山スキー、白馬岳 大雪渓滑降

【期日】’07年5月27日(日)
【天候】晴、山は強風
【メンバー】単独
【コース】猿倉駐車場530→大雪渓→1020 標高約2500mで敗退 1140駐車場着 総行動時間 6時間10分
【装備】サロモンVerse7 160cm、ディアミールFR、ガルモントGライドG-fit、

今シーズンの滑り納めにと昨日の針の木マヤクボ沢に続き白馬大雪渓を選んだ。猿倉の駐車場でEVA父さん、友人の社長さん3人で小宴会。空は澄み渡り金星が瞬く。白馬岳の稜線が紺碧の空を背景にくっきり。明日は良い天気だと、勝手に確信する。夜8時各自の車に戻って就寝。

5:30 駐車場を一人で出発。彼の二人は、もう鑓ヶ岳へ向けて出発したらしい。4度目の挑戦が実ると良いが。新緑の林道をスキーをザックにくくりつけ兼用靴で歩く。ピッケルは持たず、シールとアイゼンを持参。クトーもザックの底に忍ばせた。白馬岳頂上は、期待に反し暗雲に覆われている。

6:45 1550m 白馬尻付近通過。金山沢出合を過ぎた辺り(1400m)から雪渓に降りてツボ足登高をしてきた。1500m辺りで右岸の台地に上がったのを機にシール登高に切り替えた。山スキーヤ-の一団が一緒に進むので、気楽だ。雪面は小石と泥と木の枝に覆われているが、昨日の針の木雪渓よりはマシだ。


sirouma01.jpg
金山沢出合の少し上で雪渓に降りる。



sirouma02.jpg
白馬尻付近

7:45 1900m 2号雪渓出合。猿倉を5時半前後に出発した一団が進む。中ほどに出発した自分だが、この辺に来ると多くの人に抜かれて、ほとんど最後尾になってしまった。先端は、石室付近の急斜面にかかっている。シールで登高を試みる人もいるが、様子を見ていた後続はツボ足にに集約された。先行する連中が余り休憩を取らないので、私も休憩をとりそこなったが脚が重く、心臓は一杯一杯だった。結局、最後尾になって頑張る理由が無くなったのが良かった。

8:00 2000m 露出した岩で思いっきり休むと、何故か妙に体力が回復し、脚も軽くなった。それとともにスピードが上がったので、先行集団を追う。彼らはほとんどツボ足で急斜面へ取り付いている。

sirouma03.jpg
白馬大雪渓の核心部を行く

8:50 2200m 急斜面の取り付き地点に到達。シールからツボ足に切り替える。私が最後尾みたいなもので気楽だ。斜面は緩んでいるのでアイゼンは付けなくても登れるが、体が浮きそうになるくらいの突風が時々襲うので慎重に登る。途中で、最初の一団が滑り降りてくる。


sirouma04.jpg
大雪渓上の急斜面を第一陣が滑り降りてくる。

10:20 2500m 急斜面を乗り切ったが、風がますます強くなり、突風が襲ってくる。ザラメがヒョウの様に襲ってくるので目を開けられない。視界も無いので、ほとんどのスキーヤーがこの辺りであきらめて引き返していく。私も大きな岩の陰へ退避しシールを剥がし、スキーを装着する。風が強いのでこの一連の作業も大変だ。手袋をすっかり濡らしてしまった。オーバーグローブを持参しているが、使い方が下手だった。これでは厳冬期なら凍傷になっちゃうよ。

10:30 長居は無用。急斜面へ飛び込むと、気持ちよいくらいエッジが効く。斜面に正対し、スピードをコントロールして落ちていく。直ぐ、視界が晴れ大雪渓を第2陣が登ってくるのが見えた。左側を岩稜に沿って滑り降り、切れた辺りで左へ回り込む。主稜の下の広い斜面を滑り大雪渓に合流する。後は、きれいな斜面を拾いながら金山沢出合近くまで滑り降りて今日のスキーを終了した。いや、今シーズンのスキーを終了した。林道に登ると傍にいた男性に『そんな良い板をもったいない』と、言われたことが印象的だった。傷ついてもいいような板を用意すべきかな。

11:40 40分程歩いて猿倉の駐車場に戻る。鑓ヶ岳へ向かった二人はまだ戻っていない。ゆっくり、身支度してコーヒーなど飲んで時間をつぶしてみるが、それも限度がある。残念だが、一足先に帰宅することにした。今日の立ち寄り湯は、八方村の第一郷の湯(さとのゆ)、500円。少し狭いが、貸切だった。(完)
スポンサーサイト

針ノ木岳 マヤクボ沢滑降

【期日】’07年5月26日(土)
【天候】晴、山は強風
【メンバー】単独
【コース】扇沢駐車場730→820蓮華大沢出合→1030マヤクボ沢出合→1210マヤクボのコル 往復 1400駐車場着 総行動時間 6時間30分

扇沢の無料駐車場で車中泊。6時起床。針ノ木雪渓へ行きそうな人を探すが、ザックにスキーをくくりつけて明らかに針ノ木行きと思える人皆無。皆スキー手持ちで扇沢駅へ向かう。軟弱な私は戦意喪失して車の中でふて寝する。7時天の助け、一人針ノ木へ向かう人が現れる。その人にはマヤクボ沢の出合で追いつき、下山時一緒に滑ることになったが、後でEVA父さんと教えていただいた。結局、本日午前中山スキーで針の木雪渓に入ったのは、二人だけだった。

7:30 関電のゲート脇の登山道から林道を歩き始め、その後作業道へ入る。1500mで左岸から右岸へ渡り砂防ダムを越えて上流へ進む。


harinoki01_20150423151632eee.jpg
左の作業道へ入る。

8:20 大沢小屋手前の堰堤を乗越える(約1600m)。この辺りから雪がつながっている。しかし雪面は最悪でシールを付ける気にならずツボ足を続行。一面のデブリランドで表面は小石と泥と木屑に覆われている。先行者は、山スキー一人、登山者三人パーティと単独の男性、計5名。


harinoki02_20150423151633534.jpg
大沢小屋付近。針の木岳が見えてくる。

10:30 マヤクボ沢出合(2200m)。登山者3人パーティは出合に着く前に何故か下山していった。先行していた男性二人に追いつき3人で情報交換する。更にもう一名男性が上がって来たが、手前で右折しマヤクボ沢を直登していった。皆、いわゆる中高年世代、元気だね。ここで、二人と別れマヤクボ沢へ向かう。

harinoki03_20150423151634a7d.jpg
マヤクボ沢出合



harinoki09.jpg
針の木雪渓を登る私、背景は黄砂に霞む爺ヶ岳

時々強風が吹く中マヤクボ沢の右側を先行者男性のトレースを使いツボ足で登る。広い斜面に二人だけ。さすがこの斜面はきれいだ。帰りが楽しみだな。かなりの急斜面だが、雪が緩んでいるので、アイゼン無しで登る。空は晴れているので針の木岳の頂上と稜線のトラバース路が見える。針の木峠の方には、先ほど別れた二人が登っていくのが見える。やけにゆっくりに見える。向うからも私がのろのろ登っていくのが見えるだろうな。マヤクボ沢のカール全体が見渡せる位置(2600m)に来た。もちろんシュプールは無いが、広くて楽しそう。カールの底は岩が露出しているが、上から見て左側(我々が登ってきたところ)は、広くて十分雪が付いている。先行する男性も同世代だが、休まず登っていくので、追いつけない。針の木峠へ向かった二人は、峠に着いたのか見えなくなった。


harinoki04_20150423151634f57.jpg
harinoki05_20150423151632744.jpg
左:針の木峠へ向かう二人、右:マヤクボ沢の斜面と針の木岳(クリックで拡大)



harinoki10.jpg
マヤクボ沢を登る私(クリックするとわかります)

12:10 マヤクボのコルへ到着(2680m)。終始ツボ足で登り上げた。先行の男性はいない。頂上へ向かったのか?針の木岳の岩稜が目の前に聳えているが頂上に興味が無いし、強風なのであっさりここから下ることにした。これが単独行の良いところ。

立山の方を見て愕然。今日は予報では晴れのはずが、立山は黒い雲に覆われている。風が強く、これから天候が悪化に向かうことが容易に想像できた。爺ヶ岳は、なにやら朧月夜のようにボーとしている。あとで知ったことだが、黄砂が飛んでいたらしい。ここからは角度の関係で鹿島槍は見えなかった。急いで岩の陰でおにぎり1個を食べ、スキーの準備をする。他の方の滑降記録を読むと、頂上から峠側に少し下ったところからドロップするらしい。たしかに面白そうだが、この強風では次回の楽しみに取っておこう。ここからでも十分楽しめそうだ。


harinoki06_2015042315164992b.jpg
harinoki07.jpg
左:立山方面は黒い雲に覆われている。 右:針の木岳頂上

12:40 コルをスキーで出発。自慢するわけではないが、このぐらいの急斜面なんともない。ターンをする度に大きな雪球が後から追いかけてくる。直径が20cm以上になるやつもある。少しづつ移動してやり過ごす。楽しい!!気持ちいい!!まさに山スキーの醍醐味だ、と心の中で叫ぶ。私は、カールの底には向かわず、上から見て左の登ってきた斜面を下る。悪い癖で一気に下るのが私の滑降パターン。本来なら、カールの底で日向ぼっこしながら昼食が理想だが。登山者が二人上ってくるのが見えた。


harinoki08.jpg
奥:蓮華岳、中:針ノ木峠、手前:マヤクボのカール(クリックで拡大)

13:00 マヤクボ沢の出合がもう直ぐという斜面で、先ほど針の木峠へ向かった山スキーヤーが滑ってきて下で止まっているのが見えた。待っていてくれるように思えたので、余り待たせてはいけないと思い、気合を入れて滑る。脇に滑り降り挨拶をする。不思議なもので、同年代で山スキーをするというだけで、なにか昔からの知り合いのように話ができる。愛好者が少ないから余計なのかもしれない。その上、今日私以外の唯一人の山スキーヤーだ。以降、一緒に滑る。出合から下は、スキー板を大事にする人なら躊躇する斜面だ。デブリが溶けて凸凹の一大斜面を作っている。しかも汚ない。これじや誰も来ないはずだ。二人で、できるだけきれいな斜面を選んで滑る。いきおい右岸を滑ることが多くなった。この方は、歳を感じさせないスムーズな滑りをする、力強さより滑らかさ、体の柔軟性を感じる。たいしたものだ。大沢小屋の少し下まで滑ってスキーはお終い。スキーを担いで、二人でおしゃべりしながら作業道沿いに駐車場へ向かう。互いに名前を知る山スキーMLメンバーの話などで盛り上がる。

14:00 扇沢の駐車場に到着。着替えて薬師の湯へ向かう。もう一人の山スキーヤーは、明日白馬へ転戦し後から来る友人と今年4度目の白馬鑓ヶ岳へ挑戦するそうだ。ぬるま湯の薬師の湯は、スポーツ疲れの筋肉をほぐすには最適だ。自宅へ帰るつもりが筋力が回復し、白馬へ転戦する気力が湧いてきた。彼に同行し猿倉へ移動だ。(完)


追記:念願の針の木雪渓、それもマヤクボ沢を滑れて大変満足でした。私の肩を押してくれたもう一人の山スキーヤーに感謝。写真も戴いたものを使用しました。

おまけ:二人で下山中、林道で二人の年配者が上がってくるのに遭遇した。遅い時間帯に上がってくるので怪訝に思ったこともあるが、その内の一人が相当の年配者だったにもかかわらずかくしゃくとし、スキーを担いでいるから思わず声をかけた。やはり、小屋に泊るらしく小屋番を呼んであるそうだ。ということは、地元の人だ。そして私は思わず『失礼ですが何歳ですか?』と口走り『80です』と聞いて驚いた。何か自信をもらったような気がして嬉しかった。

富士山 富士宮口滑降 山スキー

【期日】 ’07年5月20日(日)
【天候】晴
【メンバー】Sさん、私の二人
【コース】富士宮口新五合目駐車場540→900八合目→1100九合五勺目→1200頂上 往復→1530新五合目駐車場 総行動時間 9時間50分

私の富士山スキー滑降初体験記です。自分が富士山(3776m)を滑るなんて山スキーを始めるまで考えたことも無かったが、群馬のSさんのお誘いで実現しました。高度順応の為、前日明るいうちに新五合目の駐車場(2400m)に入り車中泊。すでの多くのスキーヤー、ボーダー、登山者がいる。夜、静岡側の夜景がきれいだった。

下は、前日麓のスカイライン西臼塚駐車場から撮った写真。「P」が富士宮口新五合目駐車場で、頂上から宝永山へ至る右の稜線の少し内側が今回滑ったコースである。Sさん曰く前回来た時より雪が多いそうな。来年の比較のために撮ったが、その目的のためなら同じスカイラインの水ヶ塚駐車場の方が角度的に良いようだ。富士山といえば富士吉田口しか知らない私は、帰りに水ヶ塚を通って気が付いたが、その時は雲に邪魔され写真は撮れなかった。


fujisan02_2015042315083674e.jpg
右の赤破線を滑降、上空は風が強そう

5:40頃 準備して出発。スキー靴はスキーに装着しそのままザックに括り付ける。足元はスニーカー。シールとクトーは持参。ピッケルは置いて出た。結果的には、シール、クトーは不要。ストックがあるのでピッケルも不要、兼用靴の人と登高スピードは変らないのでスニーカーも不要というのが私の結論。一方ヘルメットは安全の為有ったほうが良いと感じた。今日は登山者も含め100名を下らない人達が入山したのではないだろうか。

六合目(2590m)くらいまでは露出した夏道を行く。正確ではないが七合目(3030m)で兼用靴に変更。八合目(3250m)でアイゼンを装着、そんな感じ。硬くパックされた雪面にアイゼンが小気味よく効く。どちらかというと我々は先頭集団で、下を見ると後続部隊が次から次と登ってくる。宝永山の下には雲海が広がりつつあった。八合目から先は傾斜が増し苦しかった。50歩上がって呼吸を整える、その繰り返し。Sさんから少しづつ置いていかれる。

fujisan03_2015042315083601c.jpg
八合目付近、先行する集団とSさん(右)

fujisan07_201504231508483c9.jpg


10:30頃 九合目(3410m)付近通過。広大な斜面が続く。クラストした表面が先行者に破壊され、パラパラと時にはザーと言って流れ落ちてくる。石が混ざっていては大変と神経を使うが、それは杞憂に終わった。ふと左の稜線を見ると、他の一団が列をなしてその背景に雲海が広がっているので、思わずパチリ。それが下の写真。この美しさと雄大さは、この時期登ったものしか味わえない特権では。


fujisan04_20150423150837786.jpg
九合目付近

11:00 九合五勺(3550m)付近通過。いったん傾斜が緩んだので思いっきり休憩。頂上が見えているが、ここから傾斜は一層増し、まだまだかかりそうだ。私は馬力不足を露呈し50歩も歩けない、約40歩毎に呼吸を整える始末。しかも雪が緩みグズグズで歩きづらい。



fujisan05_20150423150837c98.jpg
もうすぐ九合五勺、頂上小屋が見えている。

12:00 ついに強風下(北風)の頂上(浅間大社奥宮、3710m)に到着。風がしのげる位置にザックを下ろし、二人で健闘を分かち合い記念写真。最高位置は、剣ヶ峰だ。Sさんには剣ヶ峰からお釜を滑るという課題があったので、一人で剣ヶ峰へ向かった。気温が低く強風が吹いているので、初めての私は待機することにした。

お釜を見渡すと、富士吉田、須走口側の火口は断崖絶壁になっており、スキーで滑り下りれそうなのはこの剣ヶ峰しかない。それもかなりの急斜面で、この気温と風では表面がかなり硬いことが予想された。しかも、お釜の底まで滑ってしまうと登り返しが大変そうだ。実際、底まで滑った人はいないようだ。見ていると、ヘルメットを被った一団が挑戦していた。Sさんも挑戦したようだが、強風の為建物の影へ退避して目を離している間に滑ってしまったようだ。確認できなかったので心配になり、お釜の中を覗き込みに行くと、Sさんがいるので一安心した。無事お釜から上がってきたSさんを迎え即下山準備に取り掛かる。

(後日談: デジカメのモードがムービーになっていることに気づかず、頂上以降写真が無い。その代わり、映像は中途半端だが風の音がやたら迫力のあるショート ムービーが残された。再発防止策として、モード切替ダイヤルにテープを張って誤操作できないようにした。)


fujisan06_20150423150835860.jpg
剣ヶ峰からお釜を滑るスキーヤー(ムービー画像から)

13:30頃 (時間は記録し忘れで不正確)下山開始。頂上直下のルンゼ状30mは、岩が多いのでスキーをザックにくくり付けたままアイゼンで下降し、その下でスキーへ履き替える。ほとんどの人はこうしていた。風がしのげるので、やっと安らげた。見下ろすと、広大な雪面が広がり末端は空中へ飛び込む感じ。滑っている人、まだ登ってくる人、下山する人、途中で休んでいる人、大勢がこの空間と時間を共有している、という事実がすごい。ぞくぞくする。勇躍斜面へ飛び込んだ。

皆、自由自在に自分のシュプールを描いている。きれいなザラメ斜面とはいかない。既に多くの人が滑っているので、かき回されてグズグズで重雪。所々シュカブラを避けても、スキー操作は強引にならざるを得ない。だから疲れる。しかも、この板(サロモンVerse7)で滑るのは今回が初めて。今までの板は長く重心が後方で深雪向きだったが、これは短くて重心が中心寄りなので軽快な回転が期待できるが、慣れていないのでバタバタすると前へ突っ込みそうになる。それを強引に抑えるので、ザックを背負った状態では本当に脚が疲れる。この板はコンペ仕様の高価な板と較べようもないが、硬すぎず柔らかすぎず山スキーにはとても向いており違和感がなかった。

しかし約3700mから約2600m(六合目)まで標高差で1100mを下るのは、本当に滑り応えがある。お腹一杯といった感じ。ご馳走様でした。途中、所々止まり写真を撮ったつもりだが、前述した通り写真になっていなかった。残念。

15:30頃 新五合目駐車場に帰着。最後、雪渓を右へ、右へとつなげていくと最も下までスキーで下れ、しかも駐車場の上へ出るコースがあるらしい。八合目の小屋の下で右の雪渓へ予定通り移動。そこから雲の中に突入した為位置を確認できず、そのまま新六合目の小屋上部に滑り降りスキーを終了した。そこからツボ足で右方向でトラバースし新五合目の駐車場に戻ったが、そこは、スキー客と観光客の混在する奇妙な空間であった。ここでSさんと別れ、最初の計画どおり白馬岳へ転戦するかどうか思案したが、結局いつものことだが、軟弱な私は連戦する体力と気力が残っていないと判断し、帰宅する道を選んだ。今回も大変満足しました、来年も必ず来るでしょう。(完)

追記:帰宅してから山スキーMLを読んだが、富士吉田口、須走口共北面の為上部がアイスバーンで、行った方は苦労されたようです。Sさんが南面の富士宮口を選んだということは大変賢明で、そのおかげで私は頂上からスキーを十分堪能することができました。感謝。

尾瀬 至仏山スキー

【期日】’07年5月3日(木)
【天候】快晴
【形態】単独
【コース】鳩待峠540→800至仏山頂上820→(ムジナ沢滑降)→900山ノ鼻920→1200至仏山直下2170m→(ワル沢滑降)→1230渡渉点→1320鳩待峠 総行動時間 7時間40分
【装備】K2 181cm、ディアミール・フリーライド、ガルモントGライドG-fit、GPS
【資料、地図】国土地理院2万5千分の一地形図[尾瀬、至仏山]
【立寄り湯】

今年2度目の至仏山(前回はこちら)。前日鳩待峠に入り手前の有料駐車場(\2500)に車を止め車中泊。車が既に20数台。曇り空で時々強い風が吹く。

5:40 鳩待峠出発。すぐ雪が付いているのでシールでブナ林を登高開始。目の前に小至仏、至仏山、そして手前にワル沢の大斜面が広がる。まだまだ十分な雪である。この日、準備している人たちを見ると、スキー客より登山客の方が多かったし、至仏へは私一人の淋しい出発であったが、途中でボーダー氏を一人追い抜いた。心配した風も止み今日も良い天気だ。1866.9mのピークと悪沢岳は右から巻き、小至仏山も先行トレースに従い高巻く(約2120m)と、小至仏と至仏山の鞍部が下のほうに見えた。シールを着けたまま鞍部まで下る。ここから頂上迄夏道のある稜線に雪は無いが、あえて雪の斜面をスキーのまま登高する。



sibutusan09.jpg
左小至仏山、右至仏山、そしてワル沢の大斜面

8:00 途中追いついてきた単独のツボ足登山者と一緒に頂上を踏む。前回来た時より少し雪が減った程度で十分雪がある。二人だけの頂上で写真を撮り合い、山座同定をする。初めて気が付いたが、頂上の山名盤は位置が30度くらいずれているのには驚いた。握り飯を食べてエネルギーを補充する。

sibutusan10.jpg
至仏山頂上、先行する男性

8:20 ムジナ沢滑降開始。頂上直下は岩が出ているので、いったん右の夏道のある尾根寄りを100mほど下り、狭い廊下を左へトラバースしてムジナ沢へ入る。上から狭いと見えた回廊も十分な広さがあり、周りに岩があって適度の緊張感があり楽しい。小ぶりのルンゼ風。頂上近くの斜面はザラメになる直前のクラストした雪面で、エッジを効かすとエッジが激しく振動し足がむずがゆくなる。狭い廊下を抜けると広大なムジナ沢が広がる。私は滑り始めると一気に滑りたくなり、途中で止まって写真を撮る事を忘れる。だからムジナ沢の写真が無いと今日も後悔する。全面雪はつながっており、沢の中間はザラメ、ツガ林は湿雪、尾瀬ヶ原に出る辺りはクサレ雪でブレーキがかかる。

9:00 山ノ鼻到着。ムジナ沢下部のツガの森に突入すると楽しい滑降もおしまい。右へ右へとできるだけトラバースしながら降りたが、尾瀬ヶ原へ出てみると結構山ノ鼻から遠かった。スケーティングでハイカーが一杯の山ノ鼻へ移動する。尾瀬ヶ原は、だいぶ薄くなっており、ツボ足だと踏み抜きそう。水芭蕉には早すぎるようだ(歩き回ったわけではないが)。


sibutusan11.jpg
右:ムジナ沢と左:登り返しに使う稜線の夏道

9:20 山ノ鼻出発。かなり迷ったがワル沢を滑りたかったので、至仏山を登り返す。テント泊していたグループが至仏山へ向かうのを見て私も意を決した。彼らはスキーとツボ足の混成チームで尾根沿いの夏道へ向かったので、私もそれを追う。途中、頂上を一緒に踏んだ男性が降りてきたので、再会の挨拶をする。どこへ行くのか、ついに聞かずじまいだった。ツガの森を抜けた辺り(1700m?)から上部の無木立の急斜面にてこずるが、何とかシールで登りきる。



sibutusan07.jpg

sibutusan12.jpg
2000m付近から(左)尾瀬ヶ原を振り返る、(右)上部の急斜面

11:50 頂上直下(2170m)に到着。頂上直下の木製テラスと木道がある辺りは、雪が切れているのでスキーをぬいで登高する。木道の終わりで再びスキーを履くが、そこでシールを取り外す。

12:00 ワル沢滑降開始。もはや頂上には興味が無かったので、そのまま小至仏直下のワル沢上部へ向かって斜滑降を始める。広大なワル沢へ入ると斜滑降を止めシュプールを刻む。この時間ではもはやザラメなので、自由自在に弧が描けとても気持ちがよい。最初大きくリズミカルに振り、立ち木が出てくると小さくターンしてスピード制御を優先し安全第一。ワル沢でも、またしても途中で写真を撮り忘れて一気に下り、狭い沢に突入してしまう。


sibutusan13.jpg
ワル沢下部

12:30 渡渉点に到着。もう少しで崩壊しそうだが、スキーで渡る。対岸に夏道を歩く登山者が見えたのでホッとした。ワル沢は初めてだったのでGPSを使った。ワル沢がだんだん狭くなってくると、沢が割れてあちこちで水が出ているが、いまはどこでも渡れる。なので早めに右(南)へ右へとルート変更していく。GPSトラックを帰宅後見ると、ワル沢を早めに横切ってオヤマ沢へ出ているのがわかる。


sibutusan08.jpg
渡渉ポイント



sibutusan06.jpg
GPS軌跡

13:20 鳩待峠へ帰着。雪がつながっているのでシール登高していると、ハイカーが『そのスキー滑らないのですか?』と聞いてくる。『シールが貼ってあるんです。』と答えると妙に感心していた。普通の人には、それは当然の反応かもしれない。

今回は、ムジナ沢とワル沢両方を欲張った。至仏山の登り返しは、体力的に本当に苦しかったが、ワル沢を滑ってそれも報われた。良かった。来年も必ず来るでしょう。(完)
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター