武甲山、大持山、妻坂峠周回

武甲山(埼玉県、1304m)と大岳山(東京都、1266m)は、埼玉南部に住む私にとっては、富士山に次いで愛着のある山と言えます。2つの山は、その特異な山容から富士山が見えない日でも遠くからそれとすぐわかるので、昔の人は道標にしていたそうです。私も事あるごとに眺めています。

愛着を感じる山ですが、セメント採掘で山肌が大きく削られ、痛々しくて今まで山歩きの対象とはなかなか考えられませんでした。

しかし、最近読んだ新聞記事がきっかけで、その考えを改めることにしました。というわけで、本日(6日土曜)、生川から武甲山、子持山、大持山、妻坂峠、生川と周回してきました。

結果はとても気に入りました。表の顔が削られた山肌とすると、裏の顔は紅葉樹林帯と植林(ひのき)に覆われたとてもたおやかな山だった。登山道は、良く整備されていてとても歩きやすい。暑くなるとの予想に反して稜線には涼しい風が吹いていた。登りも下りも沢伝いで、水が多いのが意外だった。飲み水も得られる。人気が有ると見えて、この日下山してみると50台ほど停められる駐車場は満車で道路まではみ出していた。

次回は、花の季節に来てみようと思う。

詳細はこちら

↓武甲山の表の顔
武甲山
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター