谷川岳-万太郎山-仙ノ倉山-平標山縦走

【期日】 '06.8.19(土)~20(日)
【天候】 曇り
【形態】 単独行
【コース】 1日目:天神平ロープウェイ駅710→915谷川岳(肩の小屋)→1015オジカ沢ノ頭→1115大障子小屋→水場往復→1140大障子小屋1215→1320万太郎山→1430越路避難小屋
2日目: 避難小屋510→640エビス大黒ノ頭→800仙ノ倉山→845平標山→平元新道経由→1020元橋バス停(バスで越後湯沢へ出、JRに乗り換え土合へ戻る)
【立ち寄り湯】湯檜曽温泉 ホテル「湯の陣」1,050円、土合の帰り際右側、広くてゆったりしているが、少々高いのが難点。混むのが嫌いな方向き。
--------------------------------------------------------------------------------
tanigawajyuso007.jpg


前日土合駅前に車中泊。始発7:00のロープウェイ(1,200円)に乗る。穴熊沢避難小屋から肩ノ小屋、オジカ沢の頭まで雲の中。湿った空気のいたずらで、群馬側から次から次と雲が押し寄せてくる。新潟側は晴天。
左の写真はオジカ沢ノ頭から見た万太郎山のピーク(1,954m,中央奥)。その奥左が仙ノ倉山、そして左端の尖った山がエビス大黒ノ頭。あまりに遠い。途中いくつものピーク(小障子、大障子ノ頭)を乗越えていく。
大障子避難小屋までは、刈り払いが行われているが、それ以降仙ノ倉山まで刈り払いなし。スパッツ必携である。 大障子避難小屋では水場を見に行った。
tanigawajyuso003.jpg


tanigawajyuso005.jpg
左:エビス大黒ノ頭、右:仙ノ倉山

何とか万太郎山を越え下りの途中にある越路避難小屋に着く。エビス大黒ノ頭とそれに続く仙ノ倉山が見える。エビス避難小屋まで行くと明日が楽なんだが、あまりに遠い。エビス大黒ノ頭まで1時間半、そこからエビス避難小屋まで更に40分はみる必要がある。苦労して行って満杯だったらどうしよう。ここは安全策を採って越路小屋で泊りと決めた。
7人パーティが仙ノ倉から着いたが、情報交換の後大障子小屋へ向かった。結局、本日は私だけだった。ちょっと淋しい。

(2日目)
天気は相変わらずで雲が多い。おかげで毛渡乗越を過ぎ1,670mのピークを踏んだ所でブロッケン現象を見ることが出来た(左の写真矢印部分)。ピークから50mほど下がって狭いコルを通り、そこからエビス大黒ノ頭へ登り返すことになるが、乗越えてくる雲が底を隠して限りなく深い谷が横たわっているように見え、暗澹たる気分になる。気持ちを奮い立たせ、雲の中へ突入する。
tanigawajyuso001.jpg


何とかエビス大黒ノ頭(1888m)に着くと、また大きな下りが目に入ってくる。その先に仙ノ倉山(2026m)(写真)。雲の切れ間にエビス避難小屋が見える。
エビス避難小屋を覗いてから、最後の力を振り絞りやっとの思いで仙ノ倉山に到着。ここからは気楽な下りだ、しかも整備された木道歩きで、先週の雨飾山に劣らず花が多い。軽く登りかえして平標山のピークを踏んだ後、一気に平元新道を下りバス停へ向かった。(平標山の家は、新築中で営業しておりません。御注意。母屋へ近づくと立ち入り禁止だと怒られた。うわさに聞いていた通り傲慢な親爺だ。気分が悪い。)
この事件を除けば、登山者も少なく静かで涼しい山登りが楽しめました。

tanigawajyuso006.jpg
エビス大黒ノ頭から仙ノ倉山(中央)


【資料: 避難小屋編】

tanigawajyuso002.jpg

定員は、昭文社の「山と高原地図」によれば越路が7人、エビスが5人。
これで類推すると大障子が10人、オジカは5人となるが、泊るとなると
実際は-1人ぐらいが妥当な数字。 水場は、大障子避難小屋のところしか
ありません。 小屋から谷川岳方面へ少し登り右側(南面)の沢をくだります。途中、
砂礫帯があり道が不明瞭になりますが回りを良く見れば下に続く踏み跡が見つかる
はずです。
肝心の水場ですが、チャンネル材をとい代わり(下の写真)にしており、この時期
でも十分な水量ですので、ペットボトルの小さい口でも受けることが出来ます。
tanigawajyuso004.jpg


【資料: 装備】 シュラフ、シュラフカバー、ガスコンロ、GPS、雨具、35リッターザッグ、他
【資料: 費用】
ロープウェイ(片道) 1200円(手荷物切符不要)
バス料金: 元橋から越後湯沢駅まで580円
JRで土合駅まで400円



(完)

ホームページへ戻る
スポンサーサイト

針の木岳(2,820m)

【期日】 '06.8.15(水)
【天候】 晴
【形態】 単独行
【コース】 扇沢駐車場515→630大沢小屋→715針の木雪渓810→900針の木峠(小屋)→1030針の木岳1110→1400扇沢
【立ち寄り湯】大町温泉郷の「薬師の湯」 600円。広くてよいが、それ以上に人が多かった。お盆だからしょうがないか。
--------------------------------------------------------------------------------

扇沢駅は、大変な数の車で大混雑。前日の内に無料駐車場に入り、車中泊する。飲料水は、売店の下のバス チケット売り場横にあるので、便利。
関電ゲート(扇沢駅に向かって左側)脇にある登山口。(写真の左側)
harinoki01.jpg




林道を3回ほど横切って登山道を進むと、案内板がある広い広場があって、そこから本格的な夏道が始まる。大沢小屋へ至る道は新緑に覆われて涼しく歩きやすい。2回ほど渓流を横切るので水の確保は容易だ。
大沢小屋を過ぎると、いよいよ雪渓が近づいてくる。取り付きに降りると、登る人下る人10数人が雪渓上に点在する。問題ない傾斜だが、先日購入した簡易アイゼン(6本爪)を付ける。早朝なので少し雪面は堅い。だから良くアイゼンが効く。ガシガシと数人をごぼう抜きして雪渓上部へ詰める。雪渓から登山道へ乗り移り、そこからガレ場の最後の登りだが、こちらのほうが結構きつくて長く感じられた。
harinoki02.jpg


左奥が穂高/槍ケ岳、右奥薬師岳 針の木峠からは、期待したとおりの景観だった。目の前には。燕岳、大天井岳、穂高岳、槍ケ岳、野口五郎岳、水晶岳、黒部五郎岳が見える。小屋の前で、疲れた足をいたわるように30分休憩を長めに取る。
登りから前になり後ろになって一緒に上がってきた単独行の人も、針の木岳往復だという。サブザックのような軽い軽装でピッケルを持っている。私はどうしても荷物が多くなるのでうらやましい。ツェルト、雨具、フリース、水筒を置いてくることが、私にはどうしても出来ない。
harinoki03.jpg



小屋から針の木岳へは1時間ほど。途中、山スキーの連中がドロップするポイントを確認する。有名なマヤクボ沢は、針の木岳の先だ。
頂上に上弦の月がかかっているのが印象的だったので写真(下)を撮る。
harinoki04.jpg


針の木岳へ登る途中、針の木岳とスバリ岳の間に剱岳が見えた(写真)。三大雪渓の一つを登ってきて三大雪渓(白馬、剱沢、針の木)の剱沢を見る。最高に幸せな気分。
先に登ったと思っていた先ほどの単独の男性が追いついてきた。話をしながら一緒に頂上を踏む。結局この人とは、扇沢に下山するまで、つかず離れずだった。群馬館林の人でした。
harinoki05.jpg


針の木岳から眺めは素晴らしいものがあります。握り飯を食べながら、飽かずに山を眺める。あいにく鹿島槍の方向は雲が多く、鹿島槍の穂先だけが見える。写真は、立山と眼下の黒部湖。説明不要か。帰りは、転落しないよう足元ばかり気にしていたので、花は印象薄かった。
感想は、久しぶりの北アルプスで大満足でした。来年はスキーで滑ってみたい。
harinoki06.jpg



(完)

ホームページへ戻る

雨飾山(1,963.2m)

【期日】 '06.8.14(月)
【天候】 晴時々曇り
【形態】 単独行
【コース】 小谷温泉530→640登山口→810荒菅沢→920笹平→1000頂上1100→1335登山口→(温泉)→1450小谷温泉
【立ち寄り湯】無料の露天風呂に入る。ブヨが多くて閉口する。
--------------------------------------------------------------------------------

本来の登山口は、小谷温泉から数km入った雨飾キャンプ場脇だが、小谷温泉の直ぐ先で崩壊しているため全面通行止め。鉄骨で橋のような道路を急遽架設中で、物理的に通行不可。妙高から来る林道は通行可能。小谷温泉経由の方は、村役場で確認のこと。温泉前に路駐。
小谷温泉、雨飾荘、栃の樹亭、登山口と歩き往復で3時間余計に歩く羽目に。確認ミスで反省。登山口(写真)にはトイレ、水あり。50台ほど駐車可能。

amakazari02.jpg
登山口


amakazari03.jpg
最初は湿原の中の木道歩き。ここ(写真)から尾根に取り付く。ブナの巨木が散在する尾根を急登する。


途中、ブナ平を過ぎると、15分ほどで道が平らになり、荒菅沢の雪渓(写真)が眼下に見えてくる。 下って、雪渓を対岸へ渡る(標高1448m)が、横切ったところで、雪渓の無いところへ降り、顔を洗う。冷たくてとても気持ちが良い。
雪渓の縁は痩せて、今にも崩壊しそうなので縁には近づかないよう気を付ける。 小谷温泉側からくる登山者は少ない。ここで、今日初めて先行パーティ(2グループ、5人)に追いつく。聞くと1グループは小谷温泉に前泊し、下山して又泊りだそうだ。うらやましい。
右側の尾根を急登する。
amakazari04.jpg


雪渓へ降りる途中から、有名な布団菱(ふとんびし)と呼ばれる岩稜(左)が雪渓の左上に見える。
amakazari05.jpg



荒菅沢から笹平までの登りが一番の難所。途中から森林限界を脱し、視界はよくなるのだが、岩とガレた尾根の急登は疲れる。途中、梯子やロープが数ヶ所ある。気を抜かずに通過する(写真)。 印象としては,谷川岳の西黒尾根をほうふつとさせる。
amakazari06.jpg



笹平に到着すると回りの景色は一変し、なだらかな稜線の先に、丸みを帯びた頂上が見える(写真中央)。頂上迄40分との案内。回りは、高山植物だらけ。私は不案内だが、好きな方にはたまらないのでは。今年登った山では、群を抜く花の多さである。私が言うのもおかしいが、道理で年配の御婦人方が多いようだ。
amakazari07.jpg



お花畑を被写体に、バックの雪渓を覗き込むように写真を撮る。白い花一面の、エリアもあります。圧巻。
しかし、話は変わるが山スキーの連中は、本当にここを上るのだろうか?いや、下るのだろうか?残雪期にここをスキーを担いで登るのは、ちょっと驚きだ。 でもいつか私も挑戦したい。
amakazari08.jpg




写真を省くが、頂上は小谷温泉以外のコースを登ってきた人も合流し結構な賑わいとなった。写真は頂上から見た笹平である。 ここで軽く1時間をかけて休憩してから下山にかかる。栃の樹亭を過ぎたところにある無料の露天風呂に入って汗を流す。さっぱりしたが、ブヨが多くて閉口する。
さて下山しての感想であるが、登りがきつい割に高齢者が多い。花が好きな人にはお奨めだが、奥深さが一抹足りないような。温泉ついでがよろしいか。春スキーで挑戦できるのはいつのことか。
amakazari09.jpg

(完)

ホームページへ戻る

日光、白根山(2,577.6m)

【期日】 '06.8.5(土)
【天候】 快晴
【形態】 単独行
【コース】 菅沼登山口510→625弥陀ヶ池→730白根山頂上750→830避難小屋→915前白根山→940五色沼→1015弥陀ヶ池1030→1140菅沼登山口
【立ち寄り湯】 今回は無し
--------------------------------------------------------------------------------
siranesan001.gif

長い梅雨がやっと明けた。しかも快晴の予感。前日車を走らせ、120号線を沼田から丸沼高原の菅沼登山口へ向かう。 ライトに照らされて道端で草をはぐむ野生の鹿を二匹見た。
登山口の駐車スペースには、既に20台以上が着ていた。早速、車を止めシュラフにもぐりこむが、外は満天の星で天の川も見られた。これだけの星を見るのは久しぶりなので感激したが、それほど寒くない。それでうっかり車の窓をあけたまま寝てしまった。
ぐっすり寝て目がさめると、5時ごろだった。すでに出発していく人がいる。私も支度をして後ろに続く。

最初は沢沿いの石ころが多い道を行くが、やがて尾根に取り付くと岩と木の根っこが絡まった急登となる。東側の尾根と同じぐらいの高さに来ると東側に視界が広がり、太陽が顔をのぞかせるので、少し暑くなる。回りはオオシラビソの林。
登山道が水平になり木柵の遊歩道になると、弥陀ヶ池(みだがいけ)に到着。背景に奥白根山の前峰がそびえる。道は、左が五色沼だが、右の白根山へ向かう。
シラネアオイ、イワカガミ、シャクナゲの花の季節は終わっているので、花を楽しみたい向きには残念。
siranesan002.jpg


弥陀ヶ池を過ぎると岩だらけの道(写真)を、足を滑らせないよう注意しながら、一気に白根山の頂上を詰める(1時間くらい)。日光白根山ロープウェイ駅から来ると雄大な白根山の全容を拝めるのだが、こちらにはその楽しみはない。しかし振り返ると、弥陀ヶ池と丸沼、遠くに越後、尾瀬の山が望める。
写真の岩峰を乗越えると、頂上はすぐ。 浮石が多いので自分が足を滑らせないことも大事だが、落石させないよう最新の注意を払った。乗越えると、いったんくぼ地に下った先に岩を積み上げたような奥白根山の頂上が待っていた。
siranesan003.jpg



頂上からは360度の大パノラマ。さすが関東随一の標高だ。写真では表現できないので載せないが、是非御自分の眼で確かめてもらいたい。菅沼を早朝5時ごろ出発した人たちが続々と頂上に終結。山座同定で盛り上がる。ロープウェイ組が来る前の比較的静かで、暑くない山頂を楽しむ。
妙高、火打ち、後立山、槍ヶ岳、穂高、南アルプス、富士山、浅間山、妙義、甲武信ケ岳、燧ヶ岳、至仏山、谷川岳、上州武尊山、苗場山、会津駒、越後三山、巻機山、その他たくさん。双眼鏡があると楽しめそう。
頂上を辞した後避難小屋へ下る。途中黄色の大柄な花のマルバダケブキ(和名は「丸葉岳蕗」でキク科の植物だそうだ)と可憐なハクサンフウロの群落があって感激する。避難小屋の脇から尾根へ登り前白根山へ向かう。20分で尾根上に出るが前白根山へ至るまで、常に雄大な奥白根山が見えるので、至福の天上歩きとなる。
siranesan004.jpg

siranesan006.jpg




上の写真は、前白根山からの奥白根山と五色沼の眺め。この後、又来た道を戻り途中の分岐(写真の左下)を右折し五色沼へ下る。途中、水場がある。水場から沼のほとりまで下りで約5分。沼の周りを時計回りに散策を楽しみ、反対側の弥陀ヶ池へ戻る登山道へ向かう。途中、同じ菅沼5時組の御夫婦がシートを広げピクニックを楽しんでいる。こういう楽しみ方もありだな。私も奥さんと二人なら、ここで弁当を広げたい。「早いですね」「前白根山からの奥白根山は素晴らしかったですよ」などと言葉を交わし通過する。

 途中、「ピュー、ピュー」と鹿の甲高い鳴き声がしたが姿は見えなかった。あちこちに糞があるので多く生息しているのだろう。

 弥陀ヶ池に着いておにぎりを食べていると、朝から私の前となり後ろとなって歩いていた単独行の人が追いついてきた。前白根山までは私の前だったので、聞くと五色山へ寄ったそうな。後は、一気に菅沼の登山口へ下ったが、途中で多くの登山者やハイカーらしき人たちとすれ違った。登るにはちょっと遅い気がするが、人それぞれの登山スタイル。余計なことは言わなかった。

(完)

ホームページへ戻る
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター