スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽ヶ峰、清八沢滑降 山スキー

【期日】 ’07年3月23日(金)
【天候】快晴
【形態】単独
【コース】800駐車場→(ロープウェー、ゴンドラ等乗り継ぎ、途中ゲレンデで遊ぶ)→第5リフト終点1000→(シール登高)→1045中尾根1984mピーク1200→(清八沢滑降)→1230和田小屋→1310駐車場 総行動時間 5時間10分
【装備】K2 181cm、ディアミール・フリーライド、ガルモントGライドG-fit、GPS
【資料、地図】国土地理院2万5千分の一地形図[谷川岳、苗場山]
【立寄り湯】街道の湯(500円)


7:00 夜中0℃くらいまで下がったようだが、今朝は暖かい。前日三国峠は雪、みつまたは雨だった。ロープウエー駅駐車場で車中泊。朝方少し雲が残ってはいるものの、天気予報どおり快晴の気配。かぐらロープウエーは平日8時始発。シニア リフト半日券(2,500円)を購入。午後1時まで有効だそうだ(この時点では、帰りはスキーで駐車場まで下るつもりだった)。駐車場の車は、1、2割というところか。

8:00 ロープウエーで山頂駅へ。みつまたスキー場のピークまでリフトで行くが、そのまま乗り越さず、なだらかなリフト脇を2本足慣らしの為滑走する。乗り越し地点からは、これから行く神楽(かぐら)スキー場の全貌と神楽ヶ峰(かぐらがみね)、中尾根、清八沢ノ頭(せいはちざわのかしら)、雁ヶ峰(かりがみね)の稜線が一望の下に見える。既に快晴。空はあくまでも青く、胸が高鳴る。潮時と見て、かぐらゴンドラ乗り場へ向かう。ゴンドラを降りたら和田小屋を左に見て高速第一リフトへ滑り込む。


kagura02.jpg
快晴のかぐらスキー場エリアを望む

9:00 高速第一リフト終点に到着(1700m、下ノ芝付近)。スノーシュー、テレマーカー、山スキー、色々。ヘルメット持参者が多い。登山道入り口の警察の警告が妙に気になってくる。3月に入って降った雪は、雪崩の危険も現実味を帯びるくらいの量だ。気弱な私は、ゴンドラ山頂駅へ戻って登山計画書を出すことにする。ついでに数本、高速第一リフト下を滑って練習する。こぶに新雪が積もると雪の厚さが一様でない為、かなりバランスを保つのが難しい。

再度、高速第一リフト終点に向かうと、第5リフトが動いている。迷わずズルすることにする。第5リフト下の白樺沢は格好のゲレンデだ。リフトから見下ろすと、何人もスキーヤーやボーダーが降りてくるが、深雪の中を高速でスラロームしてくるテレマーカーには驚いた。高速ターンはアルペンだけの特権かと思っていた私には、あんな滑りができるなんて驚きだ。


kagura03.jpg
高速第一リフト終点(1700m)

10:00 第5リフト終点(1830m、中ノ芝付近)に到着。シールを貼り登高準備。平日にもかかわらず入山する人は多そうだ。シール登高しながら雪の深さを測ってみる。90cmほど積雪があり、その下に更に硬い雪の層がある。90cmの層も一様ではなく、30cmほど下に薄いクラストした層があるようだ。これだけあると、急斜面なら雪崩れるのでは、と急に心配になる。高速第一と第5リフトのある辺りは、夏登ると濃いオオシラビソの森なんだが、それが感じられないくらい見通しが良い、つまりそれだけ積雪が多いということだ。辺り一面は今年最後の激パウだ(山スキーML風)。太いトレースがあるのでそれを追う。天気が良いので、先行する人がよく見える。そのトレースは神楽ヶ峰へ向かわず右へトラバースして、まっすぐ中尾根のピーク(1984m)を目指している。


kagura04.jpg

kagura06.jpg

第5リフト終点(中ノ芝辺り)から神楽ヶ峰方向へ登高し(左)、途中から中尾根ピークを目指す(右)

10:45 文明の利器はすごい。第5リフトの終点からわずか1時間弱で1984mの中尾根ピークに立てた。ピークにどこかの山岳会のメンバーらしき集団がいたが、うるさそう(声がうるさいのではない)なので少し離れたところにザックを置き、おにぎりを出して食べながら、どうするか考えた。ついでに周りの景色を楽しむ。清八ノ頭は雪庇が成長し、トレースは無い。苗場は雄々しく聳えている。鳥甲山の尖った特徴のあるピークとその背後に妙高が見えるが、北アルプスは春霞によく見えない。神楽ヶ峰のこちらへ面した斜面では、滑りを写真撮影をしているスキーヤーが数人いる。



下の写真は、中尾根からの景色2題

kagura13.jpg
(その1)神楽ヶ峰と苗場山

kagura12.jpg
(その2)清八ノ頭から雁ヶ峰へ至る稜線

そうこうしている間に少しづつ人が上がってくる。清八ノ頭へ向かう人は少なく、中尾根の稜線にもトレースは1本しかない。大半は中ノ芝沢へ下るか、清八沢へ向かっているようだ。偵察がてら北の稜線を行ってみたが、かなりの深雪でスキーの取りまわしが難しい。又、中尾根のピークへ戻る。出した結論は、清八ノ頭は途中の斜面が急峻でスノーシューが無いと行けそうも無くあきらめる。中尾根を行って中ノ芝沢へ滑り込む斜面は、リフトから丸見えなので私の拙い技術を披露するのは気が引ける。結局今回は清八沢を下って和田小屋へ滑り込むコースとした。先行トレースも多いし、和田小屋まで1本で道迷いの危険も少ない。

12:00 中尾根ピークを出発。オオシラビソの林をシールを着けたまま清八沢の全貌が見えるドロップポイント(1900m)まで行き、そこでシールを外す。既に4,5本シュプールがある。出だしは急だが最高の斜面だ。安全の為、沢の底ではなく両側のシラビソの木立がある斜面を意識して大きく振り子状に滑る。たいして努力をしなくてもスキーは曲がってくれた。ただバランスを私はとればよいだけだ。ターンが決まるたびに何か叫んでいる私。気持ちいい。最高だ!!


kagura08.jpg
清八沢を覗き込む

kagura09.jpg
私のシュプール

標高で200mほど一気に下ると還暦近い私の足も限界になる。どうしても前傾姿勢がとれない。尻が落ちるのでスキーの後端が沈み、そのまま尻もちをついてしまう。それほどのパウダーだ。何回かそうやって転びながらも新雪を楽しむと、やがて沢も狭くなってきて楽しい滑降も終わった(1550m)。黒岩ノ平側の急斜面から雪崩れそうなので、右岸の斜面を高巻き徐々に高度を下げる。途中コース取りに失敗し、いまにも崩れそうな急斜面を横切るが、木の枝を掴んでセルフビレーし何とか乗り切った。1450m地点で中尾根を反対側に乗り越すとリフトが見えた。小さな雪庇をジャンプしたらスキーの先端が刺さって1回転、でも楽しかった。先に見えるゴンドラ駅を目指して林間滑降する。


kagura10.jpg
この斜面を滑りました

12:30 ゴンドラ山頂駅、和田小屋エリアに到着。半日券を意識したわけではないが、この時間帯なら13:00の有効期限内に下りのロープウェーに間に合いそうだ。ゴンドラ下のコースを飛ばし、みつまたスキー場を駆け上がり、下ってロープウエー山頂駅に着くとまだ15分程余裕があった(下山コースは閉鎖)。みつまたスキー場をもう1本滑る。駐車場には13:10戻り。近くの立ち寄り湯「街道の湯」へ行ったら早い時間なのでガラガラ、気持ちよく汗を流し帰途に着いた。

今日は最高の一日だった。転んでも何をしても楽しかった。これだけの天気と雪は今シーズン今日で最後だと思う。3月に入ってからの雪で思わず予想外のパウダースキーを頂いてしまったが、おかげで清八ノ頭、霧ノ塔からの雁ヶ峰周回コースには行けなかった。しかし、私の実力では正しい判断だと思っている。このコースは、もっと天候が安定し、雪が締まったザラメの季節になったら再び来よう。最高の1日をありがとう。(完)



kagura01.jpg
GPS記録
スポンサーサイト

越後 巻機山 スキー

【期日】 ’07年3月10日(土)
【天候】朝晴、昼高曇り、後再び晴れ
【形態】単独
【コース】清水集落730→820桜坂駐車場→1030五合目付近通過→1130六合目相当→1200七合目→1245標高1657m付近で登高中止1300→1400桜坂駐車場→1240清水集落 総行動時間 5時間10分
【装備】K2 axis 181cm、ディアミール・フリーライド、ガルモントGライドG-fit、ピッケル、アイゼン
【資料、地図】昭文社「山と高原地図(越後三山)」、国土地理院2万5千分の一地形図[越後湯沢・巻機山]
【立寄り湯】ニ居、宿場の湯(600円)

makihata00_201504231216118cc.jpg
軌跡はGPS記録にあらず、フリーハンドですので、ご注意!!
シール登高と滑降がダブルところは直線で表示してあります。


国道17号、「湯沢情報ステーション(みちしるべ)」で仮眠し、朝7時清水集落のバス停近く(地形図の鳥居マーク辺り)に駐車。他に2台あり。手前の沢沿いに上がってくる道の入り口は重機で封鎖されているが、その周囲にも3台ほどスキー客らしき車あり。


makihata01_20150423121612e56.jpg
巻機山登山口(地形図の鳥居マーク付近)に路駐する(下山後撮影)。


7:30 晴天の中、スキーかついで出発。 直ぐ林道は雪になるので、スキーへ変更し桜坂駐車場を目指す。(下の写真は清水集落より左:黒岩峰、中央:割引岳、右:ニセ巻機山)



makihata02_201504231216123f1.jpg

米子沢橋から見る堰堤には、雪解け水はまだ流れていない。中央の写真は、除雪のされていない桜坂駐車場、右写真は、夏道の井戸尾根コース分岐の標識。まだ冬眠中で踏み跡ゼロ。

makihata03_2015042312161336e.jpg

makihata04_20150423121610f1b.jpg

makihata05_20150423121633344.jpg



駐車場から左奥へ進み、昭文社地図の「巻道分岐」方向を目指す。途中の雪原をスキーで行く。往きは、下の写真の中央辺りから右の小尾根へ取り付いた。正面は「井戸の壁」。帰りは、雪原を渡りきった辺り(写真の左)へ出てきた。こちらのほうが、薮が疎らで楽だったから。



makihata06.jpg

基本的に、井戸尾根沿いを直登する。「井戸の壁」は薮が深く、傾斜が急で私はアップアップ、写真を撮る余裕も無かった。途中でツボ足へ切替える。「井戸の壁」を登りきり、夏道の五合目(1,128m)付近を過ぎると傾斜が緩くなったので再びスキーを履く(下の写真)。濃いブナ林となる。雪は重い粉雪、10cm位。その下は?cmかな。



makihata07.jpg

標高1、350m辺り。ブナ林の純林で木立が疎らになる。帰りは楽しい滑降が出来そうだ。期待で胸が高鳴る。写真は先行する男性。この方、ショートスキーで下りでもお見かけしたが、大変スキーがお上手だった。下方のやや密な木立もスイスイと、バランスの良い滑りでかわしていった。私は、ショートスキーだったとしてもこれだけの滑りは出来そうも無い。脱帽。




makihata08.jpg
標高1,400m。もう少しで、7合目だ。↓




makihata09.jpg
7合目(標高1,550m)の少し手前。↓




makihata10.jpg
12時、やっと七合目に到着。他の人に比べかなり遅いペースと自覚している。これだけのアルバイトをしているのに、帰って体重測定すると減っていないのは何故だ。帰ってからの馬鹿食いが原因かな?

ニセ巻機山(標高1,861m)へ至る稜線には、6人ほど先行者が見える。下部には2人、そして私。他に既に3人程私の側を滑り降りていった。今日は、なかなか多い。朝、空は真っ青だったのに私が到達した頃にはうす雲が広がり、次第に風が強くなってきた。表面の雪が飛ばされて、クラストした雪面が露出(写真でグレー色が濃い部分)している。青氷という感じでは無いが、これとて私のスキーのエッジが効くものかどうか。先行者は、中段の傾斜がきつくなる辺りでスキーを脱ぎ、ツボ足に切り替えている。私は、アイゼンを履くのも面倒だし、スキーを背負うのも重くて嫌だった。天気もこれから悪くなるだろうし、結局軟弱な私は、標高1,657m(GPS測定)で登高中止。単独は、こういうとき気楽だ。




makihata11.jpg
下を見下ろす。素敵な斜面が広がっている(↓)。




makihata12.jpg
さて下りは、例によって滑っている自分の写真はない。露出しているクラスト個所を除けば15~30cmの重パウダーです。その重い雪の吹き溜まりでスキーをとられるが、強引に曲げる。もちろんザラメの個所はなく、モナカも無い。基本的には快適。「井戸の壁」上部からは、斜滑降とプルークボーゲンを多用し右側(下に向かって)へ少しづつ方向変換し、凡そ昭文社の地図で「巻道分岐」とされている方向へ向かう。こちらの方が薮が疎らで、少しターンを楽しめる。なにせ、私のスキーは少し長いので、この薮向きでは無いようだ。

とても楽しめたが厳冬期登山の訓練が無い私には、少し荷が重い。最近、西上州の低い山でお茶を濁していたので、スキーを担ぐとトタンに馬力不足に陥る。私の好みは、半袖Tシャツで昼寝が楽しめる春スキー。雪が少ない今年だが、それでも十分巻機山は冬でした。車に戻る頃には、再び空は真っ青でしたが、山の上の風は相変わらず強そうでした。ザラメの頃に又来ます。(完)

平標山 山スキー

【期日】 ’07年3月3日(土)
【天候】晴
【形態】単独
【コース】元橋駐車場620→頂上1130→1300駐車場 総行動時間6時間40分
【装備】K2 axis 181cm、ディアミール・フリーライド、ガルモントGライドG-fit
【資料、地図】国土地理院2万5千分の一地形図[三国峠北西&北東]
【立寄り湯】猿ヶ京温泉、まんてん星の湯(3時間650円)

報告するまでも無いが、埼玉からここまで道路に雪は無い。平標登山口の駐車場が使えないので、火打峠のスノーシェードを出たところにある待避所(三国小学校脇)に入る。仮眠中のトラックの脇に車を止め前泊する。朝目覚めるとトラックが消え平標山へ向かう人達の車と入れ替わっていた。スキーとボーダーの混成チームが既に支度を始めている。

6:20 わたしはこのグループの後から行くつもりだったが、なかなか出発しないので挨拶をして先に出る。小学校の正門から敷地を横切り、雪のある別荘の道を外れまで歩くと、そこからスキーにする。橋を左岸から右岸へ渡ってすぐのポイントから林道を外れ左側のヤカイ沢へ入る。もう少し先から入ってもよかったかもしれない。猛烈な薮で右往左往する。

7:00送電線の鉄塔下へ到達。ここだけは開けているので、立ち止まって平標山を眺める。頂上の左側の斜面が良さそうだ。この時点では、1300m辺りから右側の尾根の後へ回りこみ尾根を登りつめて、頂上と平標山の家の中間地点へ出るつもりだった。(結局、下の写真のように頂上左沢を登り,同じところを下った)


tairapyou01.jpg

8:00 駐車場を出るときは一番だったが、1300m付近で遂に単独行の男性に追い抜かれる。聞いたら左俣の尾根をまっすぐ行くというので、先行者がいるほうが楽かなと安易に考え、その人の後を追う。

9:00 1500m森林限界。いよいよ急斜面になる。クラストした斜面に薄く重い粉雪が乗っかった状態。今日は日中気温が上がるので、お昼頃にはザラメになることが予想された。しかし、シールで登るのも限界になってきた。ジグザグで乗り切ろうとしたが、横滑りしてどうしても前へ進めない。先行する男性があきらめて、ツボ足に切り替えた。私もスキーをザックにくくり付けツボ足へ変更。しかし、私のスキーは長くて重いので負担は急増、しかも急斜面でピッケルも無い。今更最初の右尾根へ行くわけにも行かないし。下から後続が続々やってくる。思案していると、ツボ足に切り替えた男性一人と、若い二人組みに抜かれる。結果的に大半は右尾根を選択し直登したのは5人だけ。つまり、私が最後尾になってしまった。この二人組みは、シールのままジグザグに巧みに登っていく。本当はコツを聞きたかったが、私が登りきる前に二人は、この左股を滑っていったので聞きそびれた。私のシールは、エッジがかくれる状態で裁断されていることが原因かな?今度誰かに教えてもらわなければ。ここからスタミナ切れで、青息吐息の状態が続く。


tairapyou02.jpg
標高約1,700m辺りから見下ろす

10:40 1800m地点到達。薮地帯は既にずっと下の方。見上げると急斜面に続き頂上は目前。小ぶりの雪庇が出ている。今日は天気が良くなるはずだが、まだ上空は灰色。しかし、視界は良好で苗場山の神楽ヶ峰から霧ヶ峰、雁ヶ峰へ至る稜線がくっきり、背後には、噴煙を上げる浅間山が聳えている。浅間山の北東斜面に良さげな1枚バーンが広がっているのが見える。しかし、私はというと余裕が全くなし。10mごとに息を整える始末、全くの青息吐息状態。還暦近い体には、スキーを背負っての急登は、難行苦行だ。頂上が見えているのが、せめてもの救いか。



tairapyou03.jpg
標高約1,870m辺り、頂上(右)はもう少し

11:00 約1870m(GPS測定)、稜線は直ぐ目の前。最初に私を追い抜いていった男性がもう滑り降りてきた。年のころ40代前半?『気をつけて』と声を掛ける。


tairapyou04.jpg
滑り降りていく今日最初の人

11:20 遂に稜線1960mに出る。頂上1984mは、直ぐ目の前。やれやれとスキーをおろし装着。なんと軽いことよ。私のスキーは重いので、これは絶対対策が必要だな。160cmの板にディアミールをつけるか、シールをトリムし直すかだな。シールで登りきった二人組みが、今まさに滑り降りようとしている。



tairapyou05.jpg
やっと稜線に出る。スキーを履いて頂上を目指す


tairapyou07.jpg
広大な斜面を、シールで登りきった二人組みが滑り降りていく

11:30 頂上到達。4人ほどいる。山の家方面の稜線からは続々登ってくる人達。道標と巻機山を背景に写真を撮る。他に仙ノ倉山、万太郎山、谷川岳の谷川連峰、遠くに平ヶ岳、妙高、後立山連峰、赤城の山が識別できる。頂上にいる同年代の方に『やぁ、今日は疲れました。右の尾根を行くべきでしたよ』と、話し掛けたら、『なかなか動かない黒い点がみえましたね』と切り返され、思わず『そう、バテバテだったんですよ。』とあっさり自分だと認めてしまった。



tairapyou06.jpg
頂上の道標、背景は巻機山


11:50 さて今日は、どこを滑り降りようかシールを外しながら思案する。せっかく苦労して登ってきた左俣(正式名称は有るのでしょうか?下から見て頂上左の沢です)にする。南側の斜面で遊んでから、ヤカイ沢を滑り降りるという選択肢も有るが、次の機会に譲ることにした。苗場山の方を見る。3月中に一度は行こうと思っている神楽ヶ峰と雁ヶ峰の稜線が気になる。



tairapyou08.jpg
苗場山神楽ヶ峰から霧ノ塔、雁ヶ峰へ至る稜線

最初、稜線沿いに北側へ移動。鞍部から斜面へ飛び込む。ザラメ風の斜面にエッジが効いて、気持ちよくターンを決める。ターンを決めるたびに、後から玉になった雪が転がってくる。沢の底を下るのは何となく気持ちが悪いので、少しづつ右側の登ってきた尾根の方へ移動する。その尾根を凡そ1400m辺りまで快適に滑り降りる。さすが、一気にというわけには行かなかった、3回ほど停止し呼吸を整える。でも、還暦前の自分としては上出来だと、自分を誉める。下の方に、二人組みが休んでいるのが見えたので、年甲斐も無く意識してしまった。山スキーやる人間は、自己顕示欲が強いのだ(と、勝手に決め付ける)。

12:00 1400m辺りから薮へ再突入。薮の具合がひどい。それだけ雪が少ないということの証だ。今日のテーマは、絶対怪我をしないこと(実は前回木立と激突、額を5針縫う怪我、やっと抜糸したばかり)。薮の中をプルークボーゲンで木立をやり過ごしながら、左の林道へ入るコースを探す。全くスキーにならない。

12:20 やっと左側に林道を見つけ、回り道になるがそれを滑って平元新道への林道に合流。元橋へ戻る途中の水場で思いっきり水を飲む。体が猛烈に水を欲しているのだ。ここで一息入れ靴を洗う。この頃には、すっかり雲も取れ、空は真っ青になっていた。気が付くと暑いのでアウターを脱ぐ。頂上で、もう少しゆっくりしてもよかったかな、と思う。しかし、いつでも来れるので、あっさり気持ちを切り替える。

13:00 ゆっくり林道を三国小学校まで滑り降りる。既に駐車場では二人組みが装備を解いて帰宅準備中。『ご苦労さん』と挨拶交わして、今日の山スキーを終了した。本当に、今日は大満足の1日でした。
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。