西上州 荒船山、行塚山

【期日】 '06.10.21(土)
【天候】 晴れ
【形態】 単独行
【コース】 星尾村登山口810-850威怒牟畿不動滝-910立岩鞍部→940黒滝自然道分岐-1000行塚山直下→1030行塚山→1100艫岩1110-1145星尾峠→1240荒船・不動滝分岐-1305登山口
--------------------------------------------------------------------------------
arafuneyama01.jpg

荒船山(あらふねやま)は内山峠の辺りで200mほどの大岩壁(艫岩、ともいわ)で立ち上がると、一転南へ1.5kmほどの水平台地(1320m)が広がる。そしてその終端には行塚山(経塚山、ぎょうつかやま、1422m)が100mの標高差で尖って、下るとその先は黒滝山や立岩(たついわ)へとつながっている。信州佐久から見ると大海原を波頭を立てて進む航空母艦のようだ。行塚山がさながら艦橋(ブリッジ)だ。


内山峠や佐久側の荒船不動から登る人が圧倒的に多いと思うが、立岩に思い入れがあるので、今回も下仁田から星尾村へ車を進め、線ヶ滝の車道のどん詰まりに車を止めた。1台車が止めてあったが主は既にいなかった。この辺の地理と立岩については、今春の立岩行に書いたので省く。

A---橋を渡って右岸に渡ると「左:荒船山3.8km、右:荒船山4.2km、威怒牟畿(イヌムキ)不動1.8km」の標識がある。帰りは左から下山してくる予定だ。右へ向かう。

B---杉林を5分ほど登ると、「左:イヌムキ不動1.5km、立岩3km、荒船山3.9km」の標識と、もう一つ「右:立岩1.8km」下に「中級者向け(直登)」の札がある。今春この直登ルートを登り、左から下って来た。先へ進むと、杉林の中にトタン屋根の小屋があって、右に水場がある。だいぶ細っている。良く見ると林床にはイタドリが多い。

C---「左:荒船山2.7km、右:威怒牟畿不動0.3km」の標識。最短距離は採らず威怒牟畿不動へ向かう。

D---威怒牟畿不動到着。滝が霧となって落下している。特に興味は無いので先へ進む。この辺りからブナ等の雑木林になる。

E---立岩と荒船山の分岐に到着。標識には「右:立岩1.0km」としかないが、誰かがマジックで小さく「左:行塚山」と書いてある。ここは立岩頂上からの下りの鞍部に当たる。立岩の裏側が岩壁ではなく潅木の急斜面であることがわかった。立岩と反対側へ向かう。
雑木林の中を急登。踏み跡は不明瞭。赤岩を左から巻く様に半周し北側の尾根上に出る。林を透かして遠くの山が見える。ここから雑木林のゆったりした道で鼻歌が出る。

F---黒滝山歩道の分岐。「立岩」と書いたブリキ板。ここから行塚山まで背丈以上の笹が密生した細い道。掻き分けるように進むが、衣服が朝露で濡れる。林を透かして尖った行塚山が見える。良く見ると他の樹に混ざってリョウブが目立った。

arafuneyama06.jpg
arafuneyama02.jpg



G---黒滝山歩道(左)と行塚山(右)の分岐。右を選択し、やせた尾根を急登する。

H---あっけなく行塚山(経塚山)に到着。

I---行塚山を下って、水平台地に降り立つ。里山の散策のようだ。星尾峠への分岐に到着。左:荒船不動尊、星尾峠、右:艫(とも)岩1.6km。

J---絶壁のとも岩へ到着。トイレ兼休憩所がある。絶景だ。妙義山や浅間山。眼下に国道254号。絶壁を彩る紅葉が素晴らしい。今日辺りは、内山峠から登った方がよかったかも。人が多いので短時間で切り上げ、踵を返して星尾峠へ向かう。広い道だ。

arafuneyama03.jpg


K---休憩ベンチがあり、水場がある。周りは、明るいブナ、ミズナラ、コメツガ、山カエデ、モミの雑木林で、林床は笹原。

L---道端に石の祠、笹原の奥に石柱。人工物か?わからない。


arafuneyama04.jpg
arafuneyama03.jpg

I---再度、行塚山と星尾峠の分岐

M---星尾峠へ向かう。黒滝山不動寺9.4kmの標識を過ぎると、直ぐに星尾峠に到着。

N---田口峠と線ヶ滝の分岐。田口峠へ向かえば、さらに分岐して線ヶ滝の駐車場に戻れる。線ヶ滝と書かれた方へ向かう。4つほど枝沢を横切って朝通過したC地点に出るが、かなり遠回りの感じ。

荒船山や艫岩の写真は他のサイトに譲って、今回はルートの解説に重点を置いてみました。とも岩~行塚山間以外は行き交う登山者もなく静かでした。私、結構こういうのが好きです。 駐車したところに戻ると、車が1台増え今日は3台だけでした。

(完)

ホームページへ戻る
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター