富士山 須走口 山スキー

5月31日(土)、今年の富士山は雪が多いという。富士吉田の天気予報を見ていると、気温も上がってきているので、そろそろかなと思い、偵察に出かけた。

いつも雪渓に上がる標高2,400mは、下の写真のように切れ切れの雪渓ではなく、厚い雪が沢を埋めている。しかも、ほとんどの落石が5~10cm表面から下へ落ち込んでいるので、スキーをするには好条件だ。

ただ、この日の天気は気まぐれ。朝、頂上には傘雲がかかり、時々風に吹かれて消えたりするので期待したが、頂上へ着くと同時にあたり一面はガスに覆われた。一時待つことも考えたが寒いので、登ってきたルートを下ることにした。雪面状態は誠に良好なのだが、なにせ視界が無い。ヒョウも降ってきた。とにかくGPS片手に、広大な斜面を須走口方向へ、手探りで降りた。標高2,800m辺りに下りて来てやっと視界が晴れると、周りに大勢のスキーヤーが、待機しているのが見えた。なんせこの下は岩稜が多く、コースを誤ると、とんでもない方へ連れて行かれることになる。幸い、GPSもあるし視界もあるので、なんなく下山できたが、駐車場から見上げる頂上付近は無情にも晴れていた。

レポートは、こちらです。

↓標高2,400m付近から頂上を見上げる。
fujisan0530 007
スポンサーサイト
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター