越後駒ケ岳

山スキー、越後駒ケ岳(2002.7 m)

【期日】2008年04月06日(日)
【天候】快晴
【形態】単独
【コース】銀山平石抱橋6:00→道行山→小倉山→駒の小屋→12:45頂上13:10→道行山→15:20石抱橋
【装備】サロモン Verse7 160 cm, フリッチ・ディアミール FR, ガルモントG-Lite
【その他記録】 自宅から銀山平 往復約470km

6:00
奥只見シルバーラインのゲート開と同時に車の編隊がシルバーラインへなだれ込む。銀山平へ右折するところは通行止めの柵が置かれていたが、どかして進入。
石抱橋には車2台、撤収中のテント一張り。山スキーが少ないのが意外。見上げると真っ青な空に真っ白な越後駒と中ノ岳が遥か彼方に輝いている。
もちろん目の前には荒沢岳。嬉しいな、越後駒は来るといつも天気が良い相性の良い山だ。


↓越後駒遠望
echigokoma01.jpg

7:00 石抱橋出発
山スキー×2、わかん×1の混成チームが先に出たので、私も急ぎ準備して出る。

7:30 柳沢の下
混成チーム(後で聞くと群馬の人達)の二人が遅れた仲間を待って休んでいるので、先に夏道のある尾根に取り付く。

8:50 1100~1200m
狭い急な尾根で雪はつながっているが、南面の為グズグズでシールが効かない。
無理に乗ると表面がスラフになって流れていく。はかどらないので、スキーを脱いで壺足に変更。
そこを過ぎると、頂上直下の広い斜面になりまたシール登高する。

echigokoma02.jpg
荒沢岳

echigokoma03.jpg
道行山への尾根から見る越後駒

9:50 道行山頂上着
先ほどの群馬のチームが先に着いて休んでいた。山スキーのもうひと方はまだ来ていないようだ(遅れている方のお歳を後で聞いたら63歳だそうだ。自分のペースで楽しんでいるようでうらやましい。私もそうなりたい)。
『いや~、体力無くて』と私は言い訳をする。目の前にはどこまでも白い中ノ岳と越後駒。目を転じると、守門岳、浅草岳、未丈岳だ。
ここからいったん下って小倉山へ向かって稜線を登り返すルートだが、二人に着かず離れず付いて行く。


echigokoma04.jpg
道行山から見る小倉山(右端)と越後駒

10:25 1350m、小倉山通過
小倉山へは行かず、雪庇の下をトラバースし1350m辺りで雪庇を乗り越し稜線へ出る。
テン泊していた人達が撤収作業をしている脇を過ぎる。さてここから頂上まで登り一辺倒だが、帰りは標高差650mの大滑降が待っている。気合を入れなおす。
目の前には百草池への登り、その先1763mピークへの登り、駒ノ小屋への短いが急な斜面、と難所が階段状に続く。
まだ先は長い。駒ノ小屋まで行けば頂上までは造作もないのだが。


echigokoma06.jpg
道行山(中央右)と登ってきた稜線

echigokoma07.jpg
小倉山(手前)左奥が守門岳、右隣が浅草岳

echigokoma08.jpg
前を行く二人

11:40 1590m 百草の池辺り
群馬チームと少しはなれて休んでいると、我々より南側の東斜面を1763mのピークを目指して直登してくる二人組みが現れた。どうも白沢を登ってきたようだ。
白沢は覗くとデブリも無く美しい沢だった。彼らを追って我々も1763mピークの攻略にかかる。
混成チームのわかんの方は頂上へは向かわず先に下るという。もう一人の山スキーの方はまだ来ていない。山スキーの方と私で頂上へ向かう。

12:10 1763mのピーク
先ほどの二人が休んでいた。群馬の方が聞くとその二人も群馬の山岳会の人らしい。更に、白沢はスキーで下るには登り返しがないのでお奨めだという。滝が1つ有るが、下る時右岸を高巻きすれば良いとのアドバイスだった。
駒ノ小屋前の急斜面はグズグズなので私はスキーを担いだが、他の方はジグを繰り返しシールで登りきった。
私が初めて越後駒に来たのは数年前の5月で、小屋前の急な斜面にびびったものだが、私も経験を積んだのか今日は簡単な斜面にしか感じなかった。アイゼンも使わなかった。


echigokoma09.jpg
駒の小屋前の急斜面

12:35 1840m 駒ノ小屋
水を期待したが、まだ雪の下だった。目の前の大斜面を群馬の3人が登っていく。私も続く。
中腹で一人滑り降りてきた。てっきり一緒に登ってきた群馬の方だと思い、「ずいぶん早く降りていくな、友達に追いつく為急いだかな」などと思ったが、全く別の人だった。
結局私の後に人がいないので、この好条件に頂上を踏んだのはテン泊した人達を除くと5人ということになる。あぁ~、もったいない。


echigokoma10.jpg
駒の小屋

echigokoma11.jpg
頂上直下の斜面

12:55 2002.7m 越後駒ヶ岳頂上着
360度の大パノラマだ。越後三山、利根川源頭の山々、燧ヶ岳、平ヶ岳も見える。
白沢を上ってきた二人はオツルミズ沢を滑るらしい。二人の話を聞いていると、どうやらオツルミズ沢の下にデポした車の鍵を銀山平の車に置いてきたらしい。可愛そう...


echigokoma12.jpg
頂上で記念撮影、背景は八海山

13:15 滑降開始。
一人なら天気も良いので、ゆっくりするところだが、群馬の方が『一緒に滑り降りましょう』というので、渡りに船と『お願いします』と答える。お互い単独は不測の事態が起きた時に危険との認識があるのだ。
頂上直下は、モナカ崩れのグズグズだが、スキー操作は難しくなく、自由自在に弧を描くことが出来てとても楽しい。あっという間に小屋に着く。
小屋直下の急斜面は、スキーと壺足で荒れているのでジャンプターンで雪を蹴散らし、1763mのピークまで一気に行く。
ここで群馬のスキーヤーが、先ほどの二人が登ってきた白沢を滑りたがってしきりに下を覗く。しかし、下部のコースが良く見えない。白沢らしき沢が二つ有るのだ。大きな滝は右岸を高巻きするように、と言われたがどこを指しているのか特定できない。二人共地形図を持参していないのだ。私は不覚にも忘れてしまった。
『どうしよう』とかなり迷っている。私は初めてなので、安全策でまずは上ってきた尾根を下りたかった。『行きましょう』とは言えず、『次回にしたら』と答える。
それで、結局来た道を戻ることに決定。私も一安心、初見で雪崩があるかもしれない沢を下るのは止めたかったのだ。
しかし、見たところ、二人組みは登り返しをしないよううまく登ってきているようだ。沢にデブリは全く無く、雪崩の点でも危険性は低いのかもしれない。


echigokoma13.jpg
百草池上の1763mピーク、左側を滑ってきた。そのまま下へ行くと白沢らしい。

14:00 道行山着
小倉山の雪庇の下をトラバースして道行山へ向かうと、先ほど分かれたわかんの人と、遅れていた山スキーの方が待っていた。
ここから彼らが登ってきた尾根を一緒に滑り降りることにした。私が登った尾根より広く一直線で登りやすそうなルートだ。次回はこちらにしよう。
もうすぐ平地だというところで色気を出し右斜面へ向かったら、意外な急斜面で四苦八苦する。乗ると数日前に降った雪が表層雪崩となって滑って行く。やり過ごしながら少しづつ標高を下げ白沢へ降り立った。
意外に広い沢でここなら安心だ。全員が揃ったところでフィナーレ。ここから石抱橋までクロスカントリーだ。春の陽光は暑い。のどが渇く。


echigokoma14.jpg
春の陽光に光り輝く越後駒、再見!!(左側の沢が白沢、来年はそこへ)

15:20 石抱橋到着
埋めてあった水を飲み干す。美味しい。同行を申し出てくれた群馬の方のおかげ楽しいスキーが出来た。
何よりも、二つのルートを経験できたことが、何よりの収穫だった。越後駒は本当に相性の良い山だ。再見!

参考:この時期、石抱橋まで十分な雪があり途切れることがありませんでした。また、夏道のある柳沢の尾根よりも1つ奥(南)の尾根(GPS青色)の方が登りやすいとわかった。まっすぐ尾根を登れば良い。
更に、白沢を詰めて1763mのピークを攻めるコース(GPS白色、但し見える範囲から推定)が魅力的に見えた。
この時期全くデブリは見えないので安全度は高いのかもしれない。次回の課題としたい。

echigokoma15.jpg


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター