白馬 乗鞍岳(2456m) 山スキー

【期日】 ’07年4月30日(月)
【天候】快晴
【形態】単独
【コース】栂池ゴンドラ高原駅800==ロープウェイ自然園駅945→1115乗鞍岳頂上1300→ロープウェイ自然園駅==1400ゴンドラ高原駅 総行動時間6時間00分

このシーズン山スキーの定番、白馬乗鞍岳へ行ってきました。ヘリ スキーの客と一緒は嫌だなと思いつつ、快晴無風の下大満足のスキー行でした。山スキー1年生の私としては何事もABCから。小蓮華山方面のバリエーションルートは来年以降にとっておき、ヘリスキーツアーコースをおとなしく滑ります。

6:00 起床。快晴。前日埼玉から国道254、18、19号、県道31号と乗り継ぎ美麻経由で国道148号に入る。予想外に時間がかかった。どうも上田の通過がネックだ。帰りは別のルートにしたいなと思いつつ、栂池ゴンドラ高原駅脇の日帰り無料駐車場に車を止め前泊。8時の始発に向け、駐車場のあちこちで準備をする人達。私も、準備を終え朝飯も戴く。最後までアウターをどれにするか悩んだ。登りだしたら暑くなるのはわかっていたから。がっかりしたのは、日焼け止めを入れたつもりが入っていなかったこと。余談だが、この駐車場は非常に便利だ。脇に、お風呂もコイン ランドリーもある。

下の写真は帰りに撮ったものだが、今日の予定コースだ。栂池ロープウェイ自然園駅からハイクアップし、終点は白馬乗鞍岳の頂上2456mポイント。帰りもほぼ同じルートを滑り降りてくる予定だ。

tugaike01.jpg

8:00 栂池ゴンドラ高原駅出発。始発には50人ほど集まっている。山スキー客とボーダー客が大半。登山届を提出し、ゴンドラとロープウェイの往復券(3,000円)を購入。中間駅の白樺駅からも数人が乗ってくる。この辺りにヘリポートがあるが、既にヘリコプターの音がする。



tugaike02.jpg
終点(栂の森駅)から小蓮華岳と乗鞍岳

09:45 ロープウェイ自然園駅に到着。駅を出る前に、遭対協の人からコースの状況と立ち入り禁止区域について説明を受ける。駅を出て左へ行くと栂池ヒュッテ、栂池自然園方向。天狗原へ向かう人は、右へ行き写真に見える小さな尾根に乗る(下の写真)。ここからシール登高。行くべき道は全て見えているので、気が楽だ。敵はこの暑さ。耳当てに手ぬぐいをはさんで垂らし首を太陽光から守る。これは効果大だった。何十人ものスキーヤー、ボーダーが尾根に取り付いている。天狗原まで急斜面だが、パックされた新雪でシールが良く効く。この辺りは、もうシラビソの林が疎らなので、木陰を探して休憩を取る。皆の合言葉は「暑いね」だった。


tugaike04.jpg
tugaike04.jpg
右へ行って目の前の尾根に乗り、尾根を左へ向かう。

10:00 2,000m辺りをシール登高。後立山の連峰が雄大だ。白馬の大雪渓もくっきり見える。しかし暑い。影ができる栂の木を探してこまめに休憩、水分をとるが、天狗原に近づくにつれ、そんな木もだんだんなくなる。斜面からは、鹿島槍、五竜岳、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳が雄大。白馬の大雪渓がおいでおいでをしているが、真っ白に輝いており、すこし怖い。小蓮華岳手前の稜線から金山沢の斜面が魅力的だが、まだその斜面にシュプールは無い。来シーズン挑戦した。


tugaike05.jpg
鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳がまぶしい


10:10 天狗原到着。まぶしい無木立の世界。右手からヘリスキーの客が合流してくる。さて、乗鞍岳への最後の急斜面をどうしよう。この時間帯、30cmくらいのパックされたパウダー。大半はツボ足で登っているが、私はそのままシールでいくことにする。正面の斜面に、まだ今日のシュプールは無い。ヘリスキーの客が中腹で休んでいるので、彼らに山スキーの威力を見せつける気力で登る。ストックを効かせ、腕力も使ってほとんど直登する。最後だけ1回ジグを切って斜面を登りきるといったん斜度が緩むので、そこで休む。兵庫(?)から来た二人組みと話をするが、皆春スキーを目一杯楽しんでいるな、と感じた。


tugaike06.jpg
天狗原から乗鞍岳頂上を目指す



tugaike07.jpg
上から天狗原を見下ろす。背景は妙高、火打岳


11:15 ケルンのあるポイントに到着。頂上近くまでシールで登りつめたが岩が出ているので、ケルンまではスキーを脇に抱えて歩く。小蓮華岳の方を見ると、船越の頭付近に数人、その先の金山沢を望む稜線にも数人が見える。左方向の最高点(2456m)の見晴らのよいポイントへ移動し、更に小蓮華から金山沢、自然園へのコースを偵察し、しっかり目に焼き付ける。しかし、後立山連峰の眺めが最高。鹿島槍までくっきり見える。


tugaike08.jpg
乗鞍岳頂上のケルンと舟越の頭への斜面

tugaike09.jpg
最高点辺りから鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳

13:00 下山開始。それまで暖かいので至福の昼寝をしてしまった。その間に、小蓮華岳の稜線から金山沢/自然園方向への広大な斜面に5本ほどシュプールが刻まれてしまっている。残念、見たかったな。私は、ほぼ往路を忠実に辿り尾根伝いに下るつもりだった。体力も脚力も十分回復した。シールを剥がし、靴のバックルをしっかり締める。太陽が昇り、雪は基本的に重い湿雪。ザラメだったらかえっていいのだが、最近降った雪が水分を吸い、この暑さで融けかかっている。ある程度力で曲げる必要がある。抜重のタイミングに気をつけ、力強く山側スキーを押し出す。バランスを保ちながら、何とか下部の天狗原に転ばずに滑り降りた。振り返ると既に多くのシュプールが刻まれているのがわかった。私は、ドロップポイントを間違えたようだ。もっと中央からでよかったようだが、私は登りのコース(右側)へ寄りすぎた。でも満足だ。これだけの荷物を背負い、悪雪を滑り降れたのだから。


tugaike10.jpg
無数のシュプールが刻まれた乗鞍岳の斜面


13:25 ロープウェイ自然園駅に到着。栂池ヒュッテ辺りへ滑り降りるが、腐れ雪でスキーに急ブレーキがかかりとても滑りづらい。雪は、ゴンドラの栂の森駅の少し下辺りまでつながっているので、ゴンドラ駅までツアーするグループもいるのだけれど、私はこの悪雪にすっかりやる気をなくした。だから、おとなしく40分発のロープウェイに乗った。

14:00 始発のゴンドラ高原駅に帰着。帰りは、上田を通りたくなかったので、148号から県道51号を南下し、19号を経由して254へ入り有料三才山(みさやま)トンネルを通るルートを採った。500円の料金は高いが、通いなれた142号へ合流するし、内山峠を越えて群馬県に入るまでとてもスムーズで私の選択は正解であった。但し、関越自動車道の事故の影響で藤岡市周辺で渋滞に巻き込まれたのは余計であった。藤岡市をエスケープする代替ルートを真剣に探す時期にきたようだ。

いずれにしても、最高の天気に恵まれて、最高の山スキーだった。山スキーは最高だ!!(完)
スポンサーサイト

越後 駒ヶ岳敗退 山スキー

【期日】’07年4月15日(日)
【天候】快晴
【形態】単独
【コース】石抱橋700→柳沢の道行山尾根取り付き 往復 駐車場戻り1000 総行動時間 3時間00分
【装備】K2 181cm、ディアミール・フリーライド、ガルモントGライドG-fit、GPS
【立寄り湯】


先に告白すると体調が悪くなり、柳沢の道行山尾根取り付きで引き返した。天気予報は『曇り時々晴れ』だったが、10時ごろには下の写真のような快晴になってしまった。この季節、気象庁の天気予報より私の直感の方が当たる。それにしても登れなくて残念だ。昨年に続き、何かが起きる駒ヶ岳。

いまのところ石抱橋から柳沢の取り付きまでは雪はつながっているが、尾根は下から見る限り所々雪が切れているところがありそうだ。今シーズンもう1回トライする機会があるだろうか?


echigokoma01_20150423144232b04.jpg
石抱橋から駒ヶ岳(2002m)遠望とその手前が取り付き予定の尾根

尾瀬 至仏山往復 山スキー

【期日】 ’07年4月7日(土)
【天候】快晴
【形態】単独
【コース】戸倉ゲート脇駐車場530→710津奈木橋→1100オヤマ沢田代→1230至仏山 往復 1540駐車場着 総行動時間 10時間10分
【装備】K2 181cm、ディアミール・フリーライド、ガルモントGライドG-fit、GPS
【資料、地図】国土地理院2万5千分の一地形図[尾瀬、至仏山]
【立寄り湯】花咲の湯(3時間500円)

尾瀬戸倉のゲートから津奈木橋まで歩き、最初のカーブが尾根を横切る地点からシール登高し、至仏山を往復した。こういう場面では、昨今自転車をアプローチに使うのが定番になっているようだが、直前に自転車のパイプが亀裂して使えず、往復をスキー靴を手に持ってテクテク歩くという、不毛なアルバトをしてしまった。しかし、快晴の下頂上を独り占めできるという天の祝福を享受した。 前日、戸倉ゲート手前の駐車スペースに車を止め泊まる。

5:30 車が3台ほど増えている。一人自転車持参の方が出発していった。続いて私も出発する。スキーをザックに括り付け、手にはストックとスキー靴といういでたちで、覚悟して歩き始める。林道に雪は無い。

7:10 ゲートから1時間40分で津奈木橋に到着。前後に人気無し。ついでに道路に雪も無い。橋を過ぎ時計回りのカーブを歩きながら、斜面に上がる場所を探す。明るいブナ林の疎林をシールで登高する。くるぶし程度の雪、陽当りが良いので直にザラメになりそうな斜面を気持ちよく高度を稼ぐ。高度が上がるにつれ、周りの景色が広がり武尊山、燧ヶ岳が見えてくる。



sibutusan01.jpg
ブナの疎林(1500m付近)

8:40 1500m付近に到達。ブナとダケカンバの疎林。良い斜面だ、帰りが楽しみだ。この辺りからやや急斜面だが、シールとクトーが良く効く。 。

9:20 GPSで1800m地点を過ぎたのを確認して、右へトラバース気味のコースを取る。2万5千地形図の1866.9mのピークを右から巻く。鳩待峠からのトレースに合流することを期待して進んだが、結局スキー トレースは無く、シラビソの疎林でスノーシューのトレースに合流する。一人だ。目の前には、小至仏山の頂と広大なワル沢の斜面が広がる。眼を転じると燧ヶ岳と会津駒ヶ岳、平ヶ岳が間近に見える。鳩待峠は既に下の方だ。雪の状態は、くるぶしより少し上くらいの重い雪だが、クラストはしておらず、モナカでもない。


sibutusan02.jpg
小至仏(左端)と至仏山

11:00 2030m 森林限界近辺のオヤマ沢田代に到着。目の前に小至仏山から至仏山へかけて広大な無木立の斜面が広がる。眼を凝らすと、小至仏山のピークが競り上がる根元に先行するボーダー(?)が休んでいる。ここから先トレースが無い。私は、小至仏山(2162m)の東面を等高線に沿ってトラバースし、尾根を乗り越したところで上方へ転向、至仏山と小至仏山の間の鞍部へ向かう。彼のボーダー氏は、私が東面のトラバースに乗り出す前にワル沢を滑り降りて消えていったので、言葉を交わす暇も無かった。私は、斜面が広大すぎて目がくらくらしそうだった。

11:45 小至仏と至仏山のコルに到着。ここから至仏山まで一部夏道が露出している。至仏山の頂上に人影はない。鳩待峠の方を振り返っても追ってくる気配なし。意外な感じ。もっと人が多いと思ったのに。大きな岩の下にスキーとザッグをデポし空身で頂上へ向かう。

12:30 誰もいない無風の頂上(2228m)に立つ。今まで見えなかった谷川連峰、越後三山、守門岳が見えてくる。おにぎりを食べ、セルフタイマーで写真を撮る。自分以外誰も居ないのが不思議だった。鳩待峠が開通したら、これが一変するんだろうな。露出した岩に上半身を横たえまどろむ。最高だ!ムジナ沢の上部は軽いモナカのところもあるが、基本的にはザラメになった。岩棚のところは岩が大きく露出している。下るのは容易だが、登り返しは嫌だった。今日はあきらめて引き返そう。いつかテントを持参し、時間を気にせずこの斜面を思う存分滑ってみたい。


sibutusan03.jpg

sibutusan04.jpg
左:会津駒ヶ岳と燧ヶ岳、眼下は尾瀬ヶ原、右:頂上でご満悦の私

12:50 頂上を出発。つぼ足でスキーをデポした鞍部へ向かう。


sibutusan05.jpg
至仏山頂上から小至仏(中央)、背後の山は武尊山

13:15 シールを外して、大滑降開始。鞍部から小至仏山の斜面を来た時のトレースをなぞり斜滑降する。広大な斜面にスピード感が狂う。斜面でトラバースを止め、スラーローム。しかし、高度を落としすぎると帰りが大変なのですぐ止める。陽当りが良いので基本的にザラメ。オヤマ沢田代の辺りで上ってくる登山者2名とすれ違う。この辺りのシラビソの森では、重いパウダー。

14:00 津奈木橋近くに帰着。津奈木橋までザラメの斜面が続くが、ブナの疎林のツリーランは結構楽しい。スキーを外して、また車まで歩きの苦行。俺はこんなに忍耐力のある人間だったっけ?ゲート手前で、カラマツ林を透かしてほとんど雪が無いのに営業している尾瀬戸倉スキー場が見える。

15:40 往きとほぼ同じ時間を要してゲート近くの駐車スペースに到着。着くと同時に雨が降り出した。気まぐれな春の天気。あぁ~疲れた。花咲温泉で御風呂に入り、おそばを食べて帰路についた。(完)





プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター