私初めてのTECH兼用靴はこれ!GARMONT HELIX M’s

TECH Bindingを決める時はあれほど熟考したのに、それ用の靴はあっさり決めてしまった。

一時はDynafit TLT5に執心したのだが、構造の複雑さに一抹の不安を感じ、石井スポーツ主催のカスタム スキー フェアーで見た「Garmont Helix M’s」に一目ぼれした。TLT5のようなRace & Speed Touring製品には重量でとてもかなわないが、これらの靴は保温性や何かを犠牲にしているはず。そう考えると、悩まず方向転換できた。

Helix(へリックス)は鮮やかな緑色で、手にした瞬間、他の3-バックル靴と比較して「軽い」と感じた。2009-2010 ModelのHeliumをベースに、新しい素材を使い、Tongue(ベロ)を廃止するなどの変更を加えたらしい。低温でも硬くならず足入れが容易だと店の者は強調していたが、私自身はやや疑いのまなこ。

実際に足入れをした印象では、ゲレンデの高速スキーでも十分な剛性がありそうだし、いったん歩行モードにすると今私が履いている靴、Garmont G-Lite G-Fitよりも可動域が広い。なによりもデザインが気に入った。

早速、予約した。

↓Garmontの新製品、Helix M's(へリックス男性用)


以上、スキーブーツに関しては長い間慣れ親しんだGarmontの3バックル靴を選択するという超保守的行動に出てしまった。後で後悔するかな・・・、TLT5いいな~。

いや、やはりTLT5のような先進的ブーツは、もっと歳とってから考えま~す。おぃおぃ、いつまでやる気だって(^_^;

参考-仕様比較(メーカー・カタログ値)
MakerGarmontGarmontDynafit
品名Helix M's旧model HeliumTLT5 Mountain
重量(27cm片側)約1,600g(推定)約1,775g約1,065g
フレックス11011090
価格(税込)81,90088,20089,250


↓Dynafit TLT5 Mountain
tlt5-mountain.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター