霧の塔から雁ヶ峰周回

3月31日、かぐらみつまたスキー場トップから中尾根の頭(1984m)、通称三角を経由して霧の塔(1992m)へハイクアップし、そこから雁ヶ峰を周回しスキー場で戻った。

本来は、黒岩ノ平を横切って雁ヶ峰を目指す予定だったが、霧の塔の北東に位置する無名ピークから北東へ伸びる無木立の尾根が素晴らしかったので、そこを滑り降りる。その先、よさそうなコースがいくつかあったが、今回は雁ヶ峰に並行する沢を滑り降りた。

1650mで沢からシールをつけて一気に20mほど登って雁ヶ峰の稜線に乗る。

そのままシール歩行で、雁ヶ峰(1667m)へ。

雁ヶ峰でシールを取り、重い湿雪の東斜面を慎重に滑って林道に出た。林道からゲレンデはすぐだった。

いろいろ観察した結果、雁ヶ峰への稜線を辿るスタンダード・ルートよりも面白そうなルートがいくつか見つかった。次回、トライしてみようと思う。

このコース、上部は50cmほどの降雪があったようで、まだまだ春スキーを楽しめそうだ。

↓稜線コースから雁ヶ峰を望む。
雁ヶ峰

9:30 かぐらスキー場トップ(第5ロマンス終点)
11:00 霧の塔(休憩)
12:40 雁ヶ峰
13:20 林道

レポートは本家サイトへアップしました。
スポンサーサイト
THEME:山スキー | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター