秩父、南天山(1,483m)

【期日】 '06.7.30(日)
【天候】 晴れ時々曇り
【形態】 Nさんと二人
【コース】 鎌倉橋登山口745→尾根コース分岐845→940頂上1030→1210登山口
【立ち寄り湯】 今回は無し (森林科学館併設のこまどり荘で日帰り入浴可)
--------------------------------------------------------------------------------
nanten01.gif

南天山は、埼玉県人でも知る人は少ないと思われる。標高も余り無いので当然か。逆にそれが好奇心をあおる。
位置は、秩父の山深く両神山と甲武信ケ岳を望む中間地点にある。今回は、初めてなので、登山道が整備されていると聞く南側、中津川沿いの鎌倉橋から登ることにした。同行者は、旧知のN氏。
登山口へは、秩父から国道140号線を走り、途中巨大なループ橋から建設中のダムを横目に見て通過する。まもなく、入波トンネルに差し掛かるが、右側に「こまどり荘は200m先右折」の案内板があるので、それに従いトンネル出口を右折する。林道とはいえない立派な道を進むと分岐があり、左がこまどり荘経由と鎌倉橋登山口、右が両神山への登山口として有名な八丁峠。その先は志賀坂峠につながる。

中津川林道は、森林科学館まで舗装だ。宿泊施設「こまどり荘」が併設で、日帰り入浴が可能だ。しかし3時間600円は暴利だと思う。
こまどり荘を過ぎて10分ほど行くと、鎌倉橋があり、渡ると右側に登山口、左側に数台止められる駐車場がある。この辺は緑が深く、豊かな清流の大自然そのものだ。心が洗われる。多くの釣り客が訪れている。もちろんキャンパーも多いと思われる。
登山届を備え付けの紙に書いて、投入口へ入れる。
右岸(上流から見て)を登りはじめると、よく整備された道が右岸へ行ったり左岸へ行ったりを数回繰り返しながら上流を目指す。川を渡る個所には全て木製の橋がかけられているので安心だ。
低山なのに水量が多い、どこから来るのか不思議だった。予想外に嬉しかったのは、滝の多さだった。道が無かったら沢登りが楽しそうなところだ。下に、その滝のいくつかを紹介するが、中央が最大の滝「方円滝」(昭文社の「山と高原地図」には「法印の滝」と記載されているが、現地標識は「方円滝」)。滑滝も多い。家族連れでも十分楽しめるスポットである。
nanten02.gif

nanten03.jpg

nanten04.jpg

nanten05.jpg


コースを半分進むと分岐があって、右:尾根コースと左:沢コースを選択できる。山と高原マップには、尾根コースしか記載されていない。尾根コースを選択する。ここで沢の水は伏流となるので、水場としては最後となる。
ヒノキ林の尾根をジグザグに急登する。よく整備されているの歩きやすい。
小1時間でコルに出る。標識がある。右南天山150m、左は鎌倉橋という標識と、歩道終点1.5kmという2つの標識板がある。とりあえず頂上へ向かう。両神と同じような岩があらわれ登りつめるとすぐに頂上へ出た。
nanten06.jpg



頂上はそれほど広くないが、十分360度の展望が楽しめる。落雷か山火事の跡がある。まじかに両神山、真名倉山(白石山)が見える。浅間山、雲取山、甲武信ケ岳は、いずれも雲に隠れていた。
下の写真は、左が私、右がN氏。
昼食の後、東側に伸びる尾根と1468mピークを見る。縦走レポートを読むと、ロープが必要なようだ。我々の技術では無理か。足元を見ると出だしは急峻な潅木の林で、底はよく見えなかった。
nanten07.jpg



nanten08.jpg

中央が両神山の西岳、そこから東(右)へ東岳、剣ヶ峰の各ピーク。
中央やや左奥が八丁峠のはず。
本来ならこの写真の左側に浅間山が望めるはずだが、雲で全く見えず。
この後、尾根を西側に向かい、通行止めの標識を確認して左折すると「沢コース」となり、30分ほど下ると登りの時尾根コースを選択した標識のある二股ポイントに出る。
駐車場に戻ると、釣り客が車の脇で宴会中だった。時間が早いので、自宅へ直行する。
梅雨の晴れ間のお手軽登山だったはずだが、新鮮な発見があった。後味の良い、ブラックコーヒー。そんな感じ。
(完)

ホームページへ戻る
スポンサーサイト

根子岳、四阿山

【期日】 '06.7.15(土)
【天候】 曇り時々晴れ
【形態】 Kさんと二人
【コース】 菅平牧場駐車場800→950根子岳→1145四阿山1245→1400駐車場
【立ち寄り湯】 真田温泉健康ランド ふれあいさなだ館 400円 アルカリ性の単純泉 露天風呂あり
--------------------------------------------------------------------------------

菅平牧場の駐車場を出発。まっすぐ行くと根子岳(2207m)、右折すると中コース経由四阿山(あずまやさん、2354m)。標高が結構あるが駐車場で既に標高1590mあるので軽い登りだ。まっすぐ根子岳へ向かう。
根子岳への途中ハクサンフウロとテガタチドリ(だと思う)が印象的。牧場の周りは白樺とダケカンバの林。
azumayasan02.jpg


頂上は雲がかかり視界が利かないので、長居無用。四阿山へ向かう途中、雲が途切れてくる。
下に見える笹原が2039m。回りはオオシラビソとコメツガの森。写真の正面が四阿山。
azumayasan03.jpg

四阿山の中腹から根子岳を振り返る。
同行したKさん。
azumayasan04.jpg

最後の木段を登ると四阿山の頂上。細長い尾根沿いに多くの人が昼食を楽しんでいる。
頂上からは嬬恋村の田代湖とバラキ湖が見える。
azumayasan05.jpg

中四阿付近からこれから下る中コースの尾根を見る。奥の稜線は牧場から根子岳への尾根。
草に覆われた林道に出るとコースは右へ転回し、沢を渡って牧場へ出た。途中、きれいな白樺の林があり、沢の辺りはブナ林だった。
何故か最後まで入山料200円は徴収されなかった。
azumayasan06.jpg



(完)

ホームページへ戻る
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター