谷川岳熊穴沢  山スキー

【期日】’08年04月16日(水)
【天候】薄くもり微風
【形態】単独
【コース】天神平ロープウェイ駅8:00→9:30避難小屋11:00→熊穴沢→11:40ロープウェイ駅
【装備】サロモン Verse7 160 cm, フリッチ・ディアミール FR, ガルモントG-Lite
【立ち寄り湯】 前橋市、あいのやまの湯¥500(3時間)


休暇を取って谷川岳の芝倉沢を滑るつもりで出かけたが、登山者2名以外に山スキーは私一人。しかも温かいが天気は薄曇。全く気勢が上がらない。熊穴沢避難小屋の手前の難所(崖)を前に谷川岳を見上げつつ、行くかどうか思案橋。山頂さえ行く気がしない。

見ると熊穴沢(※)が美味しそう。手短なところで楽しんで今日は早く帰ろうか。しかし西黒尾根の雪庇が崩壊しひっきりなしに小規模のブロック崩落が起きているのが気になる。西黒本谷(※)も熊穴沢も上部の斜面には大きな亀裂が入っている。よく観察した結果、逃げ道は十分ありそうな沢に見えたので、GOを決断。雪質は腐りかけの状態でスキー操作が難しい。出だしは結構急。何とか安全地帯に降りてきた時は、ホッとした。後は田尻沢の滑降コースに合流し、ロープウェイ駅近くまで流す。(今なら雪が下までつながっております。下の写真は全てクリックで拡大します。)


anakumasawa01.jpg
朝日の谷川岳(右)、オジカ沢の頭(中)、俎ぐら(左)



anakumasawa02.jpg
スキー場脇を田尻尾根へ向けて登る。
先行する人が一人、もうすぐ田尻尾根に達しそう。
右には谷川岳の頂上が見えます。



anakumasawa03.jpg
田尻尾根から谷川岳、
肩の小屋辺りは雪がたっぷりですが、
西黒尾根等の急斜面は崩壊寸前。



anakumasawa04.jpg
避難小屋下の西黒沢。
先のほうで田尻沢の滑降コースへ合流する。



anakumasawa05.jpg
避難小屋(屋根だけ出てる)



anakumasawa06_20150421190047d30.jpg
熊穴沢(※)の斜面、いい感じ。
でもよく見ると大きな亀裂があちこちに。



anakumasawa07.jpg
覆い被さるような西黒沢本谷(※)を見上げる。
急斜面で雪崩れが怖い。



anakumasawa08.jpg
熊穴沢(※左奥)と西黒沢(※右)。
合流地点を過ぎ振り返る。



anakumasawa09.jpg
その下流。広いのでホッとする。



anakumasawa10.jpg
安全地帯。上流を振り返る。
もう少し下ると田尻沢と合流(クリックで拡大)



anakumasawa11.jpg
GPS軌跡

※: 熊穴沢と書きましたが、昭文社の「山と高原地図」では避難小屋下の沢ではなくもう一つ南側の沢を指している。私が西黒沢と書いた沢は、昭文社の「山と高原地図」ではザンゲ沢となっておりまして、いずれも西黒沢に合流します。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター