スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大峰山、吾妻耶山

【期日】'05.11.05(土)
【天候】晴
【形態】2人
【コース】 登山開始850~赤谷越峠1100~1120大峰山~赤谷越峠1200~1240吾妻耶山1332~仏岩1418~(仏岩林道経由)~青少年自然センター前~1538登山開始ポイント帰着 (合計7時間)
【立ち寄り湯】猿ヶ京温泉 満天星の湯 2時間650円

omine00.png


 11月5日(日曜)天気良好、紅葉見頃の予報。早朝6:00埼玉の家を出発、途中N氏を拾う。本日は、群馬の大峰山(1,254m)、吾妻耶山(1,341m)を赤谷湖の方から登る計画である。関越自動車道で一路月夜野ICを目指す。月夜野からは17号で猿ヶ京へ。

 昭文社の登山マップには仏岩林道しか載っていない。しかし国土地理院2万5千分一地図に記載のある別の林道を登りたいというN氏の発案で、同地図の「手道」というポイントを登山開始地点として選ぶ。

 しかし、現地へ行ってみると、そのポイント自体が見つからない。確信も無いまま林道らしき道を登り始めるが、直ぐにその道は無くなった。当然だが。それから1000m付近で林道にぶつかるまで、道無き道を強行突破する。ただ、GPSを持参しているので不安感はなかった。秋で、虫もいないし、突然顔にへばりつく厄介なくもの巣も無い。うわさには聞くヒルも、足にまとわりつく雑草も無い。

 後で分かったことだが、このぶつかった道が「南ヶ谷林道」である。仏岩林道とは別のもう一つの登山道で、登り口が「青少年自然センター」の近くにある。国土地理院の地形図にはそれらしきコースが載っている。

 何とか南ヶ谷林道に出た後、600m程で本来のコース(大峰山)に戻れたはずであったが、吾妻耶山の看板に惑わされ予定外の赤谷越峠に出てしまう。アンテナ塔を右に見て程なく大峰山山頂。眺望が無いので少し休憩しただけで吾妻耶山へ向かう。コナラ類の落葉広葉樹や松、杉などの高木が多い。程なく吾妻耶山(1,341m)に到着。石碑や仏塔が複数ある。広いので、昼食したり休憩したりするには絶好の場所だ。

 特筆すべきは、山頂からの谷川山系の眺望だ。この方向からのこれだけの眺望は、比類なきものだ。これだけでも登った価値があった。1時間近く休憩する。

   ここを下る時に木々の間から仏岩が見えた。そばを通るとただ大きい岩にしか見えないが、このように遠望すると、確かに「仏像」の様に見える。

omine03.jpg
吾妻耶山頂上付近から見た仏岩


omine04.jpg
(上)吾妻耶山からの谷川山系

 (総括)本来No.3、4(下図)ポイントを目指すはずが、南ヶ谷林道へ出てしまったため判断を誤りコースアウトしてしまった。GPSはNo.4まで南東方向500mを示していたが、下っていたので途中で引き返し標識のある地点まで戻ってしまった。このため赤谷越に出て、大峰山への往復を余儀なくされた。カシミール3Dでトラックデータを確認してみると、GPSが正しいルートを示しているのに、目先の標識に惑わされ、戻っていく様子が明確に記録されている(No.3の手前)。GPSを信用すべきだった、と反省。GPSの有用性を改めて認識した。可笑しいのは、登り口が分からずうろうろしているのが読み取れることだ。

omine05.png
(上)カシミール3Dでトラック・データを表示

(完)

ホームページへ戻る
スポンサーサイト

両神山1,723m

【期日】 '05.11.03(木)
【天候】 曇り、時々晴れ、一時ぱらぱら雨
【形態】 単独行
【コース】 日向大谷655~清滝小屋820~両神神社920~945頂上(剣が峰1,723m)~1030東岳(1、660m)1125~剣が峰1200~両神神社~七滝沢コース分岐1225~会所1430~登山口15:00 (合計8時間)
【立ち寄り湯】両神村 薬師の湯 650円、薬師そば美味しいが混むのが難点

--------------------------------------------------------------------------------
ryokami_04.jpg
小鹿野から見た両神山

11月3日文化の日、天気はまぁまぁの予報。早朝4:30家を出る。日向大谷の駐車場に6時半に到着したが既に満杯。下の方に第2、第3駐車場があり、それぞれ20台ほどの収容能力があるが、登山口の両神山荘に500円払ってベストポジションに車を止める。

いわくのある山だが、そういう薀蓄(うんちく)は他サイトにゆずる。今日は、日向大谷から清滝小屋、両神神社を経由して剣が峰、東岳、西岳を往復して、七滝沢コースを下山する計画である。

清滝小屋経由のコースは、清滝小屋を過ぎると尾根を急登することになる。鎖場も数ヶ所あるが、鎖が無くても良いぐらいである。良く整備されており、危険なところは無い。閉鎖されている白井差へのコースには迷い込まないようロープが張られているが、ここを登ってくる人がいる。聞くと地元の人だという。こういう手もあるのか。なんか平ヶ岳の裏コースの話を思い浮かべて、納得できない気分になった。道標の多さが、山歩きではなくハイキングのエリアであることを示している。

両神神社からいったん軽快な尾根歩きなるが、再度急登になると30分ほどで岩だらけの頂上になる。途中、尾根の腹(北面)をトラバースする道と尾根を行く道に分かれるが、尾根を行くほうが歩きやすい。いずれ200m(?)ほどで合流する。頂上(剣が峰1,723m)には山名盤があるが、薄くて見ずらい。人も多いので早々に退散する。ここから鎖を伝って転げ落ちるように20mほど下る。気持ちのよい尾根歩きが続く。いくつか上り下りをすると、岩稜の東岳に到着。下界はまだだが、中腹より上は紅葉真っ盛りである。標高が低いからか、率直に言って紅葉としては特にすばらしい部類ではない。雲が多く遠くの眺望は効かないが、岩稜がおりなす変化、岩の白さ、木の葉の緑と紅葉のコントラストは、見ていてもいつまでも飽きない。

風が無く暖かだったので、東岳で思わず長居をしてしまった。結局、西岳へ行くのはあきらめて東岳から折り返すことにした。正直言うと西岳へ行くにはいったん下らなければならないのだ、覗き見たら行く気が失せた。剣が峰の方は狭くて人も多いのでゆっくりすることは出来ないが、東岳は一転人は少なく木製のテーブルがあるので、ゆっくり昼食を楽しめた。昼食をゆっくり楽しみたい向きには、絶対東岳の方がお薦めである。

下りは、両神神社を過ぎてから七滝沢コースへ足を進めた。こちらは、深くて暗い渓谷を行くことになるが、とても静かな山歩きが楽しめる。途中、名前を忘れたが全長30mほどの大滝に出会える。ただ、道幅が狭く足場が崩れやすいところがあるので、大雨の時は止めた方がよい。会所で合流すると、そこから30分ほどで登山口である。帰りは、両神村の薬師の湯(料金650円)に寄った。そこで食べた薬師そば(800円)は大変美味しかった。


ryokami_03.jpg 七滝沢コースの滝

ryokami_00.jpg 清滝小屋辺りの紅葉

ryokami_02.jpg 東岳頂上

ryokami_01.jpg
東岳頂上から落合橋、八丁峠、西岳方面(左から)




ホームページへ戻る
プロフィール

アベル父さん

Author:アベル父さん
団塊世代、男

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。