守門大岳

山域: 越後 守門大岳 (1432m)
日時: 3月23日(日)
装備: 私:サロモン Verse7 160 cm, フリッチ・ディアミール FR, ガルモントG-Lite
天候: 快晴
メンバー: 新潟のHさん、S嬢、私の3人 (全員装備は山スキー)
コース: 二分7:25→9:16保久礼小屋→10:10キビタキ小屋→11:00ポコ→11:40守門大岳13:10→14:25二分
朝7時にして既に100m以上の車の列。[写真は全てクリックすると拡大が出ます。]
駐車の列

まだ遠い守門岳を目指して林道を行く。
守門大岳はまだ遠い

橋を渡り林道をショートカットして崖を登る。かろうじて雪はつながっている。

その後、沢筋を長峰目指してシール登高。日陰なので涼しい。

この辺りが長峰か?守門大岳と中津又岳が大きい。

もう少し水平に行ってから下ると保久礼小屋らしい。
この辺が長峰か

保久礼小屋で休憩したが何故か小屋の写真が無い。撮り忘れた。本日は長岡市主催の雪庇ツァーがあるらしく、関係者が小屋の前で、大きな鍋に豚汁かなにかを準備している。Hさんが、ゼリーを雪の中に埋めた。ここから
ブナ林を登るが、それほどの急登ではないのがありがたい。写真は、途中の斜面にあるキビタキ小屋。標高約1000m。 平らなところではなく斜面にあるのが意外だった。
キビタキ小屋

1268mのピーク手前。中津又岳が真っ白い。この中津又岳からの尾根を滑り保久礼小屋で合流するのが第一希望だったが、この登っている尾根も素晴らしいので、どこでもよくなった。
森林限界を過ぎて中津又岳が間近

もうすぐ1268mのピーク。Hさんはポコと呼んでいた。不動平とかいうらしい。
ポコ

1268mのピークから頂上方面へ人の列。
もうすぐ大岳

下を見ても続々登ってくる。初めて見る佐渡の大きさにびっくり。越後駒、八海山、中ノ岳、巻機山、燧ヶ岳、日光白根山が美しい。
振り返ると日本海、佐渡が大きい

ついに頂上です。憧れの大雪庇。どれが青雲岳で、どれが袴岳?まぁ、いいか。
青雲岳と袴岳、よくわからない

守門大岳で記念写真。左から私、S嬢、Hさん
守門大岳で記念写真

頂上の人だかり。あまり縁に寄ると危ないよ、と言われて我に返る。
頂上は混雑

中津又岳の雪庇。下にHさんとS嬢の二人。比較すると雪庇の大きさが理解できる。迫力あるな・・・
初めてまじまじと見る粟ヶ岳も大きくて立派。これが有名な粟ヶ岳か。
中津又岳の雪庇

守門大岳と中津又岳の間のコルまで標高差50mを、3人で写真を撮りながら1本目を滑る。
1本目
1本目
1本目

守門大岳へ登り返して来る二人。
登り返し

中津又岳の尾根を滑るのもいいが、初めて来たのだからと登ってきた尾根を下ることにした。これも楽しそうだ。途中、保久礼小屋で埋めておいたゼリーを食べた。美味しかった。

休んでいると、中津又岳の尾根を滑ってきた人たちが、目の前のブナ林の疎林を小屋めがけて滑り降りてきた。ずいぶんギリギリまで尾根を滑ってきたものだ、と感心する。
2本目
2本目
2本目

滑り降りて『あぁ~疲れた。だけど楽しかった。守門よ又来るぞ!』
満足して車へ

車へ戻った後3人で守門温泉で汗を流す。500円。4月から600円になるそうだ。ここで皆さんと別れ一人埼玉の自宅に向う。一部高速を使い自宅に夜9時前に着いた。今回の遠征で走った距離は約760kmでした。
Hさん、Sさんのお写真も使わさせていただきました。有難うございました。Hさんのブログはこちら

GPS記録です。
守門GPS

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター