バーグハウス(Berghaus)のバックパック、TOUR35

先日の概要紹介に対して具体的な仕様を紹介してみたい。

先にお断りいたしますが、メーカー/販売店とは何の縁もございません。知りたい人がもし居たらと思いアップします。

スキーキャリーループスキーキャリーループ:
貧弱そうですが、幅140cmぐらいまでの板ならぎりぎり納まりそうです。

バックパネルアクセスバックパネルアクセス:
背中側を開いて主室の物を出し入れできる。
両側の白く見える筒にプローブやショベルのシャフトが収納できる。
バックパネルの白い幅広のポケットにはプラティパスのような水容器やショベルを収納する。
ヒップベルトポケットヒップベルトポケット:
説明不要


雨蓋トップカバー(雨蓋、リッド):
ポケットあり


雨蓋内ポケット雨蓋内ポケット:
ポケットと、
SOSインストラクションズ(後述)

ストラップ・ループストラップ・ループ:
雨蓋上の汎用ループ


ハイドレーション・チューブ穴ハイドレーション・チューブ通し穴:
説明不要
凍結防止スリーブは無い。

各種ストリング・ループ各種ストリング・ループ:
前面の各種ストリング・ループを利用して自作ストリングを2つ付けてみた。


SOS InstructionSOS手順書:
欧米、オセアニアで通用する緊急時救助信号の説明。
ヘリが来たからといって無意味に手を振ると遭難者と間違われるかも。
海外へスキーに行くときは役立ちそう。
ホィッスルホィッスル:

チェスト(胸)ベルトについている(緊急時用)ホィッスル



2012.4.18追記
オートルート(4/5-4/17)に持参したが、とても使い勝手が良く買ってよかったと実感した。特に、良かった点;
①軽い、②バックパネルアクセス・ジッパーの開閉が寒くてもストレス無くスムーズに開閉できた。

今回は、チェスト・ベルトに付いたホィッスルを吹く機会があったが、意外と高音であった。
スポンサーサイト

バックカントリー・スキーツァー用バックパック

容量35Lの山スキー用バックパックを初めて買ってみた。

体力は無いけれど滑りを楽しみたい私は、専ら軽量装備で"日帰り"を主体にしてきた。だから、私の山スキーにはオスプレイ(OSPREY)のスイッチ(Swith)25で十分だった。たまに営業小屋泊りの時は、スイッチ25にサブザックを括りつけて済ませてきた。

今シーズン考えるところがあって、35~40Lクラスのバックパックを購入することにした。私の条件は、"最低限の仕様で軽量なこと"。OSPREYのCODE38は至れり尽くせりの仕様だが、少し重過ぎる(約1.5kg)と思った。

そんな時、たまたまのぞいた浦和パルコ内の好日山荘で一目ぼれして購入したのが、これ!

市場には有名ブランド数多く有れど、Berghaus(バーグハウス、英国のメーカー)はこれまで聞いたことがなかった。しかし、そんなことは関係なかった。

商品名:Berghaus Tour35

【主な仕様】
容量:35L
サイズ:高さ63×幅31×奥行き25cm
重量:1.11kg
定価:15,400円
pack 010フロント:
トップアクセス(top access)
アイスアックス用ループと固定用ベルクロテープ(各2)
中央のファスナーが付いたポケットは何に使いましょう。
pack 007サイド:
スキーキャリーループ
コンプレッションベルト
pack 012バック:
バックアクセス
雪の付きにくい背面パッド



バーグハウスTOUR35は、スキーヤーたる私にとって"必要にして十分な仕様"との好印象を与えた。

軽い分耐久性に劣るかも知れないが、覚悟して大事に使うつもりだ。使用頻度は少ないはずなので、なんとかなるでしょう。

あまり知られていない製品なので(私だけの思い込みかな?)、別途細かい仕様について書き込んでみます。
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター