スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山 お鉢巡り

6月18日(火)今シーズン初めての山歩きは、富士山のお鉢巡り、本来は「お八巡り」であったそうな。富士山の山開き以降は、ものすごい人出が予想されるので、梅雨の合間を狙って強行した。狙い通り雲は多めだが視界はクリヤーで、涼しくて、静かで反ってよかったぐらい。

さすがにスキーができそうなところは吉田大沢以外なさそうだ。その吉田大沢にしても直接目で確認したわけではないが、快適にスキーができそうなのはほんの少しだろうと思う。前方にスキー担いでいる2人を確認したが、頂上ではスキーを置いて偵察に行ったのか話は聞けなかった。

今日のお目当ては「釈迦の割石」(下の写真)、白山岳の西隣にある。お鉢巡りをしているとこのようには見えない。このように見えるのは、設定されたコースを外れて外輪を歩いた時だけで、何を隠そう、この位置が「白草ながし」のドロップポイントなのだ。

それにしても山歩きは、特に下りは、足に辛い。スキーは、いかに下りが楽かを思い知らされた。

詳細レポートは、こちらです。

↓釈迦の割石(左が白草流し、右がお釜方向)
釈迦の割石実物
スポンサーサイト

富士山 白草流し 山スキー

6月1日(土) また、富士山へ行ってきた。私にとっては近くて良い山だと、恥ずかしながら最近認識した。
北アルプス行くことを考えたら、本当に近くて便利。来シーズンは、富士山や群馬・新潟県境の山を重点的に再訪しようかとさえ考えている。

本題の白草流しだけど、北面だからもっと雪があるだろうと思ったら、こちらも須走以上に雪が少ない。その上、良く偵察もせず登ったので、損をした。

今日は3,100mで折り返し、2,600mまでスキーで滑ったが、2ヶ所も雪の途切れた区間をルートに選ぶ、お粗末な山行きになってしまった。もう少し偵察位置を変えれば、溝の中にかなり残雪があって、かなり下まで続いているのがわかったはずだ。上部へ登って初めてわかったが、スニーカーを途中にデポしてきたので、泣く泣く往路を下った。

今回は偵察と割り切れば、なかなか得るものがあった。来シーズンが楽しみだ。

レポートはこちら

↓正面が白草流し、左が大流し(御庭から撮影)
本白草流し
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。