スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩見岳往復そして下山

2015年10月4日(日)

朝3時頃、ご夫婦が自炊しているので目が覚める。が、まだ惰眠をむさぼる。そのうち、その2人が小屋を出て行くのを夢うつつで送る。

4時頃発電機が動き出し、電灯が点く。皆いっせいに起きる。4時半まえには朝食の支度が終わり、私を除く残りの宿泊客は皆食堂へ向かう。私は朝食を食べずに出発する予定だ。荷物は、小屋にデポしサブザックの身軽ないでたちだ。

04:25 三伏峠小屋を出発する。 まだ、真っ暗なのでヘッデンを頼りに前へ進む。星空が美しい。ありがたいことに、昨日と異なり風が穏やかで、予想より暖かい。

05:25 本谷山(2,658m)を通過。本谷山に登る途中、後を振り返ると三伏山に後続の灯りが見えた。歩きやすい道なので暗くても安心だ。

本谷山を過ぎると、急激に周りが明るくなってくる。朝焼けがすばらしい。道は緩やかに下り始め、やがて権右衛門山の南面標高2,550m付近を暫らくトラバースする。そして最後ゴーロのような地形を直登し始めると塩見小屋も近い。この頃になるとシラビソの木々を透かして天狗岩が見え出す。

07:00 塩見小屋に到着。建替え中なので売店小屋以外は、規制線のロープが張られ立ち入ることはできない。早くも工事関係者が外で作業していた。

↓小屋のあるピークを過ぎると、遂に天狗岩が全貌を現す。 
siomi19.jpg

天狗岩を乗り越すところで一足早く小屋を出て行ったご夫婦とクロスする。いよいよ私も塩見岳の攻略にかかる。今日は昨日とは違い風が穏やかで暖かい。というか、ほとんど風は無いに等しい。

↓ここが一番の難所。崩れやすい急な岩場なので、砂礫に足を滑らせないよう気をつける。もちろん落石はご法度だけど前後に登山者がいないので、その点は気楽だ。黒いのは、塩見岳の影である。
siomi20.jpg

08:08 塩見岳(西峰3,047m)登頂

↓彼方に富士山
siomi21.jpg

↓荒川岳(悪沢岳、中岳、前岳)
siomi22.jpg

↓北の方角
siomi23_201510061420100c9.jpg

↓三伏峠小屋の方向
siomi24.jpg

頂上からの眺めを一通り楽しんだので、帰路を急ぐことにした。目的を達すると募るのが里心。早く埼玉へ帰りたい。

↓塩見小屋の一角。ここが営業していると、ずいぶん効率的な登山ができるのだが。欲を言えばテント場があると最高だ。
siomi25.jpg

↓三伏山から三伏峠小屋。今朝登ってきた日帰りの登山者が居た。
siomi26.jpg

↓塩見岳を見るのも(今日は)これが最後だ。再見!
siomi27.jpg

11:15 三伏峠小屋戻り。荷物を受け取り、コーヒーで一服して下山開始。

13:47 駐車場帰着。

↓駐車場から見る林道。易老渡と異なり明るい雰囲気だ。
siomi28.jpg

終わってみると、とても楽しい山歩きだった。

南アルプスを山スキーの対象として見られない為夏山も避けてきたが、今年聖岳と塩見岳で考えを改めた。来年も無雪期の南アルプスに通うつもりだ。まず盟主赤石岳は外せない。そして、可能なら間ノ岳と農鳥岳も行ってみたい。

記録:
 三伏峠小屋-塩見岳 3時間48分 サブザック
 塩見岳-三伏峠小屋 3時間4分
 三伏峠小屋-駐車場 2時間32分
 総行動時間 9時間22分
スポンサーサイト

小河内岳 2,802m

前回の光岳、聖岳が非常に良かったので、再び南アルプスの塩見岳に挑戦することにした。塩見小屋が建替え中で今年度中は営業していないため、三伏峠(さんぷくとうげ)小屋をベースに初日は小河内岳(おごうちだけ)を、2日目は塩見岳を往復してその日のうちに下山するという1泊2日の欲張りな計画をたてた。

2015年10月3日(土)
前夜、長野県大鹿村の鳥倉林道を走りゲート前の駐車場で車中泊した。既に10台ほどの車が止まっている。鳥倉林道は、前回の林道(便ヶ島)とは大違いの、走りやすい林道である。落石も少なく、道路の陥没もほとんど無い。

05:14 鳥倉林道駐車場を出発する。
ゲートを過ぎても暫らくは、舗装路が続く。45分ほど歩いて舗装が途切れると、程なくして登山口に到着した。

↓登山口
siomi01.jpg

下の写真のようなシラビソの森をジグザグに登る。総じて歩きやすい道だ。
間もなくして「三伏峠まで1/10標識」が現れた。この標識があるので、歩きのペースが掴みやすい。

siomi02.jpg

2,248mのピークを過ぎて北面をトラバースしていると「ほとけの清水」が現れた。昭文社の「山と高原地図」には「細い」と書かれているが、どうしてどうして十分な水量で、ここで2日間必要な飲料水を確保した。

↓ほとけの清水
siomi03.jpg

↓何箇所か桟道らしきものがある。これは滑りやすいので気をつけながら渡る。
siomi04.jpg

↓小屋まであと少しのところでこの景色が現れる。左が仙丈ヶ岳、右が甲斐駒ケ岳。
siomi05.jpg

08:40 三伏峠小屋に到着

siomi06.jpg

↓テント場
siomi07.jpg

09:00 小屋に荷物をデポし、小河内岳(2,802m)へ出発。

↓目の前には烏帽子岳
siomi08.jpg

9:46 烏帽子岳2,726m着

↓振り返ると三伏峠小屋、バックには中央アルプス。
siomi09.jpg

↓北側には、明日行く塩見岳、そして後方には仙丈ヶ岳、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳など。
siomi10.jpg

↓小河内岳へ行くには烏帽子岳を下り、えぐれたように見える断崖絶壁の縁を歩かなければならない。今にも崩落しそうで、これが非常に怖かった。しかも、この日は風が強かったのでなおさら恐怖を感じた。
siomi11.jpg

↓小河内岳への稜線
siomi12.jpg

↓更に近づく小河内岳。避難小屋が良く見える。
siomi13.jpg

↓立派な避難小屋だ。明日塩見岳でなければここに泊りたい。隣にトイレ小屋があったが、使用できないように板が打ち付けられていた。
siomi14.jpg

↓11:00 順番が逆になったが、私1人の小河内岳(2,802m)頂上
siomi15.jpg

↓南アルプスの雄雄しきメンバー達
siomi16.jpg

↓避難小屋と富士山
siomi17.jpg

↓荒川岳、いつか行きたい。
siomi18.jpg

満足したので、帰途に着く。途中、ハイマツの陽だまりで昼寝し、頃合を図って小屋に戻った。

14:00 三伏峠小屋戻り

夕方は冷えてきた。宿泊客は、9人。テントは、6張り程。私は、訳有って今夜は自炊。シュラフもあるので寝具を断ったが、管理人が寝具を用意してくれた。ありがたくつかわさせていただく。普段は飲まない日本酒を寝酒に飲み、ぐっすり眠る。おかげで暑かった。

さぁ、明日はいよいよ塩見岳だ。がんばるぞ!!

【記録】
登山口-小屋 約3時間30分休憩込み
小屋から小河内岳往復 正味3時間(休憩除く)
総行動時間 8時間46分

塩見岳と小河内岳

10月3日(土)、4日(日)と南アルプスへ行って来た。

天気も良くて最高の山歩きだった。

行程: 長野大鹿村鳥倉林道登山口-三伏峠小屋-烏帽子岳-小河内岳-三伏峠小屋(泊)-本谷山-塩見岳-三伏峠小屋-鳥倉林道登山口戻り

↓烏帽子岳(2,726m)から見た小河内岳(2,802m、山頂の東側に避難小屋が見える。)
小河内岳


↓塩見岳(3,047m、背景の山は、左から甲斐駒、北岳、間ノ岳)
塩見岳
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。