鳥海山 湯の台ルート (山スキー)

2016年5月9日(月) 先月の八甲田の宿題になっていた鳥海山湯の台ルートにスキー担いで行って来た。

結果は、最高の天気に恵まれて極上のザラメ春スキーとなった。

湯の台からシールで稜線間際まで登れる唯一のルートを探りあてたような気がする。
GPS軌跡で確認すると、到達した稜線は伏拝岳2,120m辺りである。

車は荒木橋のカーブ一つ手前の標高845mに停めた。朝7時半で、5,6台の車があった。もう少し先へ進めると思ったがカーブにある雪にブロックされて、チャレンジしたがスタックしそうになりあきらめた。

シール登高開始できたのは、荒木橋を過ぎて3カーブ目の標高970m(滝とカーテンのような雪渓が見える地点)辺りであった。ここから車道をショートカットして夏は駐車場となる地点へ進んだ。初めての私だけならコース選定に迷うところだが、幸い同時に登り始めた岩手の方に教えてもらうことができ多謝(トーチェ)である。


↓鳥海山 登下降した斜面を帰途に撮影。(クリックして拡大)
chokai001.jpg


7:28 標高845mに車を止めて、スキーを担ぎ歩き始める。私の後に到着したけど、先に歩き出した岩手の方に追いつき、いろいろお話を伺う。昨日も偵察に来られたそうで頼もしい。

おかげでシール登高するベスト・ポイントを教えてもらう。

8:25 標高970m 荒木橋を過ぎて3カーブ目の標高970mから車道を離れ、シール登高開始。

↓このカーブからシール登高開始(滝が見える。右手の方向に登って行った。)
DSCF4181.jpg

9:30 標高1,200m。今は雪の下だが登山口の駐車場に到着した。

↓先行する岩手の方
DSCF4183.jpg

↓鳥海山を拡大。どのルートも途切れているように見える。ベストルートは見つかるかな?やや不安。
DSCF4184.jpg

↓駐車場にあるトイレ小屋
DSCF4185.jpg

10:30頃 標高1,500m 岩手の方はスキーを担いでソロバン尾根の左又は右側の雪をつないで稜線に立つ計画のようだ。私は、最初同行するつもりだったが、できるだけ高い位置までシール登高してスキーを愉しみたいので、残念だがここで別れた。

10:50 標高1,500m ほぼ稜線まで雪がつながっているルートを発見。先行者が3人いるのを見て意を強くした。

↓伏拝岳に至るルート(青線)
DSCF4187.jpg

12:42 ついに標高2,128mの稜線に出る。

途中の急傾斜に最初自信が無かったが、雪が緩んでいるのと念のため装着したスキー・クランポンのおかげで雪渓の最上部に到達できた。先行していた若者2人は途中からスキーで滑り降りてきたが、シニアスキーヤーが稜線まで行ってきたと教えてくれたので、励みになった。最後の数mはスキーをデポし、ハイマツを乗り越えて稜線に立った。

数年ぶりに新山を拝んだ。下を見ると千蛇谷を行きかう登山者が見えた。

↓新山
DSCF4192.jpg


↓御浜、鍋森方面
DSCF4193.jpg

登っている途中は暑かったが、稜線の風は冷たかった。早々に滑降準備して滑り降りる。登ってきた単独の男性スキーヤと言葉を交わす。少し標高を下げただけで、急に暑くなった。 上から下降ルートを再確認する(下の写真)。

↓湯の台口に至る滑降ルート(青線)
DSCF4194.jpg

14:20 一気に滑り降りて、車に戻った。

今年一番のハードワークだった(汗)が、その分とても楽しかった。鳥海山は、本当に良い山だ。


↓GPS軌跡
鳥海山



スポンサーサイト

八甲田 4月26日(火)


さて今日は最終日、天気は明日まで持ちそうだが、家に帰る頃合いだ。
有終の美は大岳環状で飾ろう。

酸ヶ湯温泉から時計回りで行くことにした。何故かは特に理由は無い。強いていえば、大岳の登りが容易そうだから。

↓酸ヶ湯温泉脇のこの斜面を何とかシールで登り切った。
hakkoda113_201605011802436e6.jpg

登るとしばらくは、標識と竹竿に導かれて、まったり気楽なハイクアップが続く。

↓左から赤倉岳、井戸岳、そして目的の大岳
hakkoda113.jpg

↓田茂萢岳
hakkoda114.jpg

↓井戸岳と大岳がさらに近づいてきた。
hakkoda115.jpg

最初のころ有った大岳周回の標識が見当たらず(たぶんないのだろう。)、もっぱら宮様ルートの標識を頼りに進む。№40の辺りでルンゼ状地形に入ったので、それを潮に宮様ルートを離脱し大岳に目標を定めた。

GPSを見ていると徐々に夏道に近づいており問題なし。

10:20 大岳ヒュッテ到着。ここからは竹竿が設置されていた。どこへ向かっているのかはわからないが、おそらく大岳周回ルート通り大岳と小岳の鞍部に向かって大岳の裾を巻いているものと推察した。興味はあるが、今日は行かない。大岳を登るのだ。

↓大岳ヒュッテ。背景は、井戸岳ということか。
hakkoda117.jpg


↓こちらが大岳。頂上手前で雪が途切れているように見える。
hakkoda118.jpg

11:23 シールで登って見ると、案の定雪が途切れていたが、ハイマツの上を板をはいたまま3mほど強行突破して頂上を踏んだ。申し訳ない。

↓頂上(左はお釜になっている。)
hakkoda119.jpg

大岳の頂上は、スケールこそ小さいが富士山のようなお釜になっており、雪が残っているので反対側のドロップポイントまでスキーで移動した。

↓頂上のお釜と、背景の小岳と高田大岳。一番奥は雛岳。
hakkoda120.jpg

一番のお楽しみは、大岳の南東斜面を滑ること。標高差は単純に250mほど有り、斜度も適度にあって楽しかったが、あっという間に終わった。

↓滑り降りた大岳の斜面
hakkoda122.jpg

11:50 仙人岱ヒュッテ

ここから今遠征最後のラン。けがをしないようゆっくり行こうと自分に言い聞かせる。

仙人岱からの周回ルートは出だし2通りあって途中で合流する。地獄湯ノ沢と尾根伝い。地獄湯ノ沢へ下って見たが狭い上に藪が絡み合い、そのうち雪が無くなってところどころ穴が開きゴーゴーと水が流れている。完全に行き詰まってしまった。

これはヤバイと急遽戻り尾根伝いに転進した。しばらくシラビソ(アオモリトドマツ)と格闘しながらルートを探っていると、竹竿のあるトレースにでた。この竹竿は仙人岱ヒュッテから続いていたのか、今となってはわからない。トレースに合流してからはゴール(薬師神社)まで標識も竹竿もあったので、反時計回りの方が良かったのかもしれない。

12:45 酸ヶ湯温泉そばの薬師神社鳥居に無事到着。

↓ここがゴール地点。右が大駐車場、左が酸ヶ湯温泉、そして遠くに大岳が見える。
hakkoda125.jpg

初めての八甲田スキー、大満足でした。新雪のころにも来られますように!

目次とGPS軌跡のページに移動

八甲田 4月25日(月)

今日はすいれん沼ルートを使って、硫黄岳、小岳の斜面を滑る予定。大岳は明日の楽しみに取っておく。

朝6時ごろ車を睡蓮沼登山道入り口の道路肩に停める。ここはすいれん沼ルートのスタート地点でもあり、バス停でもあるので左右方向に広めに除雪してある。

私が到着した時は他に1台居るのみだったが、戻ってきた時には10台以上に増えていた。それは、当然なことだ。ロープウェーを使うことを潔しとしない真のスキーツァー愛好家は、この辺りに集結するのだと、勝手に決めつけてみた。なんせ、北八甲田にも南八甲田にもアプローチには最適の場所なのだ。

6:43 出発、竹竿があるので安心。

↓左から硫黄岳(1360m)、大岳(1585m)、小岳(1478m)。小岳は、写真に見える中央の開けた南面を滑った。


まず、硫黄岳と大岳の間のコルから硫黄岳に登り、下の写真の中央やや左の斜面を滑る。

↓硫黄岳(8:00着)
hakkoda071.jpg


↓硫黄岳頂上から見た小岳(左)と高田大岳(右、1552m)
hakkoda074.jpg

硫黄岳の斜面を途中まで滑り、またツァーを続ける。

8:40 仙人岱ヒュッテに到着

大岳を見ると、私が硫黄岳にかまけている間に男性一人がスキーで取りついていた。かなり急斜面なので、気象条件によってはアイゼンも必要なところだが、今日はスキーで大丈夫だろう。

↓仙人岱ヒュッテ
hakkoda076.jpg

↓仙人岱ヒュッテから見る大岳
hakkoda077.jpg

↓こちらは小岳
hakkoda078.jpg

大岳の方を気にしつつ小岳に向かう。シラビソが密なので、右往左往する。

↓小岳への途中から大岳(左)と井戸岳、赤倉岳の山塊
hakkoda080.jpg

9:26 小岳山頂着。 雪が無いので、スキーは途中でデポしてきた。

↓小岳山頂で記念撮影(まだ誰も居ない。)
hakkoda085.jpg

↓こんなところを右往左往して南斜面への入り口を探す。写真のかなり左の方へ行った。
hakkoda087.jpg

幸運にもドロップポイントを見つけられて無事ツァールートに戻った。

10:00 すいれん沼入り口に帰着した。これから出発する人が大勢いたのでびっくりした。八甲田では機動力がフルに使えて、標高も高くないので、みなさんあくせくしておられないようだ。

スキー道具を片付けて車に積み、ロープウェー駅に向かう。

11:00 ロープウェーに乗車。 これから銅像ルートに向かうが、途中で登り返し、フォレストコースを下る計画である。なぜなら、今日は春スキーバスの運行が無いから。

銅像ルートといえば記憶に生々しいのが2007年2月14日の二人死亡した雪崩事故。その舞台が、前嶽(1252メートル)の北斜面。そこだけ自分の目で確認してみたいという強い思いがあった。

↓田茂萢岳の上にあるコース分岐標識。左が銅像ルート。
hakkoda093.jpg

まずは田茂萢沢源頭に滑り込む。ここを北に滑り降りるとフォレストコースに合流する。

↓田茂萢沢源頭
hakkoda094.jpg

そこから鳴沢台地の裾を巻くように前嶽との鞍部に上がって行く。 

↓前嶽が見えてきた。
hakkoda096.jpg

適当なところから前嶽に登る。出だしは結構な急斜面で条件が悪ければ雪崩もさもありなんという風情である。ただ、両側に樹林帯があるので、安全ルートは確保できると思う。

ここからは眼下に銅像茶屋が良く見える。

早速滑ってみた。 

↓上部が急なのがよくわかります。
hakkoda108.jpg

↓さらに下部
hakkoda105.jpg

↓この辺りでストップ。標高1,000m。
hakkoda102.jpg

銅像ルートの核心部である前嶽の斜面を確認したので、フォレストコースを使ってロープウェー駅に戻る。

14:00 ロープウェー駅帰着

目次とGPS軌跡のページに移動

八甲田 4月24日(日)


4月24日(日)

本日は最高のスキー日和。昨日までご一緒させていただいた千葉大OBの方々は、今日午前中が最終日で午後には青森に戻られるそうだ。ロープウェー山頂駅でお別れをした。ありがとうございました。Aさんがいないのが残念です。

今日は春スキーバスが運行される日なので、箒場岱へGO!

まずは始発で山頂駅へ、そこでバスの乗車券を購入した。ちなみに、下山してからバス停留所となる高原茶屋でも購入できる。

↓最高の天気。左から赤倉岳(1548m)、井戸岳(1550m)、大岳(1585m) 山頂駅脇より撮影。手前のピークはニセ田茂萢。


今回は途中まで標識と竹竿通り進んで見るつもりだ。

↓まずは田茂萢湿原を進む。
hakkoda034.jpg

宮様ルートと八甲田温泉ルートの分岐を標識通り宮様ルートへ進む。赤倉岳と井戸岳の西斜面をトラバースして「宮様25」と「宮様27」の間のルンゼ状地形でストップする。ここでスキーシールに換装し一路赤倉岳と井戸岳の鞍部を目指す。わかりやすいルートだ。

↓「宮様25」と「宮様27」の間のルンゼ状地形とは、この辺りかな?地形的には寒水沢の右俣といえるだろうか。
hakkoda037.jpg

↓だいぶ登ってきました。標高1,400m辺り。右上は井戸岳の方向。
hakkoda038.jpg

↓振り返ると南八甲田の山(櫛ヶ峰1517m、横岳)が見える。
hakkoda040.jpg

↓こちらは田茂萢岳が、ずいぶん低く見える。先ほどの分岐から直接ここに上がって来ても良いように見えるが、そんなことはないと勝手に思っている。
hakkoda041.jpg

↓ついに鞍部(1520m)に着きました。顔をのぞかせているのは、高田大岳(1552m)。
hakkoda042.jpg

天気も良いので少し写真を撮ったり、行動食を取ったりして時間を使う。高田大岳は、ずいぶん雪が少ないように見える。高田大岳への縦走は、あまり魅力が感じられないものとなった。

↓滑走開始。
hakkoda045.jpg

↓高田大岳、その先の雛岳の北斜面の裾を巻くように東へ進むと箒場岱に着くようだ。
hakkoda048.jpg

出だしからしばらく開けた適度な斜度の斜面が続くので、最高に楽しい。しかも下り一方で登りがほとんどない。結論を急ぐ必要はないが、八甲田で一番私好みのコースだと断言できる。

hakkoda050.jpg

↓見上げてみる。
hakkoda051.jpg


hakkoda052.jpg


hakkoda054.jpg


hakkoda057.jpg

11:25 田代高原、箒場岱に到着
最後まで何とか雪をつないでスキーを脱がずにゴールインできた。バスの予定は12時35分なので、高原茶屋でおでんを食べたり、目の前の草原で寝転んで見たりして時間をつぶした。

↓中央が井戸岳、右が赤倉岳。滑ったルートが目に浮かぶようだ。
hakkoda060.jpg

以上、私のルート探索が素晴らしいかの如き書きようで恐縮ですが、ご心配無用。標識と竹竿が緻密に配置されているので、道迷いの心配は全くありません。

目次とGPS軌跡のページに移動
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター