越後 駒ヶ岳(こまがだけ)

【期日】'06.5.21(日)
【天候】快晴
【形態】単独行
【コース】駐車場500→930小倉山1100→1300駐車場帰着 休憩込総行動時間8時間
【立ち寄り湯】駒ノ湯山荘 500円(内風呂のみ入浴可)秘湯の湯というかんじ

--------------------------------------------------------------------------------

echigokoma001.jpg
 

 越後駒ヶ岳(2002.7m)という山を最近まで知らなかった。若い頃はスキーで上越には良く行ったのに。そして今回、快晴にも拘らずピークを踏まずに小倉山で敗退したが、とても気に入った。本来なら記するのも恥ずかしいが、初めての方の為情報として掲載する。

 国道352の枝折峠から登る方が標高を稼げるので一般的らしいが、まだこの時点では交通止めであった。そのくらい雪は多い。駒ノ湯への道もやっと開通したばかりだ。前日車を駒ノ湯の手前の駐車スペース(6台程)に止め仮眠する。右折して橋を渡ると駒ノ湯山荘。登山口は直進。しかしこの先雪で林道は閉ざされている。来る途中、雪が多くてがけ崩れが怖かった。登山口は駐車スペースの直ぐ先(10mもない)にあり、右へ折れて吊橋を渡ると尾根への取り付きとなる(駒ノ湯山荘の沢向かい)。登山口の標識は頭30cmを残して雪の中だった。吊橋は踏み板が1枚を除いて外してあるので、結構スリルがあった。
echigokoma002.jpg


echigokoma003.jpg


 登り始めたらひたすら尾根道を詰める。雪解けの泥だらけの道を想定していたが、一部を除き乾いており、標高1300mまでは気持ち良い尾根歩きだ。椿、カタクリ、イワカガミ、タムシバ(モクレン科)、ミツバツツジの花が咲いている。辺りは、ブナ、カエデの落葉樹が一斉に芽吹きまばゆい。白い花が咲いているので見るとオオカメノキ(ムシカリ)であった。山の主役は、すっかり針葉樹から落葉樹へ取って代わられた。林を透かして駒ヶ岳の白と黒、そして空の青のコントラストが美しい。一人に追い抜かれる。標高1300m、小倉山の直下で雪の壁が立ちはだかった。かなり急で広い。滑落しても無事に停止できるかどうか不安になった。実は、家を出るときアイゼンを積まなかったのだ。一抹の不安が頭をよぎったが、登山口の雪の量と硬さを見てそれが現実になったことを感じた。上越の山を舐めていた。キックステップで途中まで登ったが、まだ雪は締まっていて、十分なステップが切れない。もうちょっと雪が緩んでいれば問題ないのだが。その間にもう一人男性が来た。しっかりアイゼンとピッケルを持っている。彼を見送ってからその場でしばらく躊躇していたが、下ることにした。この先ピークまでもっと雪は硬いだろうし、急斜面だと容易に想像されたからだ。こんな快晴でしかも風が無い日にピークを踏まずに帰るのはとても悔しいが、安全第一と、アイゼンを置いてくるという自分の失態にあきらめがついた。

 下る途中、女性が一人上ってきた。彼女はこの時期複数回来ているという。昨年のゴールデン ウィークはアイゼンなしでも登れる程度だったので、今年は持参していないという。「気をつけて」と声をかけ分かれた。つづいて男性二人連れが登ってきた。一人はファン スキーを担いでいる。すれ違うと同時に未練が沸いてきた。せめて小倉山まで行ってみたい。踵を返し又登り始める。すると先ほどの女性が戻ってくる。聞くと、雪面の途中まで登ったらしいが、下りの恐怖感から安全を取って下ってきたそうだ。先ほどと立場が逆になった。別れを告げ、先ほどの雪面に再挑戦する。先の二人組みが登っている。一人は兼用靴だ。アイゼンをつけ、慎重にステップを切っている。その後に続く。夏道は完全に雪ノ下だ。途中まで登ると下が見えない。足を滑らせたら、いずれ潅木で止まれるかもしれないが、ただでは済まないかもしれない。ピッケルなら直ぐ停止できるだろうが。恐怖心と戦いながら、その急斜面を登りきった。そうすると、小倉山が一望できる尾根に出た。そこからは斜面の傾斜も緩んだので、一気に詰めて他の二人組みと相前後して、駒ヶ岳から荒沢岳、道行山が一望できる小倉山の広い稜線に出た。

echigokoma004.jpg


 広くてなだらかな小倉山の肩の稜線は、休憩するには最高の絶景ポイントだ。駒ヶ岳(2002.7m)のピークまでコースが全て見える。さすがに裸眼では小屋は見えないが、小屋の前の一番の難所が良く見える。実際はどんな傾斜なのだろう。手前まででも行きたい気持ちがした。この位置では、会津駒ヶ岳、平ヶ岳、燧ヶ岳は隠れていて見えないようだ。

 3人で休んでいると、驚いたことに先ほど下山したはずの女性が上がって来た。気持ちは私と同じらしい。この天気で帰るのは、やはりもったいないのだ。しかし、今日の雪質では、小屋の前の難所を登りきれるか自信がなかった。しかも駒ヶ岳ピークの稜線には大きな雪庇が張り出している。登りに時間がかかると帰りの時間も心配だった。ここで引き返す決心をして、大休憩を取っていると、二人(登山)、一人(登山)、又一人(ボーダー)と登ってくる。皆駒ノ湯から登ってきた人だ。一人山スキーの人が道行山の方から到着した。地元の人たちは、今日ならアイゼン無でも行ける、日帰りも十分できると励ましてくれた。しかし、不安を抱えての登山はやはり危険と判断し、次回の為、皆さんの活躍を下から眺めることにした。やはり、小屋の手前の急斜面では皆時間を掛けている。それを見届けてから、女性とほぼ同時期に下り始めた。先ほどの雪の壁は慎重に靴のかかとを食い込ませて下る。そして午後1時ごろ無事駐車場に戻りついた。越後駒ヶ岳は、会津駒と同じく山スキーで是非来たい山だ。北アルプス的山容も気に入った。まずは、6月中に捲土重来だ、と堅く決心し魚沼をあとにした。(完)

echigokoma005.jpg
帰り道から見た越後三山




(完)

ホームページへ戻る
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター