白馬三山と五竜岳、鹿島槍、反対側に妙高山、
火打山、焼山が見える。富士山さんも見えた、感激!!

風もほとんど無い絶好のコンディション。
欲張れば丸山ケルンも可能だが、単独だから無理は禁物、と自重。

第3(八方池)ケルンでハイクアップ終了



happo04_20150422184548402.jpg
白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)



happo05_201504221845458a8.jpg
丸山、唐松岳へ連なる稜線(右)と五竜岳(中)、鹿島槍ヶ岳(左)


happo06_20150422184602b3c.jpg
鹿島槍ヶ岳(左)と五竜岳(右)を拡大

八方池の稜線で先を行く人たちを見守る。私のように、引き返そうなんて人はいない。
見ているとボーダーの一団が八方沢へ向けてドロップしていく。
ドロップした人たちは下で集結し、八方山辺りへ登り返すと見た。



happo07_201504221846025dc.jpg
五竜岳をバックに八方沢へ滑り込むボーダー

私は、八方ケルン脇の斜面を戴く。この時間で戻ろうなんて人は少ないから、
ご覧の通り、ほゞ無垢の斜面に最高の一滑りをゲット・・・(下の写真)。

つたない私の滑りをどうぞ・・・

やや重め、スキーは浮くが、時々ブレーキがかかる。



happo08_201504221846015d0.jpg
八方ケルンと私のシュプール(右)

このあと、おとなしく尾根筋を滑り、アルペン・クワッド、ゴンドラと乗り継ぎ下りましたとさ・・・。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター