苗場山(2145m)

【期日】'06.6.17(土)
【天候】晴
【形態】単独行
【コース】駐車場600→740下ノ芝→820中ノ芝→900神楽ヶ峰→914雷清水→1000遊仙閣&頂上1130→1430駐車場帰着 休憩込総行動時間9時間弱
【立ち寄り湯】三俣かぐら 街道の湯 500円

--------------------------------------------------------------------------------

naeba001.jpg
 



 苗場山 イコール スキー場というイメージで、30数年来山登りの対象に考えたことがなかったが、ウェブサイトで他の方のレポートを読むにつれ言ってみようという気になった。行って見ての結論は、大満足でした。私のは、いわゆる「食わず嫌い」だったらしい。

 国道17号を走り登山口となる八木沢で左折(湯沢から来たら右折)、直ぐ右折して橋を渡る。集落を過ぎると「和田小屋(ここから8km---記憶あいまい)」の標識があって右折するが、通行止めのバリケード。困った、他のコースへ回ろうかと考えていたら、地元の人が来て、バリケードを手で移動して入って行った。何で地元の人とわかったかというと、その女性エプロン姿だったから。私は、素直にマネをすることにした。途中無人のゲート(通常ここで登山届を出させられるらしい)を過ぎ、ブナ林の中をくねくねと進み、山菜取りの車とおぼしき車を数台横目に見ながらかなり走って、かぐら第2リフト乗り場付近の30台くらい止められそうな駐車スペースに着いた。途中の道路は狭いが舗装で、駐車スペースは未舗装であった。目の前には、トイレ(まだ使用禁止)、その脇に登山口がある。リフト乗り場の方は、車通行止めになっていた。登るときは、登山道を行くのも、林道を行くのも同じようなもので先ですぐ合流する。

 さて、早朝6時身支度して駐車場を出発する。私の前には一人しかいないようだ。山菜取りの二人と一緒に歩き出したが、彼らは沢へ入っていった。熊避けの鈴を着けているが、私、無いのでやや不安になる。今度買おう。先に書いたように、登山道はすぐ林道に出るので和田小屋までは広くて明るい林道を行くことになる。かぐら第2リフトの下でシーズン中は、ここは滑走コースだ。やがて、ゴンドラの山頂駅と和田小屋がある広場に着く。登山届を入れる木製の箱が有ったので、まじめな私は前から用意してあった登山届に日付だけ記入して入れた。ここからはスキー場(雪がある)のある尾根と、向かって右の白樺沢(昭文社の山と「高原地図」)の間の沢沿いを行くことになる。この入り口は2万5千分の1地形図で1384mの記入がある辺りで、入ると針葉樹の森となる。

 ここから残雪と夏道が交互に現れるが、沢沿いで雪解けシーズンなので道はぬかるみ、一部は川のようになっている。しかも岩が多く歩きづらい。夏道が残雪で寸断されている個所には、赤テープがつけられているので、しっかり探して夏道を見失わないようにしよう。和田小屋のある辺りまでは、ブナ林だが登山道へ入ってからは植生が一変する。この辺りから頂上迄、オオシラビソ(別名アオモリトドマツ)の純林で暗い森となる。森林限界近くも同じで、潅木地帯に入っても変わらず、一部コメツガとダケカンバが混ざる程度の変化である。1703mの「下ノ芝」は広い雪に覆われていたが、そこだけぽっかり開けた空間になっていたので、山の稜線が見える。そこを左折して尾根筋に上がると、完全なオオシラビソの喬木の森(いわゆる黒い森)で、一面の残雪である。しかし、こまめに赤テープが付けられているので慎重に追えば迷うことは無い。アイゼンも不要である。

 登るにつれてシラビソも疎らになって最終リフト(かぐら第5ロマンスリフト)の終点(1845m)の脇をすぎると、明るくなってくる。やがて、中ノ芝(約1880m)をすぎ上ノ芝(約1920m)に至ると森林限界ぽくなり、広くて明るい尾根歩きとなるので気分も高揚する。特に、越後三山から巻機山、燧ヶ岳、平ヶ岳、至仏山、武尊、谷川岳、仙ノ倉、平標山が一望だ。思わず、先行していた男性と一緒に歓声を上げる。そこから私が先行する。雪の斜面に頭だけ出した顕彰碑(約1980m)を過ぎ、梯子のある岩を乗越えると道は平らになり、やがて神楽ヶ峰(2029)へ至る。春スキーをするならここまでが最適地。しかし、シラビソの森が密すぎて山スキーには適さないような気がする。



naeba003.jpg
中ノ芝(右に標識あり)



naeba005.jpg
顕彰碑(約1980m)の辺りから見る越後、会津、群馬の山

 神楽ヶ峰から見る苗場山は立派だ。写真を撮る。残雪はここでいったん途絶える。ここから苗場山の上へ出るまでは、冷たい水で喉を潤し、余裕をもって歩き高山植物を楽しみたい。神楽ヶ峰を下ると途中に雷清水と名づけられた水場がある。カップが用意されているので、ザックを降ろさなくても、冷たいおいしい水を楽しめる。本当においしいので、水筒の水を入れ替える。水場から更に下って、それから狭い尾根を登り返えすが、登山道の脇はシラネアオイが今満開で見頃だ。他にイワカガミ、シャクナゲ、オオカメノキ、名前のわからない花が一杯ありました。


naeba007.jpg
神楽ヶ峰から苗場山

naeba008.jpg
雷清水
 
naeba009.jpg
シラネアオイ

 登りかえしの道は、狭い尾根の急登だが、狭い尾根ながらつづら折れに道が丁寧につけられているので、歩きやすい。途中一回だけ息を整え登り詰めた。途中からの眺めは最高で、神楽ヶ峰が下の方に見える。先ほどの男性は、高山植物の写真を撮るのに忙しそうで、まだコルの辺りにいる。その男性を追い越して3人目の男性が登って来た。


naeba011.jpg
途中から神楽ヶ峰を振り返る

 その男性に追い抜かれて上に出ると、又,一面の残雪。直ぐ目の前に遊仙閣が見え数人が木道の上で景色を楽しんでいる。自然と足が速くなり、私も会話に加わる。女性が指差すので見ると、雲と太陽に虹がかかっている。それがきれいだとしきりに感激している。私は、遊仙閣へ向かいその脇にある苗場山頂の標識を確認する。そこへ小赤沢コースを登ってきたという四国からの熟年パーティ(20人ぐらい)が到着した。全員が、私より年上だと思うが、息を切らしている風でもない。すごいぞ熟年パワー。


naeba012.jpg
急登を上りきるとこんな景色が待っています。

naeba013.jpg
遊仙閣付近から湿原、池塘エリアを眺める。背景は南方の群馬国境の山(確信は無いが左、上ノ倉山と右、佐武流山らしい)

 木道へ戻り、ザックを降ろして目の前の湿原や池塘、そして山並を楽しむ。暖かいので半袖で十分だ。雪面からは湯気が立ち上っている。やおら先ほどの熟年パーティがやってきて、越後三山がどこか地元の人たちに教えてもらっている。私は、おにぎりをほおばり、昼寝。朝方、すばらしい雲海が広がっていたが、それが少しづつ上へ上がってきたようだ。下山する前に見てみようと「苗場山自然体験交流センター」へ回ってみた。こちらはテラスがあって3セットのテーブルと長椅子が置いてある。わかっていたらこちらへ先に来て昼食と昼寝が出来たのにと、悔やむ。コンロを持ってきても良かった。他に6人のパーティーと女性ひとり。我々以外は、小赤沢組らしい。

 下りは、雷清水で又2杯飲み干し、水筒に水を詰める。駐車場でコーヒー飲むためだ。神楽ヶ峰への登り返しはしんどかったが、気持ちは軽かった。カッサ湖が神秘的な濃緑色の水をたたえて輝いていたのが印象的だった。上ノ芝、中ノ芝、下ノ芝と順調に通過。白樺沢沿いの最後の道は、ますます雪解けの水が優勢となり川に変貌していた。反面、コースの大半が残雪だったため膝への負担は軽く、余裕で神楽スキー場へ出た。残雪で、スラロームの練習をしていた。どこのチームかな?本格的であった。家族か、スタッフがたくさんいた。帰りは、朝無人だったゲートに人がいたが、なにも言わず敬礼のマネで見送ってくれた。通行止めのバリケードは、半開きの状態で、移動させる必要も無く通過できた。国道に戻って直ぐの三俣「街道の湯」(汗を流すだけなら、安くてきれい、おすすめ。休憩室はせまい。500円)へ寄る。

 本当に今日はバリケードであきらめずよかった。苗場山気に入りました。家族連れ、恋人同士が来るのに最適。次回は、津南側の小赤沢コースから登ってみたい。

(完)

ホームページへ戻る
スポンサーサイト

男体山(なんたいさん)

【期日】'06.6.10(土)
【天候】晴
【形態】単独行
【コース】志津乗越430→550崩落ヶ所→645頂上750→930志津帰着 休憩込総行動時間5時間

--------------------------------------------------------------------------------
  nantaisan01.jpg



 男体山(別名二荒山、ふたらさん)はそのものが二荒山神社の御神体ということで、本来は二荒山神社の本殿から拝山料500円を払って登るのが正道であるが、今回は手抜きして裏街道の志津から登る。二荒山神社本殿が標高1282mに対して志津乗越は1785mなので、単純に計算して500m程楽することができる。その分御利益もすくないということだ。

国道120号線の戦場ヶ原を進み光徳牧場入り口を右折。800m直進して分岐をもう一度右折。未舗装路を200m進んで今度は左折、ここから舗装路で見事なカラマツ林である。もっとも、往路は真夜中だったので帰りに気がついたのだけど。途中右折するところがあるが、志津の標識が出ている。全線1車線の林道(志津林道)だが、退避場所とカーブミラーが整備されているのですれ違いに問題は無い。スピードの出しすぎには御注意。まもなく志津乗越の駐車スペースに到着した

nantaisan02.jpg
登山口から駐車エリアを振り返る

 この駐車スペースは舗装されているわけではなく広くもないので、帰る頃には道路わきにも多数の車が止められていた。登山口は更にその先50mほどの右側にある。右折して笹原と針葉樹の森を進むと、直に志津小屋へ到着する。立派な丸太小屋であるが、寝具などが置き去りにされていて、最近他の避難小屋でも良く見かけるが不潔そうで私は好きではない。小屋の前を通って奥へ登山道は続いている。小屋の前に半分トタン屋根の水場があるが、埋め込まれた土管(ヒューム管)に水が溜っているだけで、下から水が湧き出ている様子が見えない。注意書きに「沸かして飲んでください」とあるので、とても飲む気がしない。絶対水は、持参して下さい。実際のところ、2486mの頂上迄700m程の高低差しかないので、飲料水だけなら500ミリリッターのペットボトル1本で事足りる。 全山、ブナのような落葉樹がほとんど無く、シラビソ、コメツガの針葉樹の森なので保水力が無いのか、登山道は流れた雨水に侵食され深くえぐられて歩きづらかった。落葉樹で目に付くのはダケカンバぐらいだ。2250mで左斜面が大きく崩落した個所にでる。ちょうど半分強来たことになる。道がほんの短い距離だが平らな歩きになり気が抜ける。北に、大真名子山、太郎山が見える。

 そこから2400m地点まで最後の登りとなるが、最後のほうはシラビソも背が低くなり他の樹も潅木状態になると、シャクナゲの群落が現れた。しかし、まだ早いのか花が全然咲いていない。通常6月が花期のはずだが。2400m地点からは、道も平らになり先のほうに社務所と鳥居のある頂上付近が開け、リラックスした歩きが楽しめる。回りの景色も同時に楽しめる。


nantaisan03.jpg
2400m付近に上がるとこんな明るい尾根歩きとなる。向うに社務所が見える。

 今日は登り始めが早かったので、私の前には男性が一人だけ。デジタルムービーを回しながら登っているのにも拘らず、私より200m以上先行している。大きなご神刀が刺さった岩を過ぎ、社務所の前を通って二荒山の御祭神、大国主命(オオクニヌシノミコト)の前へ進む。風が朝のうち強かったので、彼は祭神像の台座の前に風を避けるように座って食事中だった。私は、まずいつもの如く回りの景色を楽しむ。表登山道を登ってくる人は、まだいない。眼下には中禅寺湖が広がりその向うには皇海山(すかいさん)が見える。右へ転じると日光白根山、至仏山、燧ヶ岳が、会津駒は雲がかかっている。今日登ってきた稜線へ目を転じると太郎山、大真名子山、その背後には小真名子山が頭だけ覗かせ、その右(東)斜め後には女峰山が美しい。今居る辺りは、昭文社の「山と高原」マップでは二荒山神社奥宮となっており、先のほうに男体山神社がある。少し下ることになるが50m程しかないので、行ってみる。こちらのほうが、中禅寺湖を覗き込む形なるので、菖蒲ヶ浜の方面がよく見える。試しに携帯を取り出し電話してみたが、残念ながらつながらなかった。私も風を避けるように座って、おにぎりをほおばる。


nantaisan04.jpg
祭神像と白根山(左のピーク)

nantaisan05.jpg
中禅寺湖と背後に皇海山(中央のピーク)



nantaisan06.jpg
登山路を振り返る(2300mの崩落個所から2400mに至る稜線)

 先ほどの男性はすぐ下山していったが、私は1時間ほど粘ってみた。しかし、風は穏やかになってきてすこし暖かくなってきたが、雲がこれ以上晴れる可能性はないと判断し下山することにした。下山にかかると、多くの登山者が登ってきた。やはり人気がある山なのだ。結構年配の御夫婦連れが多い。例によって、足をいたわるようにゆっくり降り、途中途中写真を撮ったので、1時間40分と登りとほとんど変わらない時間がかかってしまった。志津乗越の駐車スペースに着くと車は40台ほどに増えていた(出るときは3台)。(完)






ホームページへ戻る

巻機山(まきはたやま)

【期日】'06.6.4(日)
【天候】晴
【形態】単独行
【コース】桜坂駐車場500→550五合目→630展望台→700七合目→740八合目→750九合目(前巻機山)→820御機屋(巻機山頂上の標識がある)→830(1967m本当のピーク)→850牛ヶ岳1000→御機屋→1300駐車場帰着 休憩込総行動時間8時間

--------------------------------------------------------------------------------

makihata05.jpg
 


 谷川岳連峰の朝日岳ジャクションピークから巻機山のほうを眺めていたのは昨年の秋なのに、こんなに早く越後側から谷川岳が見られるなんて、とひとしきり感慨にふけった山行きだった。前日の内に清水の桜坂駐車場に車を入れ仮眠。舗装された大きな駐車場で、100台くらいは止められそうだ。駐車場の手前にトイレがあって、そのそばに蛇口があるので水はここで補給が出来る。聞くと沢水を引いているそうである。試しに飲んでみると美味しかった。

 巻機山は初めてである。ずいぶん有名なので相当前から名前を知っていたような気がする。ニセ巻機山(前巻機山のこと)のネーミングがおもしろい。頂上付近がなだらかなイメージが私の頭に植え付けられている。調べると、ヌクビ沢を登るのが大変変化があって面白いとの報告があるが、今年の残雪の量では8月まで当分無理なのではないかと思う。(山スキーの)偵察の意味もあるから、相当前から残雪期の井戸尾根を登ることに決めていた。

 朝4時半頃目がさめると、幕営していた連中が慌ててテントをしまい撤収していった。さては、駐車場代500円を払うのが嫌と見た。身支度していると、4人ほどのグループがやってきて、駐車場の奥にある登山口の方へ向かった。民宿に泊まったグループらしい。井戸尾根の登山口は、10mも行かない辺りの右側にあった。標識の井戸尾根という文字が消えかかっていたが、そこを曲がって30m程行くと立派な標識があった。そこを右に入ると登山道である。初めは岩がごろごろしている沢沿いの道で、その内尾根に取り付くと急登開始。すぐに3合目、4合目、そして5合目と標高を稼ぐ。5合目で一時展望が開けるが、また森の中へ。やがて乾いていた道がどろどろになり水が流れ出す。どうやら上部に残雪があるようだ。案の定、ブナやミズナラの森が一面の残雪であった。赤テープを頼りに上を目指す。ズボズボ埋まるほどではないし、かといってアイゼンが必要なほど堅くもなかった。いったん、標高1300m付近で尾根上に出ると明るい空間が広がっており、目の前に天狗岩、割引岳(わりめきだけ)とヌクビ沢の絶景が迫ってくる。いい眺めだ。





makihata02.jpg
天狗岩、ヌクビ沢、割引山

 ここからルートは右へ転回し再度登りとなって7合目を目指す。再度ブナ林の残雪歩きとなる。残雪の有る斜面を登りきるとそこが7合目(約1500m)で、そこから9合目のニセ巻機山(1861m)までは尾根の急登である。雪は無い。しかし、森林限界を過ぎているので、周りの景色を楽しめるのが救いだ。谷川岳、大源太山、万太郎山の立派な山容が印象的だ。後半は、木製の階段歩きとなる。


makihata03.jpg
7合目から谷川連峰

 登りきると9合目(前巻機山)に到達、いよいよ巻機山の本峰が見えてくる。いったん避難小屋のある左側方向に雪面をトラバース気味に下る。底の部分にある池塘を右回りに回り込むと、最後の登りにかかる。雪面と木製階段半々くらい。避難小屋は、雪の壁に囲まれてはいるが1階の扉から入れる状態になっている。途中、この辺りオオシラビソの林になっていることに気が付いた。



makihata04.jpg
左の稜線を登ると巻機山(右側)

 斜面を登りきって御機屋に到着。割引山と牛ヶ岳(うしがだけ)の分岐点で「巻機山」と書かれた標識があるが、本当のピーク(1967m)はもっと右(東)の方にあることは、国土地理院の地形図をみるとあきらかだ。昔はそちらに頂上の標識があったらしい。スキップしてそちらへ向かう。本当のピークと思われる地点には何もない。そこを更に進むと、朝日岳ジャンクション ピークへの分岐がある。いつかこの道を通って朝日岳まで縦走してみたいものだ。清水峠は、群馬側から押し寄せた雲に飲み込まれていた。巻機山から牛ヶ岳までは、谷川岳でもおなじみの明るい笹原だ。15分ほどで牛ヶ岳に着いた。東斜面に大きな雪渓が広がっている。ここまでスキーを担ぎ上げれば、十分スキーを楽しめる広さだ。その先には三つのピークの武尊山が見えた。左から中ノ岳、沖武尊、剣ヶ峰山である。更に北へ目を転じると霞みがかかっているが、昨日登った越後駒ヶ岳を含む越後三山が見える。東には平ヶ岳がひときわ立派な山容を見せ、遠くに燧ヶ岳と至仏山も見えた。ここから見る平ヶ岳が燧ヶ岳や他のどこで見るよりも一番形が良いような気がする。

 小1時間牛ヶ岳でゆっくりし、昼寝もした。首の周りと腕が日焼けで痛い位だ。本当は、Tシャツで良いのだが、日焼け防止に長袖を着て昼寝をした。割引山は夏ヌクビ沢を登る時の為に残しておくことにした。未練なく巻機山から下山にかかる。避難小屋を覗くが、りっぱな小屋だ。裏にトイレもある。水場は雪の下かな?確認できなかった。帰りは、膝を気遣ってゆっくり降りた。残雪のブナ林は、あちこちに踏み跡があるので頼りすぎると道に迷うことになる、気をつけよう。赤テープが適当な間隔であるので、それを目印にゆっくり下る。今回、持参したアイゼンは出番なし、スキー客もボーダーも皆無でしたが、5月の連休前であれば避難小屋に泊まってスキーを思う存分楽しめそうな山だと認識しました。次回は、雪渓の消えた頃ヌクビ沢から割引山を目指したい。




(完)

ホームページへ戻る

越後 駒ヶ岳(こまがだけ)

【期日】'06.6.3(土)
【天候】晴
【形態】単独行
【コース】駐車場500→650小倉山700→740百草ノ池→900駒ノ小屋→920頂上1010→1144小倉山→1415駐車場帰着 休憩込総行動時間9時間強
【立ち寄り湯】駒ノ湯山荘 500円

--------------------------------------------------------------------------------

echigokoma001.jpg
 

 先々週敗退した山に続けてくるなんて、私は相当この山が気に入ったようだ。2週間の間に雪解けが相当進んだようで、登山口から雪が消え標識も全部現れていた。吊橋も踏み板が復活していた。前回私を苦しめた1300m近辺の残雪もほとんど消え、夏道が現れて前回のような緊張を味わうことはなかった。しかし、枝折峠へ向かう352号線は、今でも通行禁止であった。私見だが、駒ヶ岳の小屋直下の夏道が露出するまで、解除されないのではないかと思う。

 小倉山(1378m)には、難なく到着した。前回の偵察が生きている。駒ヶ岳への稜線を見たところ、痩せてはいるが雪の面積はあまり変わっていなかった。残雪期の偵察という目的は十分達成されそうだ。前回ほどでないが天気は良好、駒ヶ岳や周辺の山がよく見える。まだ、小倉山から頂上迄十分スキーが楽しめるくらいの残雪だ。道行き山方面は、残雪が痩せて亀裂が深くなっている。百草池(1550m)近辺は夏道が60%程度露出している。雪道を行くか、残雪を行くかお好み次第。小倉山から見ていると百草池から1763mピークまでがきつそうに見えるが、たいしたことはなかった。それよりも駒ノ小屋直下が短いが急斜面で緊張を強いられた。


echigokoma009.jpg
小倉山から駒ヶ岳への稜線

 取っ付きまで夏道と雪面を交互に進む。今しも、ご夫婦が急斜面を下りてくる。慎重にステップを切って、時々立ち止まる。心配そうに下から見守る御主人。朝9時ごろだと、雪も完全に緩んでいない。所々、固いところがあるので、不用意にかかとを落とすと滑る恐れが十分ある。先行者の男性は、雪面ではなく右手の草つきに乗り移り登り始めた。見上げると、小屋番が岩尾根の突き出たところから下を見守っている。私もその男性に見習い途中まで雪の上を行き、途中から草つき(笹がほとんど)の岩場に乗り移った。そのまま、笹を掴んで体を引き上げる。しかし緊張を強いられるのは、ほんの4~5mだった。夏道へ出たら、じき小屋のテラスに出る。

 テラスでは小屋の管理人が双眼鏡を片手に登山者の状況を見守っていた。今日は、天気が良いのにスキーヤーやボーダーがこないと、残念がっていた。十分まだ楽しめるだけの雪が残っているのに、今日はゼロだ。相槌を打ちながら、会津駒ヶ岳の位置を教えてもらう。荒沢岳のピークの少し左に、見覚えのあるピークがあった。小屋の内部は見なかったが、次回は是非泊ってみたい。きっと素晴らしい朝焼けを見ることができるだろう。星空も素敵かも。テラスの一画にある水場はこんこんと水が出ており、飲むと大変美味しかった。宿泊者兼登山者届に記入して、残雪を踏みしめ15分ほどで頂上(2002.7m)に到達した。


echigokoma007.jpg
小屋と頂上

echigokoma008.jpg
水場

 中ノ岳への分岐から頂上までは雪が無い。頂上から360度の眺望を楽しむ。遠くはかすんでいるが十分楽しめる。風も無く暖かい。私は、Tシャツだ。八海山、中ノ岳、巻機山、守門岳、浅草岳、会津朝日岳、会津駒ヶ岳、燧岳、荒沢岳、平ヶ岳、至仏山、日光白根山、武尊山、遠くには谷川岳連峰、飯豊山がかすかに見える。


echigokoma006.jpg

頂上から小屋と小倉山

 1時間弱頂上を独り占めした。朝5時に登り始めた私に対するご褒美だ。もっとゆっくりしてもよかったが、男性が一人上がってきたので、譲って下りることにした。小屋で水を水筒に詰め、次は泊るぞと心に誓った。小屋直下の雪の斜面は、安心料にアイゼンを付ける。無事下に到着。後は、足をわざと滑らせ、走るように下ってみた。所々、尻セードも加える。小倉山からは、ブナとミズナラの森を堪能しながら下る。かえでも多い。カタクリとイワカガミが群生している。タムシバの花が前回より多い。一方、ミツバツツジの赤紫の花やオオカメノキの白い花は終わっていた。ドドーンという大きな音がしたので振り返ると、駒ヶ岳の下の沢でブロック崩壊が起き、すさまじい勢いで崩れ落ちていく途中であった。おぉ~怖い。登山道とは,全く関係ない位置で良かった。駒ノ湯は、ほてった体をクールダウンするには最高だと付け加えよう。(完)






(完)

ホームページへ戻る
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター