白馬岳 清水谷、杓子沢、長走沢 山スキー

2009年5月25日(月)~26日(火)と、1泊2日で白馬岳へ行って、周辺を滑ってきました。
2000m以下は雪解けが進んでいますが、それ以上は十分な雪で、スキーをかついで歩くことを厭わなければ、まだまだ遊べます。ただし、スキーの滑走面は確実にキズつきます(笑)。それから、藪漕ぎもあります。

1日目: 猿倉-白馬尻-大雪渓-旭岳-白馬山荘(泊)
2日目: 白馬山荘-清水谷二俣-杓子コル-杓子沢-双子尾根樺平-長走沢-猿倉台地-猿倉荘


メンバー: 群馬のSさんと私

↓白馬大雪渓(デブリも溶けて、落石も少なく快適な斜面になっている)。白馬尻からスキーでハイクアップ。
白馬大雪渓

↓杓子のコル(中央奥、標高2,690m)からドロップし、2つ目のノド(標高2040m)から双子尾根へ登り返す。噂に聞く落石の多さ、石の上をスキーで歩きました(泣)
写真を拡大してお楽しみください。
杓子沢

↓双子尾根 樺平(標高2,130m)とJP。ここから長走沢を標高1,430mまで滑り、猿倉台地まで登り返し。後は歩いて猿倉荘へ。 JP:杓子尾根と双子尾根のジャンクション・ピーク
双子尾根 樺平

↓長走沢を見上げる。長走沢は落石少なく良い沢です。杓子沢、長走沢と2本続けると、満腹です。(最高)
長走沢

レポートは、本家サイトへアップしました。
スポンサーサイト
THEME:山スキー | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター