スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑓温泉、不帰ノ嶮周回

8月10日(土)、11日(日) と猿倉から入山し、鑓温泉経由で天狗山荘(テント泊)、不帰キレット、不帰ノ嶮、唐松岳と回り、白馬八方へ下山した。

白馬鑓ヶ岳と天狗山荘のある稜線は、ガスに包まれて1日中風が強かった。風も夜通し吹いてテントがバタバタ言う。翌日、期待した雲も取れず憂鬱な気分で天狗山荘を出発したが、下界の猛暑とは無縁に、寒いぐらいに涼しかったのが救いだった。

不帰ノ嶮を往来する登山者は多くは無く、おかげで渋滞に巻き込まれず標準タイム5時間のところ3時間半で唐松岳に到着した。dルンゼを偵察するつもりが、三峰をスキップしていきなり唐松岳頂上に到達したため、荷を頂上に置いてdルンゼまで戻る始末だった。

唐松岳まで足の速い若い女性二人組みと追いつ追われつの状態だったので、楽しかった。もちろん会話も交わしたが、一人は最近山スキーを始めたという。

唐松岳からは、『半沢直樹』を見るため猛スピードで下山した。唐松岳からは急に登山者が増えだし、唐松山荘をまわって八方尾根を下りだすと、みるみる登山者が増えだし列を成している。それにつれて天候も急激に回復し、山の稜線が晴れ渡ってきた。丸山ケルンの手前のピークからは、唐松岳、不帰ノ嶮、天狗ノ頭、白馬鑓ヶ岳、杓子岳がくっきりみえる。白馬岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳はまだ雲の中だった。

登山者と観光客を掻き分けるように下り、12時には麓の白馬八方村に下山した。おかげで、TBS『半沢直樹』に間に合った。

8月10日(土)
5:51 猿倉 
7:42 小日向のコル
9:40 鑓温泉
12:56 標高2776mの稜線分岐
13:20 天狗山荘(テント泊)

8月11日(日)
5:30 天狗山荘テント場発
6:50 不帰キレット
9:00 唐松岳
10:05 丸山ケルン
11:35 八方池山荘

レポートは、こちらです。

↓鑓温泉の下に広がる雪渓を登る(アイゼン不使用)
鑓温泉沢

スポンサーサイト

袈裟丸山

7月31日 折場登山口から群馬-栃木県境の後袈裟丸山(1908m)を往復した。

ルート:折場登山口-ツツジ平-賽の河原-小丸山-前袈裟丸山(1878m)-後袈裟丸山 往復

ヤシオツツジ、シャクナゲで有名な袈裟丸山も、この時期の平日ともなれば静かなものだ。しかも不安定な天気が続いている。結局、山中でお会いした方は、一人だけ。

国道122号を沢入で左折し林道小中西山線を折場登山口へ向かった。下山後、車を更に先へ進め小中で122号へ出たが、折場-大滝間は落石が多く郡界尾根登山口の偵察をあきらめた。

前袈裟丸山から後袈裟丸山の区間は、八反張りの崩壊を理由に通行禁止になっているが、それほどのことは無い。但し、鎖を支える支柱が抜けかけているので全体重を預けないこと、笹薮になっているので雨具が無いと全身が濡れる。

レポートはこちら

↓小丸山から
袈裟丸山
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。