スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月16日(日)白馬鑓ヶ岳、鑓温泉まったりスキーツアー

この時期定番のルートですが、白馬鑓ヶ岳(やりがだけ)の標高2,040mに位置する鑓温泉(やりおんせん)に入って帰ってくるという、マッタリツアーをEVA父さんと二人で楽しんできました。痛めた足もなんとかもち、違和感は残るもののスキーには支障がなく自信がつきました。

白馬村の猿倉に車を置き、そこからスキーで猿倉台地、小日向のコル、いったん下って湯の入沢源頭、また登って鑓温泉、大井出原、そして夏道分岐のある稜線(2770m)でハイクアップ終了。今日は山頂(2903m)へは行きません。

12時に稜線をドロップして鑓温泉へ向かうと、既に大勢の方が入っていました。女性の方もいます。もちろん、水着ですが。お湯が熱いと言って、男性がフルチンで周りの雪壁をスコップでくずして風呂へ投げ入れている図は、鑓温泉まで登って来られる方だけが見ることができる、この時期ならではの珍風景です。

鑓温泉に着くと、既にミンゴ先生が居りました。実はミンゴ先生、白馬鑓ヶ岳中央ルンゼという難コースを無事滑り降りてきたのです。これは、山スキーヤーの勲章でしょうか。おめでとうございます。

私は、挑戦する気まったくないですわ(汗)

この日は、こばさん達の大グループも来ておりまして、温泉の周りは大賑わいでした。本当に、この雰囲気、リラックスできて最高ですね

norikura.jpg


午後1時半ごろ、ミンゴ先生と一緒に下山開始。他の方々も、どんどん滑り降りていきます。

無事猿倉の駐車場まで戻って、そこで解散。皆さん、楽しい二日間をどうもありがとうございました。来年も来られるといいな。

レポは、後日本家サイトへアップします。
スポンサーサイト

5月15日(土)乗鞍岳春スキー

最近私の中では恒例の乗鞍岳春スキーに行ってきました。

乗鞍高原の先、三本滝駐車場からバスに揺られ位ヶ原山荘、そこから頂上の剣ヶ峰(3,025m)までハイクアップです。快晴の下、汗をかきかき登りましたが、穂高岳、白山、御嶽山等、雄大な山々がお出迎えしてくれると、いやがうえにもテンションは上がり、これぞ春スキーの醍醐味だと悦に入るのでした。

春は、この緊張感ゆるみっぱなしのスキーがいいな

メンバーはEVA父さんミンゴ先生恒さんたかやさん、私の5人。

このメンバーがおとなしく剣ヶ峰からツアーコースを滑り降りるわけがなく、二手に分かれて再度合流し、ツアーコースを下ってフィナーレとしたのでした。

レポは、後日本家サイトへアップします。


プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。