スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻機山 山スキー

3月20日(月)春分の日

昨日の平標山に引き続きの足慣らし山スキー。天気予報は、午前中曇り、午後晴れ間も出そう。ニセ巻機山(9合目)までの予定。

3連休なので大勢の方が来られてました。 7合目からシール+クトーで9合目へ。時々ホワイトアウトする状況でGPSを頼りにルートを修正。幸い周りに10数人おられるので心強い。

↓今日の巻機山は、こんな状況。



↓井戸の壁は、過ぎました。6合目付近。
makihata02_201703210840209e3.jpg

朝7時に歩き始め、9合目(ニセ巻機山)に10:20頃到着。広島の方とお話をする。せっかく来たので登頂したそう。
もう少し天候の回復が早ければ、私も先に進むのだが・・・・。他の方々は行く気満々だ。

3連休で帰りの道路が混みそう。残念だが、予定通り下山することに。
出だし足元が全く見えず、船酔い状態に。自分に対して斜面が流れるような感覚に襲われ、『すわ、雪崩か?』かと一瞬焦る。
空を見ると、青空が出ているように青く見えたりもした。しばらく、感覚が正常になるまでその位置で停止する。

視界が改善されたので下降を再開。登ってくる方を数人やり過ごしてその後は順調に下降し、7合目を過ぎると視界は劇的によくなった。ここから、思う存分スキーを愉しむ。ただ、途中で引き返したグループに斜面はだいぶ荒らされておりました。

↓標高1,400辺り、この辺りのスキーは最高でした。
makihata03_201703210840218c0.jpg

今日も無事下山しました。

↓下山後の巻機山。周りはだいぶ晴上ってきましたが巻機山の山頂は未だ雲の中。
makihata04_201703210840236f0.jpg

↓国道沿いの駐車の列
makihata05_20170321084024a5e.jpg

↓帰路車を止めて巻機山方面を写してみました。雲がだいぶ薄くなっている。広島の方、登頂されたかな?
makihata06_20170321084035bd2.jpg

また、来るからね巻機山
スポンサーサイト

平標山 山スキー

この前膝をひねってしまってしばらくスキーを控えていたが、どんな具合か実戦でチェックしてみることにした。
そこで天気予報は悪いが近場の平標山へGo!

3月19日(日)
火打峠の国道脇の退避スペースには、駐車規制のトラロープが張られていて、『ここは駐車場にあらず。それなりの対応をとる。』との看板。びっくりしたが、その代わり登山用の駐車場が除雪されていたのでそちらへ移動。

天気予報通り下の方は小雨、上の方は乾雪で風が強く、視界は乏しい。
今日も平元新道沿いの尾根を登る。標高1,740m辺りの稜線に出た。他の方々は当然頂上を目指しているが、私は計画通りここからスキーを愉しむ。本当は、山ノ家より南側にあるメローな尾根を滑りたかったのだがこの天気ではやむを得ない。
7:30 駐車場
10:30 稜線
11:10 駐車場帰着

肝心の足の具合だが、山スキーには全く支障がなかった。やれやれ安心した。


↓平元新道登山口の看板。積雪の記録にと撮影。

妙高前山 山スキー

3月1日(水)今日は妙高前山の滝沢尾根を滑る。 スキー場の機動力を借りてお手軽山スキーを計画した。
あまり下りすぎるとスキー場へ戻れなくなるので、標高1050m辺りを意識する。

結果ドンピシャでスノーブリッジを渡るが、それでもなにがしらの登り返しは避けられなかった。

(記録)
09:45 スキー場トップから登高開始
10:59 前山頂上着
11:30 前山頂上スタート
12:06 スキー場に戻る。

半日券の期限(13:00迄)まで時間があるのでゲレンデを流すが、それが良くなかった。気分のゆるみが、大転倒を引き起こす。
膝の靭帯を痛めたようだ。当分安静にして回復に努めるつもり。

↓朝の妙高山


↓前山頂上越しにどこやらの山。この辺なじみがないのでどこがどこやら全く分かりません。
myoko02.jpg

↓後ろには、ドドーんと妙高山のドーム。
myoko03.jpg

↓左に外輪山
myoko04.jpg

↓この時間に登ってきたのは、とりあえずこの三人。
myoko05.jpg

↓ここでスノーブリッジを渡る。
myoko07.jpg

↓GPS軌跡
myoko00.jpg

阿寺山 山スキー

2月28日(火)、今日は阿寺山標高1,506m。 

標高は低いが、登り始めが380mくらいなので標高差は大きい。しかもそのうえ、1,000m台地を挟んで前後に急斜面が続くので、今朝のように硬い斜面だと難関だ。実際、1,100mから1,250mにかけての尾根伝いは、クトーを着けていてもすんなり登らせてくれないので、ついに行き詰った。やむなく、前日以前の人たち同様一か所(約2,3m)だけ、スキーを外してツボ足で駆け上がった。

そうやって苦労して達した頂上は、期待通りに素晴らしかった。

そして下りのジャバミ沢、前日のと思われるトレースに荒らされてはいたが、存分に満喫することができて幸せだった。これこそ、山スキーの醍醐味。

最後は少し早めに切り上げてトラバース路へ移り、登りトレースに合流した。

下山すると広堀橋の駐車スペースには、私の車以外に3台の車が止まっていた。そのうち1台は間違いなく山スキー屋だと思うが、途中で人影には気がつかなかった。

(記録)
07:00 広堀橋スタート
09:00 1,000台地
10:47 頂上着
11:13 頂上発
11:43 広堀橋帰着

↓これから登る阿寺山
aderayama01.jpg

↓1,400m付近から八海山を望む。樹氷が美しい。
aderayama02.jpg

↓もうすぐ頂上
aderayama03.jpg

↓独り占めの頂上から中ノ岳
aderayama04.jpg

↓楽しかったジャバミ沢も独り占め。前日までのトレースが全くリセットされていないのが唯一つの不満。
aderayama05.jpg

↓下り(滑降)のGPS軌跡(登りは尾根沿い)
aderayama00.jpg

東谷山 山スキー

今日(2月27日月曜日)は、群馬のSさんをお誘いして、東谷山(1,554m)へ出かけてきた。

天気は、午前高曇り、下山後は完全に晴れてきて、狙い通り。おかげで稜線では低温で樹氷が美しく、硬い斜面に薄く積もった粉雪を楽しむことができた。

↓もうすぐ頂上。前を行くSさん。


↓頂上付近の樹氷が美しいです。これは私たちのトレース。
taira02.jpg

↓頂上から苗場方面を眺める。
taira03.jpg

↓お楽しみの南東斜面を滑るSさん。
taira04.jpg

taira05.jpg

taira06.jpg

最近、雪は多く降っておらず、前日までのトレースが完全にリセットされていないのが残念であった。

最後、国道17号線下の開渠をくぐり、貝掛温泉の退避スペースに停めた車に無事帰着した。 

プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。