G3 ONYX/RUBY用スキー・クランポンとクランポン・ロック

TLT互換のG3 RUBYビンディングにスキー・クランポン(アイゼン、またはクトーとも呼ばれる)は何を付けようか迷った。

長い間フリッチ・ディアミールのビンディング+ブンリン(松本市)製スキー・アイゼン(板に固定するタイプ)を愛用していたので、ブンリン製が第一の選択肢であった。そして、次の選択肢がG3純正クランポン。

↓純正クランポン
クランポン全体

結局、トウピースに直付けでき、着脱が容易な純正クランポンにした。

準備としてトウピースの左右に付属のピンを、これまた付属の星形レンチでねじ込む。そのピンにクランポンの先端を差し込むと、カチッとラッチが噛み合って、装着が完了する。

↓トウピースにピンを取り付け
ピン取り付け

↓クランポン装着
クランポン装着図

↓外すときは、赤いワイヤーを引っ張るとラッチが開いて、取り外しができる。
脱着機構

さて、このタイプのクランポンは、ツァー中靴の上下にしたがってピン部を支点にクランポンも上下するので、ヒール・サポートを使っていると、その高さ分雪面に対する「ひっかかり」が少なくなる。そこで、氷化気味の斜面では、安全の為クランポンを固定してみたくなる。この目的のためのクランポン・ロックは、純正パーツには無い。

↓ツアー中のイメージ
ツアー時のクランポン

そこで、B&D社のクランポンロックが使えないか、試しに購入してみた(扱い店:白馬ブルークリフ楽天市場店で)。

結果は、クランポン後端がエンボス加工されていて平板ではないので、クランポンロックのプランジャーと干渉し、装着できなかった。

対策として、クランポンロックにスペイサーを噛ますか、クランポン後端をハンマーで叩いて変形させれば使用は可能と思われるが、今日の実験はここまでとした。この強化アルミのクランポンを見ていると、クランポンロックが無くても十分使えるような気がしてきたからだ。

しばらくクランポンロックなしで使ってみようと思う。

↓クランポン・ロックを板に仮置きした写真(ビス止めしていない)
クランポンロック装着図

↓干渉イメージ図(クランポンロックは仮置きしているだけなので適正位置ではないし、寸法も実測値でメーカー仕様値ではない。)
クランポンロック干渉1

P.S. 2012.2.14
最近DYNAFITのTLTに宗旨替えしようかと思っている。RADICALシリーズが出て、外観から感じられる信頼性と操作性の向上に、本来の軽量さも維持されて大いに魅力を感じている。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター