西上州 大津、三ツ岩岳

期日】'06.11.25(土)
【天候】快晴
【形態】単独
【コース】里宮登山口730→820広川原910→930鞍部→945 1053mピーク(北西峰往復35分)→1020北峰→1040大津1130→1200里宮鞍部→1220大きい岩峰→1250三ツ岩岳→1310大岩→1330登山口 総行動時間 6時間00分
【資料、地図】横田昭二 著「私が登った群馬300山」上毛新聞社、昭文社「山と高原地図」、国土地理院2万5千分の一地形図
【立ち寄り湯】 かぶら健康センターかのさと(富岡) 料金500円

--------------------------------------------------------------------------------

今日は非常に天気が良く、空気が澄んでいる。車で富岡バイパスを通過する際、いつもはなかなか見えない荒船山がくっきり見える。期待に胸を躍らせつつ、下仁田から南牧村雨沢を経て20分余りで大仁田ダム・里宮橋手前の駐車スペースに車を止める。人気の山と聞いていたが、車も登山者もおらず拍子抜けする。三ツ岩岳への登山口は、トイレの右側に見えた。私はここへ下山する予定なので車をここに止め、トイレ左側から杉林のジグザグ道を辿り、ダムの左岸を堰堤まで登る(左岸右岸は上流からみて)。ダム管理事務所の脇を通り、ダム湖の左岸沿いに進む。「えぼし橋」を渡って右岸へ行くと、すぐ狭い峡谷となり車道も消えて荒れた沢道となった。

mitsuiwadake00.jpg



最初しばらく右岸を行くが、途中から左岸に渡る。道は常に沢の少し上を巻いている。途中、複数のサイトで紹介されていた赤い矢印のペンキが塗られた石は、見逃した。その石のところを登ると1053mピークの近くへ出るらしい。登リ始めて約50分で開けた明るい場所に出た。『私が登った群馬300山』では、「広川原」と表記された場所だ(以後、地名はこのガイドブックに準じる)。ここで川を渡らず、そのまま右側(左岸)の枝沢に取り付く。標識もテープも無い杉林の斜面である。(ちなみに川を渡って右岸へ行って見るとテープが続いている。テープに付いて行くとどこまでも連れて行かれそうなので、途中で引き返した。林業関係者のものか、登山者のものか首を傾げた。)


mitsuiwadake01.jpg
明るい川原に丸太、渡らず右の斜面を登った

杉林は、最初道が無いと思われたが、林業関係者や登山者が歩いているらしく、それなりの薄い道筋がジグザグに鞍部まで続いていた。小さな尾根が張り出してきて、沢筋が2手に別れるが、ここは右手(北側)へ進む。20分で鞍部についた。ここには赤い矢印がペンキで書かれた石が置いてあったので、下山するときの良い目印になる。尾根の木は、葉をほとんど落として、見通しが良く歩きやすい。

放置されたケーブルがある個所を通過し、いったん1053mのピークを踏む。眺望は雑木に阻まれて無いが、北側(コースに対して左側、浅間山の方向)に疎林を透かして北西峰1010mが見える。岩塔で頂上へ行くのは難しそうだがトライすることにした。まず、北尾根をいったん下って、基部に取り付く。少し左に行くと登れそうなところがあったが、足元は切れ落ちている。取っ付きが難しいが、慎重にそこをクリヤーすると意外に簡単に頂上に立てた。北面の景色が素晴らしい。往復に30分費やして1053mピークに戻り、大津(おおつ)へ向かう。途中北峰のピークを踏む。


mitsuiwadake02.jpg
大津の雄姿(南面)

ここから大津までナイフリッジ状の尾根となるが、2本のケーブルが渡してあるので、全く不安感は無い。まもなく、大津の岩塔の基部に着く。左に回り、残置ロープを使って登る。残置ロープに頼らず登るのはできるが、このロープを頼りに降りるのは勘弁だな、と思った。大津の頂上には南牧村の木製標識があったが、もう一つ松の木にビス止された小さな標識もあった。こんなことをする連中の常識を疑う。標識取り付けを誇示するグループがあるようだが、客観的判断が出来ないのだろうか?独善的行為と言うべきか。『私が登った群馬300山』の中で、著者は「新ハイキングの山名板」が釘やねじを使わずに木に立てかけられているのはさすがである、と誉めているが、その山名板は無かった。

大津の頂上からの眺めは、先日の碧岩、大岩と勝るとも劣らずであった。目の前には三ツ岩岳、その背景には荒船山、立岩、妙義、鹿岳、四ツ又山、南には烏帽子岳、西には大岩、そして眼下には大仁田ダム。遠くには、一段と白くなった浅間山と日光白根山が聳えている。景色をおかずに昼食としゃれ込む。そして考える。どうやって三ツ岩岳への稜線に降り立つかを。


mitsuiwadake03.jpg
大津から(三ツ岩岳から竜王大権現コースの稜線)

握り飯をほおばりながら、北側の尾根を探索する。両側が崖なので、この尾根筋を降りるしかないが最初の4,5メートルの下降が問題だ。ロープ無しを模索するが、短いが垂壁で無理っぽい。意を決して持参した直径7mm、長さ15メートルの補助ロープを取り出す。これをダブルにし、樹の根っこを支点に懸垂下降する。かっこよい下降とはいかなかったが、何とか1回で安全地帯に下りた。誰にも見られなかったのが、救いか。ロープを回収し、三ツ岩岳へ向かう。最大の難所を通過したので、気分は上々だ。

この辺りの右斜面は杉植林で、どこからでもダムへ下山できそうな雰囲気である。快調に尾根を進む。里宮鞍部には道標があった。両側を岩塊に囲まれた斜面を登ると「大きい岩峰」と三ツ岩岳を分ける分岐のある鞍部に出た。左側の「大きい岩峰」へ寄り道をしてみたが、展望は良くない。林を透かして三ツ岩岳が見える。

分岐(道標)まで戻り、三ツ岩岳へ向かう。大きな岩稜をいくつか越えていくと、三ツ岩岳と竜王大権現コースを分ける分岐があるコルに出た。更に数分で三ツ岩岳頂上に達した。三ツ岩岳の頂上から自分が来た道をなぞってみた。大仁田川から登り上げた鞍部、ひやひやしながら登った北西峰、そして極めつけは大津からの下り。よくあそこを下ったものだ、と自分の健闘を称える。三ツ岩岳はアカヤシオの時期に再訪することとし、今日は挨拶程度に留めよう。足早に、大岩経由で下山した。


mitsuiwadake04.jpg
三ツ岩岳頂上から大津を振り返る

本日三ツ岩岳で見かけた登山者は一人。駐車場にあった車は5台。シーズン過ぎると観光客も登山者も少なく、そのうえ大津となると私一人であったと思われ、静かな山旅が楽しめた。満足度100点。



(完)

ホームページへ戻る
スポンサーサイト

西上州 碧岩、大岩

【期日】'06.11.13(月)
【天候】快晴
【形態】二人パーティ
【コース】登山口830→850三段の滝→955南稜コル→1030碧岩頂上1040→1100三ツ又→1130大岩1210→1230二子岩分岐→1320三段の滝→1340登山口 総行動時間 5時間10分
【資料、地図】横田昭二 著「私が登った群馬300山」上毛新聞社、昭文社「山と高原地図」、国土地理院2万5千分の一地形図
【立ち寄り湯】 なし
--------------------------------------------------------------------------------

先に結論をいうと、沢あり、滝あり、尾根歩きあり、その上垂壁あり、と山歩きの全ての要素が5時間弱で楽しめる非常にお得で楽しい山行でした。その上、天気は快晴、言うことなしです。但し、危険な個所があるのでお奨めしません。私は、7mmの補助ロープを20m持参しました(使いませんでしたが)。


midoriiwa00.jpg
赤が登り、緑が下りのGPS軌跡

南牧川沿いに車を走らせ、四ツ又山、鹿岳(かなだけ)を過ぎると、正面に非常に特異な尖峰が見えて来た。二人のテンションは、いやがうえにも盛り上がる。
midoriiwa01.jpg
左が大岩、右の低いほうが碧岩のピーク

羽根沢(立岩の入り口)、勧能と谷あいの狭い県道を進むと、突然左側に橋が現れ、奥にトイレと駐車場が見える。あわててスピードを落とし橋を渡る。10台くらいは停められそうだが車はなし。早速準備して歩き始める。ゲートボール場の脇をすり抜け暗い居合沢(いあいざわ)に入る。沢沿いに15分も歩くと滝が見えてくる。7段の鉄梯子を登る。滝は落差60m、この時期にしては水量が多い。滝の左岸(左岸、右岸は上流から見て)を、流れを横に見ながら落口までよじ登る。登り口の土が落ち、一見登山道には見えないので右側の岩塊へ向かって登りたくなるが、踏み跡がない。私は、サイトで「滝を横を見ながら登る」との記述があったのを覚えていたので、滝の脇のくずれた土付き壁を少し登ってみた。やはりルートはこちらだった。上から容易にわかるルートも、下からだとわかりずらいものだ。


midoriiwa02.jpg
三段の滝を左に見て登る

滝上から数分で居合沢に碧岩沢(みどりいわざわ)が流れ込む場所に到達する。ここには「左:碧岩、大岩 右:二子岩 手前:三段の滝、熊倉」の三叉路を示す道標がある。ここから大きな岩塊の右脇を登れば碧岩沢で、10分ほどで二股に達する。ここには「左:碧岩、大岩 右:三段の滝、熊倉」の道標があり、そのまままっすぐ進むと自然に左の尾根に取り付いた(と、記憶しているのだが、それは下山後ぐらついた)。急登すると、ミズナラ、コメツガ、カエデ、リヨウブ、ヒノキの明るい尾根に出た。左側に早くも碧岩南壁が迫っている。やがて左側を大きな岩塊でふさがれた碧岩と三ツ又をつなぐ尾根(南稜)のコルに出た。

ここから大きな岩の右を巻き、数分で碧岩の取り付きに着いた。最初の岩場を登り右へ回ると、右側が切れ落ちている短いが、足がかりの悪い垂直な壁となる。ダブルのロープが2本あるが、どちらも古く、1本は古いテープ スリングの表皮が剥がれ今にも切れそうだった。とても全体重を預けられるものではない。なので、テープ スリングの方を避け、別のロープを掴み体を引き上げる。登山靴ではひっかかりが悪くて、足の置き所に困る。下りは、持参したロープでビレー(確保)した方がよさそうだ。碧岩(みどりいわ)頂上は狭いが眺めは素晴らしい。特に噴煙上げる浅間山と手前の兜岩から行塚山(荒船山)、立岩(たついわ)、毛無山、鹿岳(かのだけ)、四ツ又山へ至る稜線がパノラマのように眼下に広がっている。鹿岳の後には、真っ白な日光白根山。目を転じると、これから向かう大岩と更に南の方には、ポコポコとその姿の通りの二子岩、それから一段高い位置にククリ岩が見える。

midoriiwa06.jpg

midoriiwa03.jpg
南の方向

碧岩のほうは短時間で切り上げ、今日最大の難所、先ほどの壁の下りへ向かう。私は確保を考えていたが、相棒はビレーに自信が無いというので、持参した補助ロープを使わずに下りることにした。とにかく「慎重に」と声を掛け合う。3点確保が出来ないので、どうしてもロープにぶら下がる瞬間がある。何とか二人とも無事に下に着いた時は、本当に安堵した。ここから南稜と呼ばれる尾根を先ほどのコルまで戻り、更に登って三ツ又へ向かう。ここには「左:大岩、手前:碧岩、三段の滝 右:砥沢」の標識がある。左へ行くとコメツガの尾根の中小さなピークを越えて露岩の尾根に至る。両手両足を使って、がんがん登る。両側が切れ落ちている岩尾根だが、滑らないので登るのは容易だ。


midoriiwa04.jpg
碧岩

midoriiwa05.jpg
大岩への露岩の稜線

大岩手前の岩塊ピークからの眺めが良い。狭い露岩の上を歩いて一気に大岩の頂上に立つ。先ほどの碧岩からの眺めと変わらない。空は真っ青、雲ひとつ無い。しかも小春日和。一人ならここで昼寝だろうな。昼食にする。ここは、春のアカヤシオの時期も良いそうだ。来年は四ツ又山も良いが、ここを優先しよう。十分天上の休憩を楽しんだので、帰りのルートを相談した。結果、三ツ又を2子岩に向かって直進し、途中の尾根で右転回し北側の尾根を下り二股に下りることにした。三つ又を過ぎコメツガの巨木があるところまでは順調に通過したが、何故か北面を巻くと見えた道は、何の分岐も無いまま下へ下へと向かい、その内に転げ落ちるように山腹を下り始めた。この時点でミスルートに気がついたが、明確な登山道の様相を示していたので、狙ったルートと違うがこのまま下りることにした。

結局,のぼりで左折した標識のある三叉路に出てきたが、朝どうしてこの道に気がつかなかったのだろうか、更に朝、尾根に取り付いた地点はどこだったのだろう。うぅ~、わからない。しっかり見て歩いたはずなのに。帰宅してからGPSの記録を見たが、しっかり同じ道を途中まで歩いている。次回の課題にしよう。何か、納得いかないまま三段の滝を下り、20分も立たずにゲートボール脇をすり抜け車に戻った。地元のご婦人方がゲートボールを楽しんでいるが、車は我々の1台だけ。日曜日は、どこかの山岳会の例会予定に入っていたので、それを避けることが出来て、しかも天気が良くてよかった。大満足の西上州でした。


(完)

ホームページへ戻る

西上州 三笠山、諏訪山

【期日】 '06.11.04(土)
【天候】晴れ
【形態】単独行
【コース】浜平登山口630→810尾根上→830楢原分岐(湯の沢の頭)→900弘法小屋→930岩峰→950三笠山→1030諏訪山1100 往復 →1330登山口 総行動時間 7時間
【資料、地図】横田昭二 著「私が登った群馬300山」上毛新聞社、昭文社「山と高原地図」、国土地理院2万5千分の一地形図
【立ち寄り湯】今回寄らなかったが、近くに浜平温泉「しおじの湯」(三岐温泉センター)がある。次回是非寄ってみたい。10:00~20:00 第2・4火休、500円/4h
--------------------------------------------------------------------------------

通常山行にはモチベーションなるものがあるはずだ。過去に登ったことが有る、遠くから見て登って見たいと思っていた、あるいは百名山だから。しかし、今回はただ単に昨日登った大蛇倉山(だいだくらやま)の隣で都合が良かったからという動機だけで登ってしまった。しかし、結果オーライだった。考えたら地形図に名前がある分、大蛇倉山より格が上ではないか。(注記するが、ここは多野郡上野村で、同じ多野郡でお隣の神流町にも同じ諏訪山という名前の山がある。こちらは志賀坂峠に近く、標高1207mで恐竜の足跡が見つかった村である)。
u-suwayama05.jpg





楢原(ならはら)で車中泊し、三岐(みつまた)で「御巣鷹(おすたか)の尾根」の標識に従い左折し上野ダム建設用に作られた「村道上野2206号」に侵入する。新道や上野ダム(奥神流湖)は、地形図にはまだ反映されていないので注意が必要だ。2つ目(だったと思う)のトンネルを出たところで左側に諏訪山(浜平登山口)という標識があるので左折し、フェンスで囲まれた駐車スペースに車を止める。私が最初の車である。なお駐車場との表示はないが、勝手に駐車場と解釈した。


u-suwayama02.jpg
登山口

写真には写っていないが手前に簡易トイレがあって脇に浜平(はまだいら)の集落へ下る道がある。諏訪山へは、簡易トイレの脇をすり抜け、神社の鳥居をくぐり、更に墓の脇を通って神流川(かんながわ)沿いの平地に降りる。対岸に浜平の集落。支流にかけられた木製の橋を渡ると、「諏訪山登山道入り口、頂上迄5467m、火の用心」と書かれた立派な観光案内板がある。ここを左折し神流川沿いに浜平鉱泉へ向かう。廃業したと聞いているが、道は手前で右折し湯の沢沿いに登り始める。

廃屋の横を通りすこしづつ沢へ下る。しばらくは湯の沢沿いに穏やかな沢歩きが楽しめる。そこかしこに上野村観光協会が立てた案内板があるので、間違い様が無い。滝もあって楽しめる。右岸、左岸を何度となく行ったり来たりするが、終始一貫湯の沢を源頭まで詰めることになる。その間左からの支流を3本渡ることになるが、常に右、右と行くのである。そうするとやがて湯の沢の流れも途絶え(伏水)広いブナ林の源頭部をジグザグに登り始める。歩きやすい道だ。そうすると稜線方向が少しづつ明るくなって尾根が近いことをうかがわせる。歩き始めてから2時間弱で反対側に諏訪山の山容が望める稜線に飛び出た。見えたといっても、ブナ林を透かしてのことであり、霞んでいるので明確ではなかった。諏訪山へ3033mの標識がある。

尾根を右を巻いたり左を巻いたりしながら、20分程歩くと湯の沢の頭(1246m)に到着。更に数分で楢原からの道と合流した。ここまでは比較的広くて良い道だが、ここからは道幅が一人分しかなく、斜面を歩くときは神経を使う。横田氏著「私が登った群馬300山」のガイドに従えば、1304mのピークは左斜面を巻き、1365mのピークは右斜面を巻くとやがて尾根上にある弘法小屋に着く。名前のいわれはわからないが、トタン囲いで屋根も半分なく、扉も床もない廃屋である。諏訪山へ1078mの標識。

弘法小屋を過ぎると核心部分で、16、17段の梯子が2つつづく。最初の梯子は上部が固定されていなく危なっかしい。これを登りきると右に巻いてやがて下るが、途中上に行く道があるので寄り道してピークに上がってみると、石の祠と石碑があり御獄座王大権現、三笠山刀利天(とりてん)と彫られてある。諏訪山へ745m。



u-suwayama03.jpg
16、17段の2つの梯子

ここから見上げる三笠山(ヤツウチグラ)の北側は見事な岩壁で、一体あれをどうやって登るのだと本気で心配させるものだが、実際に取り付くと基部を右に巻き、1ヶ所鉄の梯子があるものの簡単に三笠山のピークに立てた。


u-suwayama01.jpg
三笠山北壁

頂上には木箱に納められた祠があるが、三笠山刀利天の御本尊が祭られているのだろうか?中は見えない。ここから正面になだらかな3つのピークが見え、真中が少し高いので、あれが諏訪山に違いない。この時点で登山者は、私のほか二人組みがいて、他にヘルメット持参の重装備の単独行者とすれ違った(沢登りをしてきたのだろう)。諏訪山へはいったん左側の尾根を鞍部まで下り、また登り返すことになるが、8mのロープが付けられた個所がある。鞍部から時計方向に尾根を登ると、やがてカラマツ、コメツガに囲まれた平らな頂上(1549m)に着いた。頂上は、眺望が無いので、戻って三笠山で休憩するのがお奨めだ。山行の目標は諏訪山だが、ハイライトは三笠山までと思われる。

帰りは来た道を忠実になぞり、浜平の駐車場へ戻った。残念ながら眺望がすくなく、あってもなじみの無い山域に、山の名前もわからず、楽しみが半減なのは残念だ。西上州を楽しむには、もっと山行を重ねる必要がありそうだ。想定外だったのは、静かな山という触れ込みであったが、20数人の登山者とすれ違い、昨日の大蛇倉山より人気があるんだと認識を新たにしたことだ。


(完)

ホームページへ戻る
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター